1990年モナコグランプリ

1990年モナコグランプリ: 1990 Grand Prix Automobile de Monaco)は、1990年F1世界選手権第4戦として、1990年5月27日モンテカルロ市街地コースで決勝レースが開催された。

モナコ 1990年モナコグランプリ
レース詳細
1990年F1世界選手権全16戦の第4戦
Circuit de Monaco 1986.png
日程 1990年5月27日
正式名称 XLVIII Grand Prix Automobile de Monaco
開催地 モンテカルロ市街地コース
モンテカルロモナコ
コース 公道サーキット
コース長 3.328 km (2.068 mi)
レース距離 78周 259.584 km (161.298 mi)
決勝日天候 晴、ドライ
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-ホンダ
タイム 1'21.314
ファステストラップ
ドライバー ブラジル アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ
タイム 1'24.468 (59周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-ホンダ
2位 ティレル-フォード
3位 マクラーレン-ホンダ

予選編集

マクラーレンアイルトン・セナは予選1回目で2位に1.2秒差をつけるアタックを決め、暫定ポールポジションを獲得。土曜日の予選2回目はタイム差こそ縮められたものの、モナコGP3年連続4回目のポールポジションを獲得した。2位はフェラーリアラン・プロストが0.4秒差で、セナと最前列に並んだ。プロストは直線区間が短くシフト回数の多いモンテカルロに合わせて、ボタン操作でダウンシフト可能な6速セミAT仕様のマシンを持ち込んだ。開幕戦アメリカGPと同じく、ストリートコースで元気なティレルジャン・アレジが自己最高の3番グリッドを獲得した。

予備予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'27.134
2 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'27.548 +0.414
3 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'27.938 +0.804
4 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド 1'28.295 +1.161
5 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード 1'28.677 +1.543
6 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード 1'30.511 +3.377
7 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド 1'33.195 +6.061
8 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル 1'39.295 +12.161
9 39   ブルーノ・ジャコメリ ライフ 1'41.187 +14.053

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2
1 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 1'21.797 1'21.314
2 1   アラン・プロスト フェラーリ 1'23.449 1'21.776 +0.462
3 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 1'23.372 1'21.801 +0.487
4 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 1'24.179 1'22.026 +0.712
5 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 1'23.001 1'22.682 +1.368
6 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 1'23.936 1'22.691 +1.377
7 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 1'24.433 1'22.733 +1.419
8 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 1'24.012 1'23.149 +1.835
9 21   エマヌエル・ピッロ ダラーラ-フォード 1'24.766 1'23.494 +2.180
10 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 1'25.273 1'23.566 +2.252
11 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 1'24.724 1'23.600 +2.286
12 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 1'25.849 1'23.613 +2.299
13 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 1'24.070 1'23.656 +2.342
14 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 1'25.485 1'23.920 +2.606
15 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 1'27.193 1'24.023 +2.709
16 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 1'25.926 1'24.139 +2.825
17 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 1'24.206 1'24.270 +2.892
18 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 1'25.387 1'24.294 +2.980
19 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 1'26.352 1'24.334 +3.020
20 35   グレガー・フォイテク オニクス-フォード 1'26.183 1'24.367 +3.053
21 3   中嶋悟 ティレル-フォード 1'25.679 1'24.371 +3.057
22 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 1'26.520 1'25.000 +3.686
23 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド 1'26.969 1'25.020 +3.706
24 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 1'25.398 1'25.541 +4.084
25 7   デビッド・ブラバム ブラバム-ジャッド 1'28.339 1'25.420 +4.106
26 36   J.J.レート オニクス-フォード 1'27.923 1'25.508 +4.194
27 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード 1'27.282 1'25.622 +4.308
28 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード 1'25.785 1'26.781 +4.471
29 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド 1'26.943 1'26.192 +4.878
30 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド 1'26.604 1'27.265 +5.290
出典[1]

決勝編集

スタートを決めたセナを先頭に、プロスト、アレジ、ベルガーが続いて1コーナーをクリア。下り坂のミラボーコーナーへの入り口で、アレジが果敢にプロストのインを突いて2位に進出。これに乗じて後方のベルガーもプロストのインを狙ったが接触し、ミラボーを塞ぐ形で2台がストップ。後続車が行き場を失い、玉突き事故も起こり、ただちに赤旗レース中断となった。プロストとベルガーはお互いのチームメイト用にセッティングされているスペアカーに乗り換えた。

