メインメニューを開く

1990年アジア競技大会(11th Asian Games Beijing 1990)は、1990年9月22日から10月7日までの期間、中華人民共和国首都北京で行われた第11回アジア競技大会である。

1990年アジア競技大会
第十一届亚洲运动会
開催都市 中華人民共和国の旗 中国 北京
参加国・地域数 37
参加人数 6,122人
競技種目数 27競技308種目
開会式 1990年9月22日
閉会式 1990年10月7日
開会宣言 楊尚昆国家主席
選手宣誓 陳龍燦
最終聖火ランナー 許海峰高敏張蓉芳
主競技場 北京工人体育場
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2000年の夏季オリンピックの招致を目指し開催されたが、その3年後のIOC総会でシドニーに敗れ、その8年後に2008年北京オリンピック開催が決定された。

湾岸戦争の影響により、イラクアジアオリンピック評議会から資格停止処分を受けて不参加。台湾1970年バンコク大会以来の20年ぶりの参加となり、マカオパレスチナが初参加となった。

大会は中国が他の国の金メダル数を大きく上回る圧勝だった。

目次

参加国・地域編集

各国・地域の獲得メダル数編集

国・地域
1   中国 183 107 51 341
2   韓国 54 54 73 181
3   日本 38 60 76 174
4   北朝鮮 12 31 39 82
5   イラン 4 6 8 18
6   パキスタン 4 1 7 12
7   インドネシア 3 6 21 30
8   カタール 3 2 1 6
9   タイ 2 7 8 17
10   マレーシア 2 2 4 8
11   インド 1 8 14 23
12   モンゴル 1 7 9 17
13   フィリピン 1 2 7 10
14   シリア 1 0 2 3
15   オマーン 1 0 0 1
16   チャイニーズタイペイ 0 10 21 31
17   イギリス領香港 0 2 5 7
18   スリランカ 0 2 1 3
19   シンガポール 0 1 4 5
20   バングラデシュ 0 1 0 1
21   ミャンマー 0 0 2 2
22   ラオス 0 0 1 1
23   マカオ 0 0 1 1
24   ネパール 0 0 1 1
25   サウジアラビア 0 0 1 1

脚注編集