1992年のドイツツーリングカー選手権

1992年のドイツツーリングカー選手権
前年: 1991 翌年: 1993

1992年のドイツツーリングカー選手権は、ドイツツーリングカー選手権の9回目のシーズンである。4月5日のゾルダー・サーキットで開幕し、10月11日のホッケンハイムリンクまで全12ラウンド、24戦でタイトルが争われた。

ドライバーズチャンピオンはクラウス・ルドヴィック、マニファクチャラーズチャンピオンはメルセデス・ベンツが獲得した。メルセデスにとって初のDTMタイトルであった。

1992年の参戦チーム・ドライバー編集

チーム 車両 車番 ドライバー 出場ラウンド
Audi Zentrum Reutlingen (AZR) Audi V8 quattro Evolution 01   フランク・ビエラ 1-6
02   フランク・イエリンスキー 1-6
Schmidt Motorsport Technik (SMS) Audi V8 quattro Evolution 044   ハンス=ヨアヒム・スタック 1-6
045   ヒューベルト・ハウプト 1-5
AMG Mercedes 190E 2.5-16 Evo2 03   クラウス・ルドヴィック 全戦
04   ベルント・シュナイダー 全戦
05   エレン・ローア 全戦
06   ケケ・ロズベルグ 全戦
Fina Motorsport BMW M3 Sport Evolution 07   ジョニー・チェコット 全戦
Bigazzi BMW M3 Sport Evolution 09   エマニュエル・ピロ 全戦
010   スティーブ・ソパー 1-10, 12
022   オリビエ・グルイヤール 11
Mass-Schons Mercedes 190E 2.5-16 Evo2 011   ジャック・ラフィット 全戦
012   ヨルグ・ファン・オーメン 全戦
Schnitzer Motorsport BMW M3 Sport Evolution 014   ヨアヒム・ヴィンケルホック 全戦
015   ロベルト・ラヴァーリア 全戦
016   アルフリート・ヘーガー 全戦
Zakspeed Mercedes 190E 2.5-16 Evo2 017   ローランド・アッシュ 全戦
018   クルト・ティーム 全戦
028   "ジョン・ウィンター" 9-12
Linder BMW M3 Sport Evolution 019   アルミン・ハーネ 全戦
020   ワイン・ガードナー 11-12
Unitron Computer BMW M3 Sport Evolution 021   クリス・ニッセン 1-8
Isert BMW M3 Sport Evolution 021   クリス・ニッセン 10, 12
030   レオポルド・プリンツ・フォン・バイエルン 全戦
Irmscher Motorsport Opel Omega 3000 24V Evo500 026   フォルカー・ストレイチェク 6
BAS Mercedes 190E 2.5-16 Evo2 027   アルミン・ベルンハルト 1-7, 9-12
Ruch Motorsport Ford Mustang GT 033   ゲルト・ルッフ 全戦
034   フレッド・ラケル 1-4, 6-7
066   ユルゲン・ルッフ 8, 12
Valier BMW M3 Sport Evolution 035   アレクサンダー・ブルクシュターラー 9
036   フランツ・エングストラー 全戦
MM Motorsport BMW M3 Sport Evolution 037   トーマス・フォン・ロイス 1-4
038   フリッツ・クロイツポイントナー 全戦
057   トーマス・ヴィンケルホック 5
VAC BMW M3 Sport Evolution 040   ヨセフ・ヴェンク 8
Auto Maass BMW M3 Sport Evolution 042   ハラルド・ベッカー 2-12
Tauber BMW M3 Sport Evolution 046   フランツ・デュフター 7, 9
048   ジークフリート・マイヤー 4-5
Bervid BMW M3 Sport Evolution 049   ヴァーツラフ・ベルヴィット 8-12
BMW Schweden BMW M3 Sport Evolution 050   パー・ガンナー・アンダーソン 7, 9
Challenger Ford Mustang GT 051   ユルゲン・フォイヒト 1-2, 4, 9-10, 12
Manthey Racing Mercedes 190E 2.5-16 Evo2 055   オラフ・マンタイ 6, 9-10