再スタートでは混乱は起きず、セナがプロスト以下を引き離して独走状態に持ち込んでいく。31周目、2位プロストがバッテリートラブルでリタイア。35周目、ロウズヘアピンでスピンしたピケがマーシャルの押し掛けでレースに戻ったが、今回から採用されたルールで失格(レース除外)となった。

セナは2位のアレジに20秒あまりの差をつけていたが、レース終盤はエンジンの異変を感じてペースダウン。アレジの背後にベルガーが迫り、2位争いがヒートアップすると、セナとのギャップが縮まっていく。しかし、セナは冷静に走り切り、アレジに1秒差をつけてモナコGP3勝目のトップチェッカーを受けた。フリー走行1回目のトップタイムをアレジに奪われた以外、予選1回目からウォームアップランまで全てのセッション1位、決勝レースも全周回1位・ファステストラップ獲得と、ほぼ完璧なレースウィークを締めくくった。

アレジと同じフランス人で、国際F3000時代からライバルだったベルナールは6位でフィニッシュし、F1デビューから6戦目で初入賞。完走扱いは7位のフォイテクまでというサバイバルレースになった。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 27   アイルトン・セナ マクラーレン-ホンダ 78 1:52'46.982 1 9
2 4   ジャン・アレジ ティレル-フォード 78 + 1.087 3 6
3 28   ゲルハルト・ベルガー マクラーレン-ホンダ 78 + 2.073 5 4
4 5   ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ-ルノー 77 + 1 Lap 6 3
5 10   アレックス・カフィ アロウズ-フォード 76 + 2 Laps 22 2
6 29   エリック・ベルナール ローラ-ランボルギーニ 76 + 2 Laps 24 1
7 35   グレガー・フォイテク オニクス-フォード 72 接触 20
Ret 11   デレック・ワーウィック ロータス-ランボルギーニ 66 スピン 13
Ret 2   ナイジェル・マンセル フェラーリ 63 バッテリー 7
Ret 24   パオロ・バリッラ ミナルディ-フォード 52 ギアボックス 19
Ret 36   J.J.レート オニクス-フォード 52 ギアボックス 26
Ret 26   フィリップ・アリオー リジェ-フォード 47 ギアボックス 18
Ret 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 41 ディストリビューター 4
Ret 22   アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ-フォード 38 エンジン 12
Ret 3   中嶋悟 ティレル-フォード 36 スピン 21
DSQ 20   ネルソン・ピケ ベネトン-フォード 34 押し掛け 10
Ret 1   アラン・プロスト フェラーリ 30 バッテリー 2
Ret 19   アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン-フォード 20 ギアボックス 16
Ret 7   デビッド・ブラバム ブラバム-ジャッド 16 トランスミッション 25
Ret 16   イヴァン・カペリ レイトンハウス-ジャッド 13 ブレーキ 23
Ret 25   ニコラ・ラリーニ リジェ-フォード 12 デフ 17
Ret 30   鈴木亜久里 ローラ-ランボルギーニ 11 ステアリング 15
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 7 電気系 8
Ret 12   マーティン・ドネリー ロータス-ランボルギーニ 6 ギアボックス 11
Ret 8   ステファノ・モデナ ブラバム-ジャッド 3 トランスミッション 14
Ret 21   エマヌエル・ピッロ ダラーラ-フォード 0 エンジン 9
DNQ 9   ミケーレ・アルボレート アロウズ-フォード
DNQ 14   オリビエ・グルイヤール オゼッラ-フォード
DNQ 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウス-ジャッド
DNQ 33   ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド
DNPQ 17   ガブリエル・タルキーニ AGS-フォード
DNPQ 18   ヤニック・ダルマス AGS-フォード
DNPQ 34   クラウディオ・ランジェス ユーロブルン-ジャッド
DNPQ 31   ベルトラン・ガショー コローニ-スバル
DNPQ 39   ブルーノ・ジャコメリ ライフ
出典[2]

レース後の選手権順位編集

  • :ランキング上位5位まで記載。

脚注編集

  1. ^ Monaco Grand Prix - OVERALL QUALIFYING”. Formula1.com. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ Monaco Grand Prix - RACE RESULT”. Formula1.com. 2020年4月22日閲覧。
  3. ^ a b Monaco 1990 - Championship STATS F1”. www.statsf1.com. 2020年4月24日閲覧。
前戦
1990年サンマリノグランプリ
FIA F1世界選手権
1990年シーズン
次戦
1990年カナダグランプリ
前回開催
1989年モナコグランプリ
  モナコグランプリ次回開催
1991年モナコグランプリ