1990年イギリスグランプリ

1990年イギリスグランプリ (: 1990 British Grand Prix) は、1990年F1世界選手権第8戦として、7月15日シルバーストン・サーキットで決勝レースが開催された。

イギリス 1990年イギリスグランプリ
レース詳細
1990年F1世界選手権全16戦の第8戦
Silverstone Circuit 1990.png
日程 1990年7月15日
正式名称 XLIII Foster's British Grand Prix
開催地 シルバーストン・サーキット
シルバーストンイングランド
コース 常設サーキット
コース長 4.778 km (2.969 mi)
レース距離 64周 305.904 km (190.080 mi)
決勝日天候 晴、ドライ
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1'07.428
ファステストラップ
ドライバー イギリス ナイジェル・マンセル フェラーリ
タイム 1'11.291 (51周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 ウィリアムズ-ルノー
3位 マクラーレン-ホンダ

概要編集

リカルド・パトレーゼがF1通算200戦に到達。デビューレースはシャドウから出場した1977年モナコGP。14年かけての大記録達成となった。

開幕以来予備予選落ちを続けてきたコローニは、このレースを最後に富士重工業スバル)との関係を解消。スバル製水平対向12気筒エンジンは一度も決勝を走ることなくF1から姿を消した。

予選編集

フェラーリナイジェル・マンセルがひとりだけ1分7秒台をマークし、フランスGPに続いて2戦連続ポールポジションを獲得。マンセルはそれまで(ヨーロッパGPも含め)母国開催のグランプリで3勝していたが、PP獲得は今回が初めて。

予備予選を1・2位で通過したラルースは本予選でも好調で、ベネトンを押しのけ、エリック・ベルナール鈴木亜久里が10番グリッド以内につけた。

予備予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'10.254
2 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'11.128 +0.874
3 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード 1'11.516 +1.262
4 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'11.953 +1.699
5 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド 1'12.554 +2.300
6 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード 1'12.653 +2.399
7 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド 1'15.059 +4.805
8 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル 1'19.230 +8.976
9 39   ブルーノ・ジャコメリ ライフ 1'25.947 +15.693

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2
1 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 1'08.336 1'07.428
2 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 1'08.071 1'09.055 +0.643
3 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 1'08.246 1'08.674 +0.818
4 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 1'09.102 1'08.291 +0.863
5 1   アラン・プロスト フェラーリ 1'09.110 1'08.336 +0.908
6 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 1'09.147 1'08.370 +0.942
7 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 1'08.677 1'08.864 +1.249
8 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'09.560 1'09.003 +1.575
9 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'09.243 1'09.865 +1.815
10 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド 1'10.691 1'09.308 +1.880
11 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 1'09.684 1'09.407 +1.979
12 3   中嶋悟 ティレル-フォード 1'09.937 1'09.608 +2.180
13 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 1'09.782 1'09.641 +2.213
14 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 1'10.786 1'09.741 +2.313
15 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド 1'11.167 1'10.044 +2.616
16 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 1'10.552 1'10.092 +2.664
17 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 1'10.480 1'10'110 +2.682
18 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 1'10.568 1'10.303 +2.875
19 21   エマニュエル・ピッロ ダラーラ-フォード 1'11.413 1'10.847 +3.419
20 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 1'11.070 1'11.600 +3.642
21 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 1'11.942 1'11.180 +3.752
22 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 1'12.483 1'11.215 +3.787
23 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 1'11.705 1'11.234 +3.806
24 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 1'11.498 1'11.387 +3.959
25 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード 1'11.562 1'12.644 +4.134
26 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード 1'12.506 1'11.681 +4.253
27 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'12.179 1'11.710 +4.282
28 7   デビッド・ブラバム ブラバム-ジャッド 1'11.741 1'13.016 +4.313
29 36   J.J.レート オニクス-フォード 1'12.712 1'12.631 +5.203
30 35   グレガー・フォイテク オニクス-フォード 1'13.413 1'13.271 +5.843
出典[1]