1992年の開催スケジュールと勝者編集

開催日 ラウンド レース サーキット 走行距離 優勝ドライバー 車両
4月5日 1 Bergischer Lowe   ゾルダー・サーキット 24 × 4.194 km = 100.656 km
24 × 4.194 km = 100.656 km
  クルト・ティーム
  クルト・ティーム
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
4月19日 2 Eifelrennen   ニュルブルクリンク 22 × 4.542 km = 99.924 km
22 × 4.542 km = 99.924 km
  フランク・ビエラ
  ローランド・アッシュ
Audi V8 quattro DTM Evolution
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
5月3日 3 Flugplatzrennen Wunstorf   ヴンストルフ 22 × 4.542 km = 99.924 km
22 × 4.542 km = 99.924 km
  ヨルグ・ファン・オーメン
  ケケ・ロズベルグ
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
5月10日 4 AVUS-Rennen   アヴス 38 × 2.640 km = 100.032 km
38 × 2.640 km = 100.032 km
  スティーブ・ソパー
 ベルント・シュナイダー
BMW M3 Sport Evolution
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
5月24日 5 Rennsport-Festival   ホッケンハイムリンク 38 × 2.634 km = 100.092 km
38 × 2.634 km = 100.092 km
  エレン・ローア
  ローランド・アッシュ
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
6月18日 6 24 Stunden Nurnberg   ニュルブルクリンク 4 × 25.300 km = 101.200 km
4 × 25.300 km = 101.200 km
  クラウス・ルドヴィック
  クラウス・ルドヴィック
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
6月28日 7 200 Meilen von Nurnberg   ノリスリンク 41 × 2.300 km = 94.300 km
44 × 2.300 km = 101.200 km
  ヨアヒム・ヴィンケルホック
  スティーブ・ソパー
BMW M3 Sport Evolution
BMW M3 Sport Evolution
7月12日 8 Grand Prix Brno   ブルノ・サーキット 19 × 5.394 km = 102,486 km
16 × 5.394 km = 86.304 km
  ジョニー・チェコット
  ジョニー・チェコット
BMW M3 Sport Evolution
BMW M3 Sport Evolution
8月16日 9 Flugplatzrennen Diepholz   ディープホルツ 37 × 2.720 km = 100.640 km
37 × 2.720 km = 100.640 km
  クラウス・ルドヴィック
  クラウス・ルドヴィック
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
9月6日 10 ADAC-Preis Singen   アレマンネンリンク 36 × 2.800 km = 100.800 km
36 × 2.800 km = 100.800 km
 ベルント・シュナイダー
 ベルント・シュナイダー
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
9月20日 11 Groser Preis der Tourenwagen   ニュルブルクリンク 34 × 3.029 km = 102.986 km
34 × 3.029 km = 102.986 km
 ベルント・シュナイダー
  クラウス・ルドヴィック
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
Mercedes-Benz 190E 2.5-16 Evo2
10月11日 12 DMV-Preis Hockenheim   ホッケンハイムリンク 15 × 6.185 km = 102.570 km
15 × 6.185 km = 102.570 km
  ロベルト・ラヴァーリア
  ロベルト・ラヴァーリア
BMW M3 Sport Evolution
BMW M3 Sport Evolution

