メインメニューを開く

1989年オーストラリアグランプリは、1989年F1世界選手権の第16戦として、1989年11月5日アデレード市街地コースで開催された。

オーストラリアの旗 1989年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Adelaide (long route).svg
日程 1989年シーズン第16戦
決勝開催日 11月5日
開催地 アデレード市街地コース
オーストラリア アデレード
コース長 3.778km
レース距離 70周(264.460km)
決勝日天候 雨(ウェット)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'16.665
ファステストラップ
ドライバー 日本の旗 中嶋悟
タイム 1'38.480(Lap 64)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

前戦日本グランプリでトップでチェッカーを受けたセナが「失格」と裁定され、一旦はアラン・プロストの年間チャンピオンが決定したが、この裁定に対してマクラーレンが提訴し、その後日本グランプリの勝者(アレッサンドロ・ナニーニ)と年間チャンピオンも「暫定」扱いとなった。

その後10月31日にFIAの国際控訴法廷による判決が下された。判決は、セナの失格処分を支持し、さらにセナに10万ドルの罰金と6ヶ月の執行猶予付き出場停止を課す」というものであった[1]。マクラーレン代表のロン・デニスはこの件について民事訴訟を起こすことも示唆する中でレースウィークを迎えた。

予選編集

展開編集

予選は2日ともドライで行われた。金曜日はプロストが暫定のポールポジションを獲得した。プロストが予選初日にセナを上回ったのは、1989年シーズンでは3度目のことだった。土曜日には気温が上がったためタイムを伸ばすことのできないマシンが多かったが、セナはタイムを1秒以上縮め、タイムを伸ばせなかったプロストを逆転した。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 1'17.712 1'16.665
2 2   アラン・プロスト マクラーレンホンダ 1'17.403 1'17.624
3 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディコスワース 1'18.043 1'17.623
4 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトンフォード 1'18.271 1'17.762
5 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズルノー 1'17.791 1'18.586
6 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 1'18.636 1'17.827
7 27   ナイジェル・マンセル フェラーリ 1'19.525 1'18.313
8 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 1'18.750 1'20.076
9 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラコスワース 1'18.828 1'19.487
10 21   アレックス・カフィ ダラーラコスワース 1'18.857 1'18.899
11 17   ニコラ・ラリーニ オゼッラコスワース 1'19.305 1'19.110
12 7   マーティン・ブランドル ブラバム-ジャッド 1'19.136 1'19.428
13 20   エマニュエル・ピロ ベネトンフォード 1'19.710 1'19.217
14 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'19.238 1'20.615
15 4   ジャン・アレジ ティレルコスワース 1'19.363 1'19.259
16 16   イヴァン・カペリ マーチジャッド 1'19.269 1'19.294
17 37   J.J・レート オニクスコスワース 1'20.767 1'19.309
18 11   ネルソン・ピケ ロータスジャッド 1'19.392 1'20.622
19 30   フィリップ・アリオー ローラランボルギーニ 1'19.568 1'19.579
20 9   デレック・ワーウィック アロウズコスワース 1'19.599 1'19.622
21 18   ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラコスワース 1'19.691 1'20.718
22 10   エディ・チーバー アロウズコスワース 1'19.922 1'21.206
23 12   中嶋悟 ロータスジャッド 1'20.066 1'20.333
24 26   オリビエ・グルイヤール リジェコスワース 1'21.882 1'20.073
25 15   マウリシオ・グージェルミン マーチジャッド 1'20.191 1'20.260
26 25   ルネ・アルヌー リジェコスワース 1'20.872 1'20.391
27 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 1'20.428 1'20.451
28 24   ルイス・ペレス=サラ ミナルディコスワース 1'20.633 1'20.866
29 39   ベルトラン・ガショー リアルコスワース 1'22.267 1'24.913
30 38   ピエール=アンリ・ラファネル リアルコスワース 1'22.305 1'22.391

決勝編集

最初のスタート編集

30分遅れのスタート編集

昼前より豪雨に見舞われ、決勝は予定より30分遅れて行われることとなった[2]。しかし、スタート時刻になってもドライバーの多くはマシンに収まらず、路面コンディションが危険過ぎるとして、更にスタートを遅らせるよう要望した。最終的にスタートが行われるようになると、プロストは1周だけで戻ると言い残してスタートに臨んだ[2]

中断編集

スタートでも、後方グリッドのマシンがフォーメーションラップを終える前にグリーンライトが点灯するという混乱もあったが、1周を終える前に約1/3のマシンがスピンした[2]

プロストは、スタート前の言葉通り1周目の終了時にピットに戻り自主的にリタイアした。なお1周目に起きたオニクス・コスワースのJ.J.レートのクラッシュにより、レースは赤旗中断された。

二度目のスタート編集

相次ぐクラッシュ編集

午後3時に再スタートが切られることとなったが、プロストは再スタートを拒否し、二度目のスタートには参加しなかった[2]。自らレースを棄権したドライバーはプロストだけだった。

