1991年バレーボール女子アジア選手権

1991年バレーボール女子アジア選手権(1991 Asian Women's Volleyball Championship)は、1991年9月14日から9月21日にかけてタイ王国バンコクで開催された、アジアバレーボール連盟主催の第6回バレーボールアジア選手権女子大会。

出場国は14カ国。中国が3大会連続4回目の優勝を飾った。

この大会において全日本女子は、準決勝の韓国戦に勝利し、翌年のバルセロナオリンピックの出場権を獲得した。 日本チームの登録メンバーは、1佐藤伊知子(主将)、2杉山明美、3中田久美、4石掛美智代、5中西千枝子、6篠原孝子、7斎藤真由美、8大林素子、9高橋有紀子、13吉原知子、14福田記代子、15中村和美

最終結果編集

順位
1   中国
2   日本
3   韓国
4   北朝鮮
5   チャイニーズタイペイ
6   オーストラリア
7   タイ
8   ベトナム
9   インドネシア
10   ニュージーランド
11   香港
12   スリランカ
13   フィリピン
14   インド

外部リンク編集