メインメニューを開く

1991年-1992年のJSL(第27回日本サッカーリーグ1部および第20回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1991年9月15日から1992年3月29日まで、2部が1991年9月7日から1992年3月29日まで行われた。JSLとしては最後のシーズンとなり、このシーズンを最後にリーグはJリーグジャパンフットボールリーグへ移行した。

優勝は、1部が読売サッカークラブ、2部はフジタサッカークラブであった。

JSL1部編集

大会概要編集

参加クラブ編集

このシーズンから古河電気工業サッカー部は組織変更し、東日本JR古河サッカークラブになった。

成績編集

年間順位編集

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 読売クラブ 51 15 6 1 43 13 +30
2位 日産自動車 43 12 7 3 25 14 +11
3位 ヤマハ発動機 36 11 3 8 30 31 −1
4位 東芝 30 7 9 6 26 24 +2
5位 松下電器 29 7 8 7 25 27 −2
6位 マツダ 27 7 6 9 30 23 +7
7位 JR古河 27 8 3 11 30 38 −8
8位 全日空クラブ 25 6 7 9 20 23 −3
9位 日立製作所 25 6 7 9 22 30 −8
10位 本田技研 23 5 8 9 18 25 −7
11位 三菱自動車 21 5 6 11 25 40 −15
12位 トヨタ自動車 20 4 8 10 24 30 −6
優勝・アジアクラブ選手権出場

得点ランキング編集

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 トニーニョ 読売クラブ 18
2 中山雅史 ヤマハ発動機 15
3 ペデルッチ 東芝 12
4 高木琢也 マツダ 9

アシストランキング編集

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 ジョルジーニョ トヨタ自動車 12
2 三浦知良 読売クラブ 9
3 アンドレ ヤマハ発動機 8
高木琢也 マツダ 8
  • 読売、日産、松下、マツダ、JR古河、全日空、三菱、トヨタの8クラブはそれぞれプロ化し、Jリーグに所属する。
  • ヤマハ、東芝、日立、本田の4クラブは、翌シーズンから始まるジャパンフットボールリーグ(JFL)1部(J1)に所属する。

表彰編集

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王 /
ゴールデンボール賞
トニーニョ 読売クラブ
アシスト王 /
シルバーボール賞
ジョルジーニョ  トヨタ自動車
最優秀選手賞 三浦知良  読売クラブ
新人王 高木琢也 マツダ _
ベストGK賞 藤川孝幸 読売クラブ
クリーン&
エキサイティング賞
堀池巧 読売クラブ
優秀監督賞 ペペ 読売クラブ
優秀監督奨励賞 清水秀彦 日産自動車 
年間優秀11人賞 松永成立 日産自動車 3
井原正巳 日産自動車
柱谷哲二 日産自動車 3
堀池巧 読売クラブ 4
加藤久 読売クラブ 9
ラモス瑠偉 読売クラブ 6
ジョルジーニョ トヨタ自動車 2
北澤豪 読売クラブ 2
トニーニョ 読売クラブ
三浦知良 読売クラブ 2
中山雅史 ヤマハ発動機

JSL2部編集

JSL2部大会概要編集

  • 開催期間:1991年9月7日-1992年3月29日
  • 16クラブによる2回戦のリーグ戦で行われた
  • リーグ再編により自動降格は無し。
  • 今シーズンの成績順により翌シーズンから始まるジャパンフットボールリーグ(JFL)1部(J1)・2部(J2)への振り分けが行われ、上位クラブがJ1、下位クラブがJ2への参加となった。

JSL2部参加クラブ編集

JSL2部成績編集

JSL2部年間順位編集

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1 フジタ 74 24 2 4 79 17 +62
2 住友金属 65 21 2 7 66 24 +42
3 ヤンマー 65 20 5 5 56 17 +35
4 NKK 60 18 6 6 51 24 +27
5 富士通 59 17 8 5 46 26 +20
6 大塚製薬 50 15 5 10 45 32 +13
7 東京ガス 46 12 10 8 30 28 +2
8 川崎製鉄 45 12 9 9 31 23 +8
9 NTT関東 33 9 6 15 37 44 −7
10 甲府クラブ 33 9 6 15 35 66 −31
11 コスモ石油 29 8 5 17 27 53 −26
12 中央防犯 27 7 6 17 33 52 −19
13 東邦チタニウム 27 7 6 17 32 59 −27
14 京都紫光クラブ 22 5 7 18 21 57 −36
15 田辺製薬 21 6 3 21 18 50 −32
16 読売ジュニオール 19 5 4 21 20 55 −35

JSL2部得点ランキング編集

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 ジーコ 住友金属 21
2 野口幸司 フジタ 19
3 遠藤孝弘 中央防犯 18
望月聡 NKK 18
王宝山 富士通 18

JSL2部アシストランキング編集

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 ピッタ フジタ 12
2 ジーコ 住友金属 12
3 バウテル ヤンマー 10
森島寛晃 ヤンマー 10
望月聡 NKK 10
名良橋晃 フジタ 10
  • JSL2部のクラブのうち住友金属はプロ化し、Jリーグに所属。また、読売ジュニオールはヴェルディ川崎のファーム(サテライト)となった。
  • 住友金属および読売ジュニオールを除く、上位6クラブ(7位の東京ガスまで)がJFL1部(J1)に所属し、下位8クラブはJFL2部(J2)に所属する。

JSL2部表彰編集

選手名 所属クラブ
得点王 ジーコ 住友金属
アシスト王 ピッタ フジタ
ベスト11 伊藤裕二 ヤンマー
名良橋晃 フジタ
名塚善寛 フジタ
高升 富士通
エジソン フジタ
ピッタ フジタ
ジーコ 住友金属
森島寛晃 ヤンマー
バウテル ヤンマー
野口幸司 フジタ
望月聡 NKK

関連項目編集