メインメニューを開く

1989年の全日本F3000選手権

1989年の全日本F3000選手権
Previous: 1988 Next: 1990

1989年の全日本F3000選手権は、1989年(平成元年)3月4日 - 5日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月4日 - 5日に鈴鹿サーキットで閉幕した全8戦によるシリーズである。

エントリーリスト編集

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1   星野一義 CABIN T88 無限 → T89 CABIN 無限
ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308
B CABIN RACING TEAM WITH IMPUL
2   中子修 CHERENA LOLA
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
B NAKAJIMA PLANNING
3   鈴木利男 CABIN 89D
レイナード89D/コスワースDFV
B CABIN Racing Team with HEROES
5   長谷見昌弘 スピードスター ダンロップ ローラ
(ローラT88/50 → T89/50/無限MF308)
D スピードスターホイールレーシングチーム
6   ジェフ・クロスノフ スピードスター ダンロップ ローラ
(ローラT89/50/無限MF308)
D スピードスターホイールレーシングチーム
7   高橋国光 ADVAN・LOLA・MF308
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
Y ADVAN SPORTS NOVA
8   松本恵二 ワタナベ ダンロップ 89D
(レイナード89D/無限MF308)
D 株式会社 童夢
9   中谷明彦 Marlboro LOLA・T89
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
B Marlboro Team NOVA
10   松田秀士 武富士 たけしプロジェクト マーチ → 武富士 たけしプロジェクト ローラ
マーチ87B → ローラT88/50 → ローラT89/50/コスワースDFV → 無限MF308)
Y たけしプロジェクト
11   ロス・チーバー ワコール ダンロップ 88D → ワコール ダンロップ 89D
(レイナード88D → レイナード89D/無限MF308)
D 株式会社 童夢
12   パオロ・バリッラ PIAA LOLA
(ローラT89/50/無限MF308)
B NAKAJIMA PLANNING
15   岡田秀樹 LEYTON HOUSE 89B MUGEN
(マーチ89B/無限MF308)
B LEYTON HOUSE RACING TEAM
16   関谷正徳 LEYTON HOUSE 89B MUGEN
(マーチ89B/無限MF308)
B LEYTON HOUSE RACING TEAM
18   マウリツィオ・サンドロ=サーラ CLUB-ANGLE 89D
(レイナード88D → レイナード89D/無限MF308)
D FUNAKI RACING
20   ジャン・アレジ(第1・2戦)
  アンドリュー・ギルバート=スコット(第3・7・8戦)
  マーティン・ドネリー(第4 - 6戦)
KYGNUS reynard 89D
(レイナード89D/無限MF308)
Y TEAM KYGNUS TONEN with R&D
21   小河等 STELLAR ローラ T88/50 → STELLAR ローラ T89/50
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
D オートビューレックモータースポーツ
24   エマニュエル・ピロ(第1-4戦)
  ケネス・アチソン(第5・6戦)
  森本晃生(第7戦)
  マルコ・アピチェラ(第8戦)
NIKKEI 89D MUGEN
(レイナード89D/無限MF308)
B 伊太利屋 NIKKEI Team Le Mans
25   ジェフ・リース 伊太利屋 89D MUGEN
(レイナード89D/無限MF308)
Y 伊太利屋 NIKKEI Team Le Mans
26   和田孝夫 TENORAS ADVAN T88 → TENORAS ADVAN T89
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
Y ADVAN SPORT PAL
27   ファブリツィオ・バルバッツァ ティームMSD 88D → ティームMSD T88
(レイナード88D → ローラT88/50/コスワースDFV)
D モーターレーシングデベロップメント
33   清水正智 トライデント・ローラ・T88/50
(ローラT88/50/無限MF308)
D 清水レーシング
34   マウロ・マルティニ
  スティーブン・アンドスカー(第3戦)
SANYO EXCEDIO TAKENAKA LOLA
(ローラT88/50 → ローラT89/50/無限MF308)
D SUNDAI・SPIRIT・TEAM
55   片山右京 Footwork MC040 → Footwork MC041) 無限
(ムーンクラフトMC040 → ムーンクラフトMC041/無限MF308)
B Footwork FORMULA

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップY横浜ゴム

スケジュール及び勝者編集

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月4日 - 5日 鈴鹿サーキット 全日本BIG2&4レース 星野一義
第2戦 4月15日 - 16日 富士スピードウェイ CABIN International Formula Cup R・チーバー
第3戦 5月13日 - 14日 西日本サーキット オールジャパンF3000オールスターレース大会 R・チーバー
第4戦 5月27日 - 28日 鈴鹿サーキット 鈴鹿フォーミュラジャパンレース E・ピロ
第5戦 7月29日 - 30日 スポーツランド菅生 SUGO・F3000選手権レース大会 和田孝夫
第6戦 8月12日 - 13日 富士スピードウェイ LEYTON HOUSE RRC FUJI FORMULA CHAMPIONS RACE 星野一義
第7戦 9月23日 - 24日 鈴鹿サーキット SUZUKA GREAT 20 DRIVERS RACE 小河等
第8戦 11月4日 - 5日 鈴鹿サーキット SUPER FINAL ROUND in SUZUKA 長谷見昌弘