マシンが走ると後続の視界をほとんど奪うほどの水しぶきが上がるコンディションの中、ベテランのルネ・アルヌーがコースアウトしリタイアしたことを皮切りに、6周目にはゲルハルト・ベルガーフィリップ・アリオーが早くも接触しリタイアした。

このレースで優勝しないと裁定がどう下ろうと年間チャンピオンになれないセナも、ネルソン・ピケを抜いたところ、ピケの斜め前方を走っていたマーティン・ブランドルに気づかず追突してリタイアした。またそのピケもセナと全く同じ状況の事故を起こし、衝突したピエルカルロ・ギンザーニとともにリタイアした。

セナとピケがそれぞれリタイアする中でナイジェル・マンセルもマシンをコントロールできないまま単独コースアウトしリタイアした。さらにその後も雨脚が全く弱らない中でリタイアが続き、ベテランのエディ・チーバーや若手のオリビエ・グレイヤールも単独スピンアウトしてレースを去っていった。

「雨の中嶋」の好走編集

ロータス・ジャッドの中嶋悟は、ドライの予選ではマシン性能の低さから同僚のネルソン・ピケとともに下位に沈んだものの、得意のウェットコンディションの中でマシンをうまくコントロールしつつ驚異の19台抜きを見せ、中盤が過ぎたころには4位につけた。さらにその後もマシン性能がはるかに高い3位を走るウィリアムズ・ルノーのリカルド・パトレーゼを、日本人として初めてレース中のファステストラップを記録しつつ10周以上にわたり激しく追い立てたが、パトレーゼの真後ろにつくとエンジンの吸気口から入る水しぶきのせいでミスファイアを起こすため追い抜くには至らず、4位でゴールした。

出走台数の過半数が事故ないしスピンアウトでレースを終え、完走台数がわずか8台となる大荒れのレースとなった中で、予選23位からファステストラップを記録しながら追い上げた中嶋のウェットコンディションにおける高いドライビング・テクニックが、各国のメディアやチーム関係者から高い評価を受け、BBCの解説者で辛口コメントで知られるジェームス・ハントからも後に高く称賛された。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズルノー 70 2:00'17.421 5 9
2 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトンフォード 70 + 28.658 4 6
3 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 70 + 37.683 6 4
4 12   中嶋悟 ロータスジャッド 70 + 42.331 23 3
5 20   エマニュエル・ピロ ベネトンフォード 68 +2 Laps 12 2
6 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディコスワース 67 +3 Laps 3 1
7 15   マウリシオ・グージェルミン マーチジャッド 66 +4 Laps 25  
8 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 64 +6 Laps 8  
リタイヤ 10   エディ・チーバー アロウズコスワース 42 スピンオフ 22  
リタイヤ 37   J.J・レート オニクスコスワース 27 電気系 17  
リタイヤ 26   オリビエ・グルイヤール リジェコスワース 22 スピンオフ 24  
リタイヤ 11   ネルソン・ピケ ロータスジャッド 19 接触 18  
リタイヤ 18   ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラコスワース 18 接触 21  
リタイヤ 27   ナイジェル・マンセル フェラーリ 17 スピンオフ 7  
リタイヤ 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 13 接触 1  
リタイヤ 21   アレックス・カフィ ダラーラコスワース 13 スピンオフ 10  
リタイヤ 16   イヴァン・カペリ マーチジャッド 13 ラジエター 16  
リタイヤ 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラコスワース 12 スピンオフ 9  
リタイヤ 7   マーティン・ブランドル ブラバム-ジャッド 12 接触 12  
リタイヤ 9   デレック・ワーウィック アロウズコスワース 7 スピンオフ 20  
リタイヤ 30   フィリップ・アリオー ローラランボルギーニ 6 接触 19  
リタイヤ 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 6 接触 14  
リタイヤ 4   ジャン・アレジ ティレルコスワース 5 電気系 15  
リタイヤ 25   ルネ・アルヌー リジェコスワース 4 スピンオフ 26  
リタイヤ 17   ニコラ・ラリーニ オゼッラコスワース 0 電気系 11  
棄権 2   アラン・プロスト マクラーレンホンダ 0 棄権 2  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[1] およびF1グランプリ年鑑[1]より。

記録編集

  • 最終F1グランプリ:ジョナサン・パーマー、エディ・チーバー、ルイス・ペレス=サラ、ルネ・アルヌー、ピエルカルロ・ギンザーニ、オスカー・ララウリ、ピエール=アンリ・ラファネル、エンリコ・ベルタッジア
  • 初ファステストラップ:中嶋悟
  • 初ポイント:エマニュエル・ピロ

脚注編集

  1. ^ a b 「F1グランプリ年鑑 1989-1990」CBSソニー出版 1990年2月 ISBN 4-7897-0502-1
  2. ^ a b c d 「オートスポーツ 1990年1月1日号」三栄書房 pp26-30

関連項目編集