メインメニューを開く

1989年の映画(1989ねんのえいが)では、1989年(昭和64年/平成元年)の映画分野の動向についてまとめる。

目次

出来事編集

世界編集

日本編集

周年編集

日本の映画興行編集

配給会社別年間配給収入
配給会社 配給本数 年間配給収入 前年対比 概要
新作 再映 洋画
松竹 19 064億7658万円 168.2% 正月映画『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』(12.5億円)、第2弾『座頭市』(11億円)とヒットが続き、秋の勝負作『利休』(12.7億円)は作品の高評価も伴うヒット。これらのヒットは若手プロデューサー奥山和由を抜擢した映像渉外室の貢献が大きい。山城新伍監督の『せんせい』、ジェームス三木監督の『善人の条件』(3億円)、和田勉監督の『ハリマオ』の3本は失敗。初の海外ロケをした『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(8.6億円)は不本意な成績。松竹富士配給の『226』は配収11.5億円。
19 0 0
東宝 24 105億7727万円 066.6% 5年連続の年間配給収入100億円突破。配給収入10億円の大台を突破した作品は『ドラえもん のび太の日本誕生』(20.2億円[11])と『…これから物語 〜少年たちのブルース〜』 / 『ふ・し・ぎ・なBABY』(10億円)の2番組のみという寂しい一年となった。『彼女が水着にきがえたら』(8億円)、『どっちにするの。』(8億円)、『千利休 本覺坊遺文』(7.5億円)、『君は僕をスキになる』(8億円)はクリーンヒット。夏の『ガンヘッド』の失敗が大きかった。
24 0 0
東映 30 099億7941万円 109.9% 洋画部扱いの『魔女の宅急便』(21.5億円)、『オルゴール』(14億円)が高配収番組となった。東映本体の映画は『夏のまんがまつり』(7.2億円)がトップという寂しさ。同じ洋画部扱いでも『悲しい色やねん』、『ガラスの中の少女』は失敗。一時は隆盛したアダルト路線もピークを過ぎた。
27 0 3
出典:「1989年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社、1990年、 174 - 176頁。

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1989年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦   UIP 44.0億円
2 レインマン   UIP 33.0億円
3 魔女の宅急便   東映 21.5億円
4 ドラえもん のび太の日本誕生   東宝 20.2億円
5 カクテル   ワーナー・ブラザース 17.0億円
6 ロジャー・ラビット   ワーナー・ブラザース 14.4億円
7 オルゴール   東映 14.0億円
8 ブラック・レイン   UIP 13.5億円
9 利休   松竹 12.7億円
10 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日
釣りバカ日誌
  松竹 12.5億円
出典:1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング編集

1989年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 パラマウント映画 $474,171,806
2 バットマン ワーナー・ブラザース $411,348,924
3 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 ユニバーサル・スタジオ $331,950,002
4 ベイビー・トーク トライスター・ピクチャーズ $296,999,813
5 いまを生きる ブエナ・ビスタ $235,860,116
6 リーサル・ウェポン2/炎の約束 ワーナー・ブラザース $227,853,986
7 ミクロキッズ ブエナ・ビスタ $222,724,172
8 ゴーストバスターズ2 コロンビア映画 $215,394,738
9 リトル・マーメイド ブエナ・ビスタ $211,343,479
10 7月4日に生まれて ユニバーサル・スタジオ $161,001,698
出典:1989 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月12日閲覧。

北米興行収入ランキング編集

1989年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. バットマン ワーナー・ブラザース $251,188,924
2. インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 パラマウント $197,171,806
3. リーサル・ウェポン2 ワーナー・ブラザース $147,253,986
4. ベイビー・トーク トライスター $140,088,813
5. ミクロキッズ ディズニー $130,724,172
6. バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 ユニバーサル $118,450,002
7. リトル・マーメイド ディズニー $111,494,738
8. ドライビング Miss デイジー ワーナー・ブラザース $106,593,296
9. バックマン家の人々 ユニバーサル $100,047,830
10. いまを生きる タッチストーン $95,860,116
出典:1989 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月13日閲覧。

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 8日 ケネス・マクミラン   56 俳優
2月 3日 ジョン・カサヴェテス   60 映画監督・俳優
9日 手塚治虫   60 漫画家
3月 3日 大坂志郎   69 俳優
4日 南廣   60 俳優
13日 嵯峨善兵   79 俳優
24日 荒木道子   72 女優
4月 24日 クライド・ジェロニミ   87 映画監督
26日 ルシル・ボール   77 女優
30日 セルジオ・レオーネ   60 映画監督
5月 19日 アントン・ディフリング   70 俳優
21日 原泉   84 女優
25日 増田順司   73 俳優
6月 28日 ヨリス・イヴェンス    90 映画監督
7月 10日 メル・ブランク   81 声優
11日 ローレンス・オリヴィエ   82 俳優・映画監督
18日 レベッカ・シェイファー   21 女優
8月 1日 松井潤子   82 女優
16日 アマンダ・ブレイク   60 女優
18日 古関裕而   80 作曲家
10月 4日 グレアム・チャップマン   48 コメディアン・俳優
6日 ベティ・デイヴィス   81 女優
16日 コーネル・ワイルド   74 俳優
20日 アンソニー・クエイル   76 俳優
26日 浦辺粂子   87 女優
11月 6日 松田優作   40 俳優
12月 16日 シルヴァーナ・マンガーノ   59 女優
リー・ヴァン・クリーフ   64 俳優

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ スタジオジブリ作品関連資料集〈3〉 & 1996/10/1, p. 40 - 41.
  2. ^ 斉藤 2009, p. 56.
  3. ^ 斉藤 2009, pp. 114 - 115.
  4. ^ 『戦後値段史年表』週刊朝日朝日新聞出版〈朝日文庫〉、1995年、23頁。ISBN 4-02-261108-1
  5. ^ 第40作 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ 第41作 男はつらいよ 寅次郎心の旅路”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月6日閲覧。
  7. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  8. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  9. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  10. ^ a b c 「1989年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社、1990年、 171頁。
  11. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

参考文献編集