1988年ウィンブルドン選手権

1988年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1988)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1988年6月20日から7月4日にかけて開催された。(男子シングルス決勝が日曜日の7月3日に終わらず、月曜日の7月4日まで持ち越された。)

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   イワン・レンドル (ベスト4)
  2.   マッツ・ビランデル (ベスト8)
  3.   ステファン・エドベリ (初優勝)
  4.   パット・キャッシュ (ベスト8)
  5.   ジミー・コナーズ (4回戦)
  6.   ボリス・ベッカー (準優勝)
  7.   アンリ・ルコント (4回戦)
  8.   ジョン・マッケンロー (2回戦)
  9.   ミロスラフ・メチージュ (ベスト4)
  10.   ティム・メイヨット (ベスト8)
  11.   アンダース・ヤリード (2回戦)
  12.   ヨナス・スベンソン (3回戦)
  13.   エミリオ・サンチェス (2回戦)
  14.   アンドレイ・チェスノコフ (1回戦)
  15.   アモス・マンスドルフ (2回戦)
  16.   スロボダン・ジボイノビッチ (4回戦)

女子シングルス編集

  1.   シュテフィ・グラフ (初優勝)
  2.   マルチナ・ナブラチロワ (準優勝)
  3.   パム・シュライバー (ベスト4)
  4.   クリス・エバート (ベスト4)
  5.   ガブリエラ・サバティーニ (4回戦)
  6.   ヘレナ・スコバ (ベスト8)
  7.   マニュエラ・マレーバ・フラニエール (1回戦)
  8.   ナタリア・ズベレワ (4回戦)
  9.   ハナ・マンドリコワ (3回戦)
  10.   ロリ・マクニール (3回戦)
  11.   クラウディア・コーデ=キルシュ (試合開始前に棄権)
  12.   ジーナ・ガリソン (ベスト8)
  13.   ラリサ・サブチェンコ (4回戦)
  14.   カテリナ・マレーバ (4回戦)
  15.   シルビア・ハニカ (3回戦)
  16.   メアリー・ジョー・フェルナンデス (4回戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

みどころ編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • ITF World of Tennis 1989 (ワールド・オブ・テニス 1989) Willow Books Collins, London (1989) ISBN 0-00-218311-0


先代:
1988年全仏オープンテニス
テニス4大大会
1988年
次代:
1988年全米オープンテニス
先代:
1987年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1988年
次代:
1989年ウィンブルドン選手権