1990年ブラジルグランプリ

1990年ブラジルグランプリ: 1990 Grande Prêmio do Brasil)は、1990年F1世界選手権第2戦として、1990年3月25日インテルラゴス・サーキットで決勝レースが開催された。

ブラジル 1990年ブラジルグランプリ
レース詳細
1990年F1世界選手権全16戦の第2戦
Circuit Interlagos.svg
日程 1990年3月25日
正式名称 XIX Grande Prêmio do Brasil
開催地 インテルラゴス・サーキット
サンパウロ, ブラジル
コース長 4.325 km (2.687 mi)
レース距離 71周 307.075 km (190.808 mi)
決勝日天候 ドライ、晴
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-ホンダ
タイム 1'17.277
ファステストラップ
ドライバー オーストリア ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ
タイム 1'19.899 (55周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位
  • オーストリア ゲルハルト・ベルガー
マクラーレン-ホンダ
3位
  • ブラジル アイルトン・セナ
マクラーレン-ホンダ

概要編集

ブラジルGPは1983年以来シーズン開幕戦に定着してきたが、この年はアメリカGPが開幕戦に移ったため、第2戦として行われた。インテルラゴス・サーキットでのグランプリ開催は1980年以来10年ぶりとなる。再開にあたりコースレイアウトの改修工事が行われ、全長は1周7.9kmから4.3kmに短縮された。

サンパウロアイルトン・セナの故郷であり、母国GP初優勝を期待するパウリスタたちの熱烈な声援に包まれた。一方、前年の日本GP以降セナに厳しい処罰を下してきたジャン=マリー・バレストルFIA会長に対してはブーイングが浴びせられた。

予選編集

予備予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'23.763
2 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'23.982 +0.219
3 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'23.987 +0.224
4 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード 1'24.015 +0.252
5 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード 1'24.265 +0.502
6 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド 1'25.763 +2.000
7 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル 1'34.046 +10.283
8 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド 1'39.188 +15.425
9 39   ゲイリー・ブラバム ライフ

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2
1 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 1'17.769 1'17.277
2 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 1'17.888 1'18.504 +0.611
3 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 1'18.375 1'18.150 +0.873
4 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 1'18.465 1'18.288 +1.011
5 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 1'18.509 1'19.475 +1.232
6 1   アラン・プロスト フェラーリ 1'18.631 1'18.884 +1.354
7 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 1'19.230 1'18.923 +1.646
8 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 1'19.039 1'19.688 +1.762
9 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 1'19.125 1'19.964 +1.848
10 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 1'19.309 +2.032
11 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'19.406 1'21.024 +2.129
12 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 1'19.425 1'20.126 +2.148
13 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 1'19.629 1'20.317 +2.352
14 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 1'20.032 +2.755
15 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 1'20.055 1'20.317 +2.778
16 21   ジャンニ・モルビデリ ダラーラ-フォード 1'20.164 1'20.229 +2.887
17 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 1'20.282 1'21.121 +3.005
18 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'20.557 1'21.086 +3.280
19 3   中嶋悟 ティレル-フォード 1'20.568 1'21.086 +3.291
20 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 1'20.650 1'20.794 +3.373
21 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'21.292 1'20.884 +3.607
22 7   グレガー・フォイテク ブラバム-ジャッド 1'20.965 1'20.902 +3.625
23 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード 1'20.920 1'21.002 +3.643
24 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 1'21.244 1'20.998 +3.721
25 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 1'21.065 1'22.057 +3.788
26 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード 1'22.426 1'21.087 +3.810
27 35   ステファン・ヨハンソン オニクス-フォード 1'21.241 1'22.184 +3.964
28 36   J.J.レート オニクス-フォード 1'21.323 1'21.417 +4.046
29 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド 1'21.383 1'21.422 +4.106
30 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド 1'21.616 1'22.862 +4.339
出典[1]

決勝編集

セナは好スタートから先行逃げ切りペースに持ち込み、2位に10秒以上の差をつけて独走した。しかし、40周目にアクシデントが起こる。インフィールドのヘアピンで中嶋のティレルを周回遅れにしようとした際、汚れたアウト側からラインをずらした中嶋と接触してフロントウィングを破損。ピットでノーズを交換するも、3位に転落した。

ブーツェンも8周目にベルガーを攻略し2位を走行していたが、30周目にタイヤ交換のためピットインした際、ピットボックスに止まり切れず、交換用のタイヤにぶつかりノーズを破損(ブレーキペダルが甘くなっていた)。優勝のチャンスをふいにした。

6番グリッドスタートから3位を走行していたプロストは、セナとブーツェンの後退でトップに立ち、ブラジルGP6勝目となるチェッカーを受けた。フェラーリ移籍2戦目にしてシーズン初勝利。セナの地元という「アウェイ」のレースで、自身の通算40勝目を達成した。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1   アラン・プロスト フェラーリ 71 1:37'21.258 6 9
2 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 71 +13.564 2 6
3 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 71 +37.722 1 4
4 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 71 +47.266 5 3
5 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 70 +1 Lap 3 2
6 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 70 +1 Lap 13 1
7 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 70 +1 Lap 7
8 3   中嶋悟 ティレル-フォード 70 +1 Lap 19
9 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 69 +2 laps 8
10 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 68 パンク 15
11 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 68 +3 Laps 20
12 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 68 +3 Laps 10
13 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 65 油圧 4
14 21   ジャンニ・モルビデリ ダラーラ-フォード 64 +7 Laps 16
Ret 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 49 クラッチ 25
Ret 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 43 スピン 14
Ret 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 39 スピン 12
Ret 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 38 エンジン 17
Ret 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード 28 サスペンション 26
Ret 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 25 電気系 24
Ret 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 24 サスペンション 18
Ret 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード 24 サスペンション 23
Ret 7   グレガー・フォイテク ブラバム-ジャッド 14 変速機 22
Ret 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 13 ギアボックス 11
Ret 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 8 接触 21
Ret 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 0 接触 9
DNQ 35   ステファン・ヨハンソン オニクス-フォード
DNQ 36   J.J.レート オニクス-フォード
DNQ 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド
DNQ 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド
DNPQ 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード
DNPQ 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド
DNPQ 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル
DNPQ 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド
DNPQ 39   ゲイリー・ブラバム ライフ
出典[2]

レース後の選手権順位編集

  • :上位5位まで記載。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Brazilian Grand Prix - OVERALL QUALIFYING”. formula1.com. 2020年4月22日閲覧。
  2. ^ Brazilian Grand Prix - RACE RESULT”. formula1.com. 2020年4月22日閲覧。
  3. ^ a b Brazil 1990 - Championship”. STATS F1. 2020年4月22日閲覧。
前戦
1990年アメリカグランプリ
FIA F1世界選手権
1990年シーズン
次戦
1990年サンマリノグランプリ
前回開催
1989年ブラジルグランプリ
  ブラジルグランプリ次回開催
1991年ブラジルグランプリ