メインメニューを開く

1991年サンマリノグランプリ(1991 San Marino Grand Prix)1991年のF1世界選手権第3戦として4月28日にアウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリで開催された。

サンマリノの旗 1991年サンマリノグランプリ
レース詳細
Imola 1981.jpg
日程 1991年シーズン第3戦
決勝開催日 1991年4月28日
開催地 アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ
イタリア イモラ
コース長 5.040km
レース距離 61周(307.440km)
決勝日天候 雨のち晴れ(ウェット→ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'21.877
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'26.531(Lap 55)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

予備予選編集

予選編集

結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 1:21.877
2 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 1:21.957 +0.080
3 27   アラン・プロスト フェラーリ 1:22.195 +0.318
4 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 1:22.366 +0.489
5 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 1:22.567 +0.690
6 4   ステファノ・モデナ ティレルホンダ 1:23.511 +1.634
7 28   ジャン・アレジ フェラーリ 1:23.945 +2.068
8 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディフェラーリ 1:24.762 +2.885
9 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフェラーリ 1:24.807 +2.930
10 3   中嶋悟 ティレルホンダ 1:25.345 +3.468
11 33   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダンフォード 1:25.491 +3.614
12 32   ベルトラン・ガショー ジョーダンフォード 1:25.531 +3.654
13 19   ロベルト・モレノ ベネトンフォード 1:25.655 +3.778
14 20   ネルソン・ピケ ベネトンフォード 1:25.809 +3.932
15 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウスイルモア 1:25.841 +3.964
16 22   JJ・レート ダラーラジャッド 1:25.974 +4.097
17 29   エリック・ベルナール ローラフォード 1:25.983 +4.106
18 7   マーティン・ブランドル ブラバムヤマハ 1:26.055 +4.178
19 26   エリック・コマス リジェランボルギーニ 1:26.207 +4.330
20 30   鈴木亜久里 ローラフォード 1:26.356 +4.479
21 35   エリック・ヴァン・デ・ポール ランボランボルギーニ 1:26.550 +4.673
22 18   イヴァン・カペリ レイトンハウスイルモア 1:26.602 +4.725
23 8   マーク・ブランデル ブラバムヤマハ 1:26.778 +4.901
24 25   ティエリー・ブーツェン リジェランボルギーニ 1:26.998 +5.121
25 11   ミカ・ハッキネン ロータスジャッド 1:27.324 +5.447
26 12   ジュリアン・ベイリー ロータスジャッド 1:27.976 +6.099
DNQ 17   ガブリエル・タルキーニ AGSフォード 1:28.175 +6.298
DNQ 18   ファブリツィオ・バルバッツァ AGSフォード 1:29.665 +7.788
DNQ 10   アレックス・カフィ フットワークポルシェ 1:30.280 +8.403
DNQ 9   ミケーレ・アルボレート フットワークポルシェ 1:30.762 +8.885
  • 上位26台が決勝進出

決勝編集

スタート時には雨が降っており、フェラーリアラン・プロストがフォーメーションラップ中濡れた路面に足をとられてスピン、そのままエンジンが停止してスタートできなくなる信じられないようなアクシデントが発生した。

スタート後にウィリアムズ・ルノーのリカルド・パトレーゼがトップに立ち、その後マクラーレン・ホンダのアイルトン・セナと、ティレル・ホンダのステファノ・モデナが続く展開となった。その後スタートを失敗し中段に落ちたウィリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルマーティン・ブランドルと接触しスピンしてリタイア、またベネトン・フォードのネルソン・ピケも同じくコースアウトしてグラベルにはまりリタイアした。さらに2周目にゲルハルト・ベルガーに抜かれ4位に落ちたモデナをフェラーリのジャン・アレジも抜きにかかったが、そのままオーバースピードでコースアウトしグラベルにはまりリタイアし、地元のフェラーリが2台ともレース序盤に姿を消すという波乱のレース展開となった。

その後雨のレースを得意とするティレル・ホンダの中嶋悟が、前を行くミナルディ・フェラーリのジャンニ・モルビデリピエルルイジ・マルティニを抜き、パトレーゼ-セナ-ベルガー-モデナ-中嶋というフォーメーションでレースが展開すると思われたが、15周目に中嶋がギアボックスのトラブルでリタイアし、その2周後にはパトレーゼもエンジントラブルでリタイアした。

パトレーゼのリタイアにより、セナ-ベルガー-モデナというホンダエンジン勢での表彰台独占が期待されたものの、41周目にはモデナが中嶋と同じくギアボックスのトラブルでリタイアしてしまう。

セナとベルガーは完走扱いがわずか11台という荒れたレースをトラブルもなく走り切り、1位と2位でゴールした。3位には中嶋とモデナのリタイアに助けられる形でスクーデリア・イタリアジャッドJJ・レートが入った。なおJJ・レートにとっては初めての表彰台となった。4位にはミナルディのマルティ二が入り、5位と6位にロータス・ジャッドのミカ・ハッキネンジュリアン・ベイリーが入った。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 61 1:35:14.750 1 10
2 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 61 + 1.675 5 6
3 22   JJ・レート ダラーラジャッド 60 + 1 Lap 16 4
4 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフェラーリ 59 + 2 Laps 9 3
5 11   ミカ・ハッキネン ロータスジャッド 58 + 3 Laps 25 2
6 12   ジュリアン・ベイリー ロータスジャッド 58 + 3 Laps 26 1
7 25   ティエリー・ブーツェン リジェランボルギーニ 58 + 3 Laps 24  
8 8   マーク・ブランデル ブラバムヤマハ 58 + 3 Laps 23  
9 35   エリック・ヴァン・デ・ポール ランボランボルギーニ 57 燃料切れ 21  
10 26   エリック・コマス リジェランボルギーニ 57 + 4 laps 19  
11 7   マーティン・ブランドル ブラバムヤマハ 57 + 4 laps 18  
12 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウスイルモア 55 エンジン 15  
13 19   ロベルト・モレノ ベネトンフォード 54 エンジン 13  
Ret 4   ステファノ・モデナ ティレルホンダ 41 ギアボックス 6  
Ret 33   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダンフォード 37 ギアボックス 11  
Ret 32   ベルトラン・ガショー ジョーダンフォード 37 サスペンション 13  
Ret 16   イヴァン・カペリ レイトンハウスイルモア 24 スピン 22  
Ret 29   エリック・ベルナール ローラフォード 17 エンジン 17  
Ret 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 17 電気系/ミスファイア 2  
Ret 3   中嶋悟 ティレルホンダ 15 ギアボックス 10  
Ret 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディフェラーリ 10 ギアボックス 8  
Ret 28   ジャン・アレジ フェラーリ 2 スピン 7  
Ret 30   鈴木亜久里 ローラフォード 2 スピン 20  
Ret 20   ネルソン・ピケ ベネトンフォード 1 スピン 14  
Ret 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 0 接触/サスペンション 4  
DNS 27   アラン・プロスト フェラーリ 0 スピン 3  
  • No.27はフォーメーションラップ中にスピン、エンジンが停止したためスタートできず
前戦
1991年ブラジルグランプリ
FIA F1世界選手権
1991年シーズン
次戦
1991年モナコグランプリ
前回開催
1990年サンマリノグランプリ
  サンマリノグランプリ次回開催
1992年サンマリノグランプリ