決勝編集

フォーメーションラップ開始時に2台が動き出せず、ピケは最後尾スタートにまわったが、グージェルミンはそのままリタイアとなった。

 
フェラーリ・641/2をドライブするマンセル

スタートは2番グリッドのセナの出足が鋭く、PPのマンセルをかわしてトップに立つ。序盤はセナ、マンセル、ベルガーの3台が先行し、やや遅れてブーツェンとプロストが続く。11周目、最終シケイン「ルフィールド」でマンセルがセナをかわしてトップに浮上。抜かれたセナは13周目の1コーナー「コプス」で高速スピン。痛めたタイヤを交換するためピットインし、10位に後退した。15周目、プロストがブーツェンをかわして3位。フランスGP2位のカペリが後方から追い上げ、さらにピケが最後尾から急ピッチで挽回してきた。

首位のマンセルはセミATギアボックスの不調で速度が鈍り、22周目にベルガーに抜かれて2位に後退。しかし、トラブルが回復すると、28周目にベルガーを抜き返した。レース中盤、ペースを上げてきたプロストが31周目にベルガーをかわし、43周目にはチームメイトのマンセルもハンガーストレートでかわしてトップに出た。好調カペリはブーツェンに続けてベルガーもオーバーテイクして3位に上昇したが、燃料ポンプの問題で49周目にリタイアした。2位マンセルはギアボックストラブルが再発し、56周目にコースサイドでマシンを止めると、落胆する観客席に向けてグローブを投げ込んだ。これで2位に戻ったベルガーも、残り4周でマシンがストップした。

プロストは独走でトップチェッカーを受け、メキシコ・フランスに続いて破竹の3連勝を達成。1990年シーズンの折り返し地点で、セナを抜いてポイントランキング首位に立った。3位表彰台のセナはマクラーレン・MP4/5Bの不安定なハンドリングに不満を募らせた。

ラルースは4位ベルナール、6位鈴木がダブル入賞し、シーズン後半戦はリジェと入れ替わりで予備予選組から抜けられることになった。鈴木はタイヤのパンクでピットインし入賞圏内から外れたが、ベルガーのリタイアで嬉しいF1初ポイント獲得となった。

レース後、私服に着替えたマンセルは記者たちの前で寂しげに「今シーズン限りでの引退」を表明した(その後撤回し、1991年はウィリアムズへ復帰する)。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1   アラン・プロスト フェラーリ 64 1:18'30.999 5 9
2 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 64 + 39.092 4 6
3 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 64 + 43.088 2 4
4 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 64 + 1'15.302 8 3
5 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 64 + 1'24.003 11 2
6 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 63 + 1 Lap 9 1
7 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 63 + 1 Lap 17  
8 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 63 + 1 Lap 6  
9 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 62 + 2 Laps 20  
10 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 62 + 2 Laps 21  
11 21   エマニュエル・ピッロ ダラーラ-フォード 62 + 2 Laps 19  
12 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 62 + 2 Laps 24  
13 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 61 + 3 Laps 22  
14 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 60 スロットル 3  
Ret 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 55 ギアボックス 1  
Ret 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド 48 燃料漏れ 10  
Ret 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 48 エンジン 14  
Ret 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 46 エンジン 16  
Ret 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード 41 エンジン 26  
Ret 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード 37 エンジン 25  
Ret 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 26 シャシー 7  
Ret 3   中嶋悟 ティレル-フォード 20 電気系 12  
Ret 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 15 接触 13  
Ret 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 12 燃料システム 23  
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 3 オルタネーター 18  
DNS 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド 0 燃料ポンプ 15  
DNQ 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード    
DNQ 7   デビッド・ブラバム ブラバム-ジャッド    
DNQ 36   J.J.レート オニクス-フォード    
DNQ 35   グレガー・フォイテク オニクス-フォード    
DNPQ 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド    
DNPQ 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード    
DNPQ 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド    
DNPQ 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル    
DNPQ 39   ブルーノ・ジャコメリ ライフ    
出典[2]

レース後の選手権順位編集

  • 注記:ランキング上位5位まで記載。

脚注編集

  1. ^ Foster's British Grand Prix - OVERALL QUALIFYING”. Formula1.com. 2020年4月26日閲覧。
  2. ^ Foster's British Grand Prix - RACE RESULT”. 2020年4月26日閲覧。
  3. ^ a b Britain 1990 - Championship STATS F1”. www.statsf1.com. 2020年4月26日閲覧。

外部リンク編集

前戦
1990年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1990年シーズン
次戦
1990年ドイツグランプリ
前回開催
1989年イギリスグランプリ
  イギリスグランプリ次回開催
1991年イギリスグランプリ