メインメニューを開く

1991年日本グランプリ1991 Japanese Grand Prix)は、1991年F1世界選手権第15戦として、1991年10月20日鈴鹿サーキットで決勝レースが開催された。

日本の旗 1991年日本グランプリ
レース詳細
Suzuka 1992 2003.svg
日程 1991年シーズン第15戦
決勝開催日 10月20日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 三重県 鈴鹿市
コース長 5.86403km
レース距離 53周(310.79359km)
決勝日天候 快晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'34.700
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 アイルトン・セナ
タイム 1'41.532(Lap 39) 
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

優勝決定戦編集

このレースマクラーレンホンダアイルトン・セナ(この時点でドライバーズポイントランキングの1位)と、ウィリアムズルノーナイジェル・マンセル(同2位)のタイトル争いのかかる戦いであった。マンセルが鈴鹿とオーストラリアを2連勝すればタイトル獲得の目があるものの、1戦でも落とせばその場でセナがタイトルを獲得するとあって、両チームは全力をかけてこのレースにあたった。

中嶋最後の日本GP編集

またこのレースは、1987年から参戦し日本におけるF1ブームの牽引車となっていた、日本初のレギュラーF1ドライバーの中嶋悟の最後の日本グランプリであるだけでなく、この年の8月に死去したホンダ創設者の本田宗一郎亡き後の日本グランプリであるという、日本人にとって注目すべきトピックスがいくつも重なったグランプリであった。

しかもこの年は、ホンダ、中嶋、セナが中心となった未曾有の「F1ブーム」の絶頂期であり、バブル景気もありチケットの争奪戦が起きた。実際に鈴鹿には前年を上回る観客が詰めかけ、中嶋やホンダを応援するべくスタンド中に飾られた横断幕と日の丸で埋まった。

主催編集

  • 鈴鹿サーキットランド
  • 鈴鹿モータースポーツクラブ

スケジュール編集

  • 10月18日(金曜日):車検、フリー走行、予選1回目
  • 10月19日(土曜日):フリー走行、サポートレース(F3)予選、予選2回目
  • 10月20日(日曜日):フリー走行、サポートレース、決勝レース

予選編集

展開編集

 
このレースにおいてドライバーズタイトルを獲得したアイルトン・セナのマクラーレンMP4/6・ホンダ

ホンダは母国グランプリに向けて「鈴鹿スペシャル」エンジンを投入。セナの同僚ゲルハルト・ベルガーが1分34秒700のコースレコードを記録してポールポジションを獲得した。このレコードは2001年ミハエル・シューマッハによって破られるまで10年あまり鈴鹿サーキットのコースレコードだった。2位にセナが並び、マクラーレン・ホンダにとっては最高の予選結果となった。なお、マンセルはセナに次ぐ3位となり、優勝とドライバーズタイトルへ向けてかすかな希望をつないだ。

以下はフェラーリアラン・プロストが4位、マンセルの同僚リカルド・パトレーゼが5位、フェラーリのジャン・アレジが6位と続いた。7、8位にはベネトンフォード勢を抑えてミナルディフェラーリの2台が並んだ。

ティレル・ホンダの中嶋は、ホンダが「ベストのエンジン」と太鼓判を押すエンジンを用意してきたものの、シーズンを通じての懸案であったマシンバランスが悪く15位に低迷し、チームメイトのモデナも14位に終わった。前年に3位表彰台に上ったラルース・ローラコスワース鈴木亜久里は、パワーに欠けるマシンに手こずり25位、コローニコスワースからスポット参戦となった服部尚貴は、マシンの性能が低い上にマシントラブルが影響し予備予選落ちとなった。