シリーズポイントランキング編集

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位
ポイント 9 6 4 3 2 1
ランキング ドライバー SUZ FSW NIS SUZ SGO FSW SUZ SUZ ポイント
1   小河等 2 2 4 4 Ret 2 1 Ret 33
2   ロス・チーバー 11 1 1 2 Ret 10 2 21 30
3   星野一義 1 Ret Ret Ret Ret 1 3 Ret 22
4   長谷見昌弘 6 4 5 3 Ret 8 5 1 22
5   関谷正徳 3 3 3 Ret Ret 4 8 2 21
6   エマニュエル・ピロ 5 Ret Ret 1 11
7   和田孝夫 Ret Ret Ret 10 1 16 16 Ret 9
8   マウロ・マルティニ Ret 8 NC 3 5 4 14 9
9   岡田秀樹 Ret Ret Ret 5 Ret 3 Ret 5 8
10   中谷明彦 10 11 Ret 8 2 7 Ret 9 6
11   パオロ・バリッラ 8 Ret 2 Ret Ret Ret 10 Ret 6
12   ジェフ・クロスノフ 5 9 Ret Ret 13 9 3 6
13   ジェフ・リース 4 14 Ret 15 5 Ret 13 Ret 5
14   松本恵二 14 6 6 Ret Ret 6 6 Ret 4
15   高橋国光 12 15 8 12 4 11 14 8 3
16   マルコ・アピチェラ 4 3
17   鈴木利男 7 Ret 12 13 8 20 17 6 1
18   中子修 NC 10 7 11 6 9 15 13 1
19   ファブリツィオ・バルバッツァ Ret 9 11 6 Ret 19 7 Ret 1
-   マウリツィオ・サンドロ=サーラ 13 7 10 7 9 18 11 Ret 0
-   マーティン・ドネリー 9 7 Ret 0
-   片山右京 9 Ret Ret Ret 15 18 17 0
-   清水正智 15 13 14 10 17 Ret 11 0
-   アンドリュー・ギルバート=スコット 13 Ret 10 0
-   松田秀士 Ret 12 14 Ret Ret 12 12 Ret 0
-   ケネス・アチソン Ret 14 0
-   ジャン・アレジ Ret Ret 0
-   スティーブン・アンドスカー Ret 0
-   森本晃生 Ret 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

※ベスト6戦が有効得点

トピックス編集

  • フットワーク/ムーンクラフトと片山右京が、全日本F3000と国際F3000にオリジナルマシンでフルエントリーした。しかし双方とも成績は低迷し、国際F3000ではシーズン途中からドライバーをデイモン・ヒルに交替させてテコ入れを図ったが不振の内にシーズンを終えた。
  • オートビューレックが小河等とともに全日本F3000に進出した。小河はシーズン前半を中古のローラT88/50(1988年に片山右京が使用していたもの[1])でのエントリーであったが開幕戦・鈴鹿、第2戦・富士を連続で2位入賞。第3戦・西日本、第4戦・鈴鹿で4位入賞とポイントを重ねた。第5戦・菅生からはニューマシンが用意され、第6戦・富士で初のポールポジションを獲得。第7戦・鈴鹿でポール・トゥ・ウィンで初優勝を記録するなど好成績を残しドライバーズ・タイトルを獲得した。
  • 1987、1988年と不振に陥ったマーチがレイトンハウスとのワークス体制で全日本F3000にフルエントリーした。ラルフ・ベラミィ設計のシャシーは関谷正徳により2位入賞1回、3位入賞3回、岡田秀樹の1回の3位入賞など競争力のあるところを示した。
  • エマニュエル・ピロがF1・第7戦フランスGPでベネトンからF1デビューした。
  • 1989年は全日本F3000にタイヤを供給するブリヂストン、ダンロップ、横浜ゴムの3メーカーが揃って優勝とポールポジションを記録した、全日本F3000において唯一のシーズンとなった。
  • 中谷明彦が第3戦・西日本で、デビュー3戦目でポールポジションを記録し、1983年の全日本F2選手権・第4戦・鈴鹿で高橋徹が記録したデビュー4戦目でのポールポジション獲得記録を上回った。

脚注編集

  1. ^ 「Racing On」 No.048、p.94、武集書房、1989年。