レース結果とランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

上位25名がポイントを獲得した。1位から10位まで順に 20 - 15 - 12 - 10 - 8 - 6 - 4 - 3 - 2 - 1ポイントが与えられた。

順位 ドライバー ZOL
 
NUR
 
WUN
 
AVU
 
HOC
 
NORD
 
NOR
 
BRU
 
DIE
 
SIN
 
NUR2
 
HOC2
 
ポイント
1   クラウス・ルドヴィック 2 11 7 5 2 3 4 7 Ret 2 1 1 8 12 Ret 4 1 1 Ret 4 4 1 3 Ret 228
2   クルト・ティーム 1 1 4 2 3 5 7 21 Ret 4 5 5 Ret 9 Ret Ret 4 3 2 2 5 Ret 2 Ret 192
3   ベルント・シュナイダー 5 Ret 10 Ret 7 4 3 1 2 Ret 4 4 Ret 4 7 Ret 2 Ret 1 1 1 3 Ret Ret 191
4   ジョニー・チェコット 12 Ret 6 Ret 5 Ret 2 6 9 8 2 2 7 7 1 1 5 5 4 12 3 4 7 2 185
5   ケケ・ロズベルグ 11 Ret 17 8 4 1 12 15 3 Ret 3 3 Ret 18 Ret 2 3 2 Ret 6 2 2 Ret DNS 147
6   ローランド・アッシュ 7 2 5 1 6 Ret Ret 11 5 1 7 6 2 5 5 5 12 10 Ret 11 9 7 6 Ret 143
7   ロベルト・ラヴァーリア 8 4 11 6 19 17 15 Ret 6 3 8 7 5 3 2 3 8 Ret Ret Ret Ret Ret 1 1 134
8   ヨアヒム・ヴィンケルホック Ret 9 9 4 10 Ret 5 Ret 11 7 12 11 1 2 Ret 6 6 9 Ret Ret 7 5 4 3 110
9   スティーブ・ソパー 4 13 Ret 7 23 Ret 1 9 4 5 6 8 4 1 Ret Ret Ret 7 5 7 19 Ret 109
10   ヨルグ・ファン・オーメン 10 5 20 9 1 2 11 5 20 9 10 12 9 10 4 Ret 10 11 3 3 10 9 5 Ret 106
11   エレン・ロール 13 15 19 Ret Ret 9 8 2 1 Ret 13 13 3 6 Ret 7 7 4 8 5 6 6 Ret 6 105
12   エマニュエル・ピロ 6 3 14 3 Ret 16 23 3 10 Ret 21 10 6 8 3 Ret Ret Ret 6 10 Ret 8 9 5 85
13   ジャック・ラフィット 9 14 18 10 8 6 9 4 7 6 11 9 11 11 Ret 13 18 8 10 8 Ret Ret Ret DNS 43
14   アルフリート・ヘーガー Ret 7 8 13 13 8 14 Ret 8 Ret 9 22 10 Ret 8 9 9 6 11 9 8 10 8 Ret 38
15   フランク・ビエラ 3 Ret 1 18 DSQ DSQ Ret 8 21 14 14 15 35
16   フランツ・エングストラー 17 8 15 Ret 14 10 Ret 10 Ret Ret 22 Ret 13 Ret 6 8 13 12 9 Ret 15 11 11 4 26
17   クリス・ニッセン 14 6 13 17 9 7 13 Ret 14 10 Ret DNS 12 13 9 11 7 13 10 7 24
18   ハンス=ヨアヒム・スタック Ret Ret 2 12 11 Ret 6 Ret 19 Ret 23 Ret 21
19   フランク・イェリンスキー 15 Ret 3 11 12 13 Ret DNS Ret 12 Ret Ret 12
20   ハラルド・ベッカー 21 20 17 15 19 13 15 Ret 17 18 17 16 Ret DNS 21 Ret 12 Ret 16 16 Ret 8 3
21   アルミン・ベルンハルト Ret DNS 24 Ret 16 12 21 16 16 Ret 18 20 16 Ret 20 14 Ret 14 19 15 14 9 2
  アルミン・ハーネ Ret 10 16 15 18 Ret 16 Ret 12 Ret Ret 16 14 Ret Ret 10 11 Ret 13 Ret 12 12 12 Ret 2
23   ゲルト・ルッフ 21 DNS Ret Ret 22 Ret 22 20 17 16 20 DNS 20 Ret 11 Ret 19 Ret 15 Ret 17 Ret Ret 10 1
  ヒューベルト・ハウプト 16 Ret 12 14 15 Ret 10 Ret Ret DNS 1
  レオポルド・プリンツ・フォン・バイエルン 18 Ret 25 Ret 20 14 18 14 Ret 13 16 17 Ret 15 10 14 Ret Ret Ret DNS 13 14 15 Ret 1
26   フリッツ・クロイツポイントナー 19 12 22 16 21 11 17 12 13 11 Ret 19 15 Ret 14 12 14 Ret Ret DNS Ret DNS 13 11 0
  オリビエ・グルイヤール 11 13 0
  ヨセフ・ヴェンク 12 16 0
  オラフ・マンタイ 15 14 15 13 DNS DNS 0
  ヴァーツラフ・ベルヴィット 13 15 Ret 18 Ret DNS 18 Ret Ret Ret 0
  "ジョン・ウィンター" 17 17 14 15 Ret DNS 17 Ret 0
  ワイン・ガードナー 14 Ret 16 Ret 0
  パー・ガンナー・アンダーソン 19 14 Ret Ret 0
  フランツ・デュフター 18 17 16 15 0
  ジークフリート・マイヤー 24 18 18 15 0
  アレクサンダー・ブルクシュターラー Ret 16 0
  フレッド・ラケル 20 Ret 26 Ret DNS DNS Ret 17 19 21 Ret Ret 0
  ユルゲン・ルッフ Ret DNS 18 Ret 0
  トーマス・フォン・ロイス Ret DNS 23 19 Ret DNS 20 19 0
  ユルゲン・フォイヒト Ret Ret Ret DNS Ret DNS Ret Ret Ret DNS Ret DNS 0
  フォルカー・ストレイチェク DNS DNS 0
  トーマス・ヴィンケルホック DNS DNS 0
順位 ドライバー ZOL
 