フリー走行から予選にかけて大きなクラッシュが発生した。ローラ・コスワースのエリック・ベルナールはヘアピン通過後にスピンしてウォールに激突。脚を骨折して欠場となった。ベルギーGPでデビューしたベネトンのミハエル・シューマッハは、予選2日目に130Rを過ぎたあたりで縁石に乗り上げスピン、コースアウトしマシンを大破させたが、体には異常がなかったため決勝レースにはそのまま出走した。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 1:34.700 -
2 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 1:34.898 +0.198
3 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 1:34.922 +0.222
4 27   アラン・プロスト フェラーリ 1:36.670 +1.970
5 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 1:36.882 +2.182
6 28   ジャン・アレジ フェラーリ 1:37.140 +2.740
7 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフェラーリ 1:38.154 +3.454
8 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディフェラーリ 1:38.248 +3.548
9 19   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 1:38.363 +3.663
10 20   ネルソン・ピケ ベネトンフォード 1:38.614 +3.914
11 33   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダンフォード 1:38.842 +4.142
12 22   J.J.レート ダラーラジャッド 1:38.911 +4.211
13 32   アレッサンドロ・ザナルディ ジョーダンフォード 1:38.923 +4.223
14 4   ステファノ・モデナ ティレルホンダ 1:38.926 +4.226
15 3   中嶋悟 ティレルホンダ 1:39.118 +4.418
16 21   エマニュエル・ピロ ダラーラジャッド 1:39.238 +4.538
17 25   ティエリー・ブーツェン リジェランボルギーニ 1:39.499 +4.799
18 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウスイルモア 1:39.518 +4.818
19 7   マーティン・ブランドル ブラバムヤマハ 1:39.697 +4.997
20 26   エリック・コマス リジェランボルギーニ 1:39.820 +5.120
21 11   ミカ・ハッキネン ロータスジャッド 1:40.024 +5.324
22 16   カール・ヴェンドリンガー レイトンハウスイルモア 1:40.092 +5.392
23 12   ジョニー・ハーバート ロータスジャッド 1:40.170 +5.470
24 14   ガブリエル・タルキーニ フォンドメタルフォード 1:40.184 +5.484
25 30   鈴木亜久里 ローラフォード 1:40.255 +5.555
26 10   アレックス・カフィ フットワークフォード 1:40.402 +5.702
DNQ 9   ミケーレ・アルボレート フットワークフォード 1:40.844 +6.144
DNQ 34   ニコラ・ラリーニ ランボランボルギーニ 1:42.492 +7.792
DNQ 35   エリック・ヴァン・デ・ポール ランボランボルギーニ 1:42.724 +8.024
DNQ 29   エリック・ベルナール ローラフォード no time*
DNPQ 8   マーク・ブランデル ブラバムヤマハ -
DNPQ 31   服部尚貴 コローニフォード -

* フリー走行中負傷し欠場

決勝編集

展開編集

マクラーレンの連係プレー編集

 
ナイジェル・マンセルのウィリアムズFW14・ルノー

決勝レースは53周で行われた。優勝するしかないマンセルはスタートダッシュを狙ったが、フロントローのマクラーレン2台によって動きを牽制され、1位ベルガー、2位セナ、3位マンセルの順のまま1コーナーに突入した。マクラーレン勢は役割を分担し、セナがマンセルを後方に封じ込め、その間にベルガーが逃げるという戦略をとった。

1周目のヘアピンカーブを立ち上がったフェラーリのアレジがエンジンから白煙を出し、このレースにおけるリタイア第1号となった。また、シケインを過ぎたところで中段グループに多重クラッシュが発生。スクーデリア・イタリアエマニュエル・ピロほか3台がリタイアしたが、全車ともグラベル上で止まったため赤旗は出ず、レースはそのまま続行された。

マンセルのコースアウト編集

マンセルはセナから1秒以内で追走するものの、トップスピードに勝るホンダエンジンと鈴鹿サーキットのコース幅の狭さに阻まれ、オーバーテイクを仕掛けることができなかった。

マンセルはセナのスリップストリームについて10周目の1コーナーにアプローチしたが、車間を詰めすぎてダウンフォースを失い、縁石を越えてコースアウト。2コーナーのグラベルにはまってリタイアとなり、タイトル獲得の希望は早々に潰えた。この時点で2年連続チャンピオンが決定したセナは、ペースを上げてベルガーを追走することになる。

