1989年のヤクルトスワローズ

1989年のヤクルトスワローズ(1989ねんのヤクルトスワローズ)では、1989年シーズンについてのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

1989年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ4位
55勝72敗3分 勝率.433[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 関根潤三
« 1988
1990 »

この年のヤクルトスワローズは、関根潤三監督の3年目のシーズンである。

概要編集

就任3年目に向けて関根監督は「今年こそAクラス入りする」と意気込み、アメリカから現役大リーガーのラリー・パリッシュを獲得。打撃陣では新外国人のパリッシュが開幕から4番に座り、池山隆寛広澤克実と長距離打者3人がクリーンナップにそろい踏みした。打線の強化に成功したチームだが、投手陣は前年リリーフで最多勝を獲得した伊東昭光が自宅で転倒するなどの不運に見舞われてわずか4勝と不振に陥り、また前年までローテを守っていた高野光荒木大輔がケガで離脱したこともあって頼れる先発投手が3年目の内藤尚行とベテランの尾花高夫ではどうしようもなく、チームは6月以降4位に定着したが前年より成績が低下した。最終的には優勝の巨人に28.5ゲーム差を付けられ、3位中日には13ゲーム差を付けられて平成最初のシーズンを終えた。オフには勇退した関根監督に代わって野村克也が新監督に就任し、野村新監督のもとチームはユニフォームも首脳陣も一新して来シーズンに臨むことになる。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

オーダー変遷
開幕 5/2 6/1 7/1 8/1 9/2
1 栗山英樹 栗山英樹 笘篠賢治 笘篠賢治 笘篠賢治 笘篠賢治
2 桜井伸一 渋井敬一 栗山英樹 栗山英樹 荒井幸雄 荒井幸雄
3 池山隆寛 池山隆寛 荒井幸雄 荒井幸雄 杉浦享 池山隆寛
4 パリッシュ パリッシュ パリッシュ パリッシュ パリッシュ パリッシュ
5 広沢克実 広沢克実 広沢克実 広沢克実 広沢克実 広沢克実
6 杉浦享 小川淳司 角富士夫 池山隆寛 池山隆寛 角富士夫
7 秦真司 長嶋一茂 水谷新太郎 角富士夫 角富士夫 秦真司
8 長嶋一茂 秦真司 中西親志 中西親志 中西親志 栗山英樹
9 尾花高夫 加藤博人 尾花高夫 内藤尚行 伊東昭光 川崎憲次郎

[2]

1989年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 3.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 7.0 広島 8.0 広島 4.5 広島 9.0
3位 ヤクルト 8.0 阪神 10.5 阪神 15.5 中日 14.0 中日 13.0 中日 13.0 中日 15.5
4位 阪神 8.0 ヤクルト 11.5 ヤクルト 15.5 ヤクルト 20.0 ヤクルト 24.5 ヤクルト 23.0 ヤクルト 28.5
5位 中日 8.0 中日 12.0 中日 阪神 22.0 阪神 29.0 阪神 28.0 阪神 30.5
6位 大洋 8.5 大洋 14.0 大洋 17.0 大洋 24.0 大洋 30.5 大洋 33.5 大洋 36.5
1989年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 44 2 .656 -
2位 広島東洋カープ 73 51 6 .589 9.0
3位 中日ドラゴンズ 68 59 3 .535 15.5
4位 ヤクルトスワローズ 55 72 3 .433 28.5
5位 阪神タイガース 54 75 1 .419 30.5
6位 横浜大洋ホエールズ 47 80 3 .370 36.5

オールスターゲーム1989編集

  • ファン投票
パリッシュ
池山隆寛
尾花高夫(出場辞退)
  • 監督推薦
内藤尚行
広沢克実

選手・スタッフ編集

[3]

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
笘篠賢治 新人王
パリッシュ 本塁打王 42本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
パリッシュ 一塁手 初受賞
池山隆寛 遊撃手 2年連続2度目
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
栗山英樹 外野手 初受賞

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 西村龍次 投手 ヤマハ 入団
2位 古田敦也 捕手 トヨタ自動車 入団
3位 黒須陽一郎 外野手 立教大学 拒否
4位 押尾健一 投手 成東高 入団
5位 松元繁 投手 朝霞高 入団
6位 広沢好輝 内野手 明野高 入団

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1989年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月12日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球記録年鑑 ベースボール・レコード・ブック1990』ベースボール・マガジン社、1989年。ISBN 4-583-02810-5
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7