中嶋のリタイア編集

中嶋は15万人を超える観客の声援とスタンド中に飾られた大断幕、数万の応援の小旗を受けて戦っていたが、スタートで順位を落とした上に、ピレリタイヤのグリップが悪くバランスの悪いマシンに悩まされた。リジェランボルギーニティエリー・ブーツェンエリック・コマスとのバトルを演じ、一時は5番手まで順位を上げるものの、31周目に突如サスペンションのトラブルが発生し、マシンのコントロールが効かなくなりS字コーナーでクラッシュしてリタイアした。

中嶋のリタイアのアナウンスにサーキット中のスタンドから悲鳴が上がるものの、マシンを降りパドックに向かう中嶋は観客に笑顔で手を振りつつ、自身にとって最後の日本グランプリを締めくくった。

ベルガーの「勝利」編集

 
優勝者のゲルハルト・ベルガー

セナはエグゾーストパイプ破損というトラブルを抱えてペースを落としたベルガーを追い上げ、18周目のバックストレートでかわしてトップに立つと、そのまま独走態勢に入った。最終ラップに入り、そのままゴールするかと思われたが、シケインを過ぎた最終コーナーで突如ペースダウンし、ベルガーが再逆転してトップチェッカーを受けた。レース前、両者は「1コーナーをトップで通過したものがそのまま先に行く(優勝する)」という約束を交わしており、セナがこれを守ってベルガーに勝利を譲った。

これを、「友人のベルガーに花を持たせた」という「美談」と取るものと、「そのような約束があったなら、途中でペースアップしてベルガーを抜く必要はなかったのに、自分の速さを見せつけるべく一旦トップになってからわざとらしく譲った」と取る見方がある。実際にレース後にはベルガーが約束を破ったセナを問い詰め、チームオーナーのロン・デニスと話し合うという一幕もあった。しかしセナは「ドライバーズタイトルを取るためにサポートしてくれたベルガーに対しての感謝」と主張した。

その他の出来事編集

3位にはウィリアムズ・ルノーのパトレーゼが入り、4位にはフェラーリのプロスト、5位には当時日本人オーナーのもとにあったブラバムマーティン・ブランドルが入り、ヤマハエンジンにとっての初入賞となった。6位には中嶋と同じくバランスの悪いマシンに手こずったティレル・ホンダのステファノ・モデナが入った。

鈴木は中嶋に先立つ27周目にエンジントラブルでリタイヤに終わった。なお、序盤に4台がまとめてリタイヤになるアクシデントがあったことや、その他様々な理由で15台がリタイヤし、完走したのは11台であった。

序盤にリタイアしたマンセルはピットに戻って私服に着替え、レース後マシンを降りたセナを出迎えてチャンピオン獲得を祝福した。過去2年間とは対照的に、タイトル決定戦は清々としたフィナーレとなった。

セナは記者会見の席で、日本GP前のFISA会長選でマックス・モズレーに敗れたジャン=マリー・バレストルの話題を持ち出した。その中で、前年の日本GPにおけるプロストとの接触はポールポジショングリッドの変更を認めなかったバレストルに非があったと主張し、確信的な行為だったことを明かした。

シャンパンファイトが終わり、ポディウムから退場しようとしたセナとベルガーが出口の扉を開けた途端、ロン・デニスが水が満載のポリバケツを持って乱入、2人に大量の水を浴びせかけた。デニスは観衆に向かって笑顔でサムズアップするが、サプライズに驚かされた2人は残ったシャンパンとペットボトルの水を頭からかけ逆襲。追い詰められたデニスはポリバケツに残った大量の水を、ポディウム上から観衆にぶちまけるという大立ち回りを演じた。普段、冷静沈着、潔癖、完璧主義で有名なデニスが、観衆の前でここまで喜びを露にして暴走したのは、後にも先にもこの時だけである。

結果編集

Race編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 53 1:32:10.695 1 10
2 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 53 + 0.344 2 6
3 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 53 + 56.731 5 4
4 27   アラン・プロスト フェラーリ 53 + 1:20.761 4 3
5 7   マーティン・ブランドル ブラバムヤマハ 52 + 1 Lap 19 2
6 4   ステファノ・モデナ ティレルホンダ 52 + 1 Lap 14 1
7 20   ネルソン・ピケ ベネトンフォード 52 + 1 Lap 10  
8 15   マウリシオ・グージェルミン レイトンハウスイルモア 52 + 1 Lap 18  
9 25   ティエリー・ブーツェン リジェランボルギーニ 52 + 1 Lap 17  
10 10   アレックス・カフィ フットワークフォード 51 + 2 Laps 26  
11 14   ガブリエル・タルキーニ フォンドメタルフォード 50 + 3 Laps 24  
Ret 26   エリック・コマス リジェランボルギーニ 41 オルタネーター 20  
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフェラーリ 39 電気系 7  
Ret 19   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 34 エンジン 9  
Ret 12   ジョニー・ハーバート ロータスジャッド 31 エンジン 23  
Ret 3   中嶋悟 ティレルホンダ 30 スピン 15  
Ret 30   鈴木亜久里 ローラフォード 26 エンジン 25  
Ret 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディフェラーリ 15 ホイール 8  
Ret 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 9 スピン 3  
Ret 32   アレッサンドロ・ザナルディ ジョーダンフォード 7 ギアボックス 13  
Ret 11   ミカ・ハッキネン ロータスジャッド 4 エンジン 21  
Ret 33   アンドレア・デ・チェザリス ジョーダンフォード 1 接触 11  
Ret 22   J.J.レート ダラーラジャッド 1 接触 12  
Ret 21   エマニュエル・ピロ ダラーラジャッド 1 接触 16  
Ret 16   カール・ヴェンドリンガー レイトンハウスイルモア 1 接触 22  
Ret 28   ジャン・アレジ フェラーリ 0 エンジン 6  
DNQ 9   ミケーレ・アルボレート フットワークフォード        
DNQ 34   ニコラ・ラリーニ ランボランボルギーニ        
DNQ 35   エリック・ヴァン・デ・ポール ランボランボルギーニ        
DNQ 29   エリック・ベルナール ローラフォード        
DNPQ 8   マーク・ブランデル ブラバムヤマハ        
DNPQ 31   服部尚貴 コローニフォード        

エピソード編集

  • チームオーナーの赤城明がレース開催直前の9月に東海銀行の不正融資事件で逮捕されたレイトンハウスは、レイトンハウスのロゴを消して参戦した。
  • ジョーダンチームは、このレースに限りロゴを当時日本で販売されていなかった「7Up」から、日本で販売されている「ペプシ」に変更した。
  • コローニからスポット参戦した服部は、予備予選中にブレーキ故障でコースアウトするが、その際にステアリングを投げ捨てた上、車を蹴り、その場面を目撃した中嶋悟から「仕事道具をあんな扱いにするのはよくないし大成しない」、「何があっても車を蹴るのはよくない」と苦言を呈された。
  • なおコローニは日本GPとオーストラリアGPの「スポットスポンサー」として、1口2万円で自分の名前をマシンに入れられるという企画を実施し、100名を超える日本のF1ファンがこれに応じた。
  • F1ブームと中嶋の引退、ドライバーズチャンピオン決定戦が重なり、予選日だけで14万人が詰めかけるという記録を作った。
  • レースの模様は、フジテレビにより当日の午後8時より放映された。レース終了から5時間以上が経過してからの録画中継にもかかわらず、20.8%(中部地域では27.4%)の視聴率をマークした。
  • このレースの解説をしていた今宮純は、一昨年、昨年のレースがセナとプロストのクラッシュという後味の悪い形で終わったのに対して今年のレースはいい展開で終了したことに感動し、表彰式の途中で大泣きしてしまった。

外部リンク編集