NUR
 
WUN
 
AVU
 
HOC
 
NORD
 
NOR
 
BRU
 
DIE
 
SIN
 
NUR2
 
HOC2
 
ポイント

マニファクチャラー・チャンピオンシップ編集

順位 マニファクチャラー ポイント
1 メルセデス・ベンツ 413
2 BMW 308
3 アウディ 41

各ワークスの動向編集

  • アウディ

1992年のDTMにアウディはSMS、AZRの2チームから4台のクワトロをエントリーさせた。最低重量は2年連続のドライバー・タイトルの獲得により1300kgとされた。これにより戦績が低迷したため、6月になって最低重量は1250kgに緩和された。アウディは1992年仕様のクワトロのエンジンに新設計のクランクシャフトを組み込んでいたが、シーズン中盤になってDTMのレギュレーションを統括するONS(ナショナル・モータースポーツ協会)に違反とされたため、アウディはシーズン途中でDTMから撤退することになった[1]。優勝も4WD車が得意とする雨の中開催された第2戦・ニュルブルクリンクの第1レースでフランク・ビエラが挙げた1勝のみに終わった。

  • メルセデス・ベンツ

1992年のDTMにメルセデス・ベンツはAMG、MS、ザクスピードから8台の190E2.5-16エボリューションIIをエントリーさせた。前年までメルセデス陣営の一角として活躍していたスノーベックはフランス・ツーリングカー選手権に活躍の場を移した。AMGは前年から残留のクラウス・ルドヴィック、エレン・ロールに加えて1982年F1チャンピオンのケケ・ロズベルグ、元F1ドライバーのベルント・シュナイダーを加入させドライバー・ラインナップを充実させた。クルト・ティームはAMGからザクスピードに移籍した。

メルセデスはオフシーズンのマシンの改良が奏功し、全24レース中16レースを制した。ドライバー・タイトルはAMGのルドヴィックとザクスピードのティームの争いとなったが、メルセデスがルドヴィックにタイトルを獲らせるようチームオーダーを出したことでルドヴィックの1988年以来のタイトル獲得が決まった[2]。メルセデスはドライバー・タイトル以外にマニュファクチャラー、チーム(AMG)の両タイトルも獲得した。

AMGの女性ドライバー、エレン・ロールが第5戦・ホッケンハイムの第1レースで女性ドライバーとして初優勝を記録した。

  • BMW

1992年のDTMにBMWはシュニッツァー、FINA、ビガッツィの3チームから6台のM3をエントリーさせた。BMWは体制を縮小させ、リンダ―にはワークスマシンが供給されなくなったが、アルミン・ハーネ、クリス・ニッセンにはワークスからのサポートが行われた。FINAはジョニー・チェコットがスポンサーのFINAと結成した新チームでチェコットのみの1台エントリーで参戦した。エースドライバーのチェコットを失ったシュニッツァーは1989年のDTMチャンピオンで、1990、1991年のイタリア・ツーリングカー選手権チャンピオンのロベルト・ラヴァーリアをDTMに復帰させた。

1992年仕様のM3はメルセデスに対して競争力が劣っていたため、ONSはシーズン中盤になってM3の空力モディファイを認める決定をした[3]。この決定によって競争力の回復したM3は第7戦・ノリスリンク、第8戦・ブルノで4連勝を記録したがメルセデスの優位が覆ることはなかった。

BMW勢の最上位はFINAのジョニー・チェコットで新チーム、タイヤ銘柄の変更(1991年のヨコハマからミシュランに変更)と環境が変化した中で、2勝を挙げ、ランキング4位に入った。

  • オペル

1992年のDTMにオペルは、クラス1仕様のカリブラの開発のためワークスチームを参加させず、エッゲンバーガー、イルムシャー、シューベルの各チームに対して技術、資金のサポートを行った。

スパ24時間、マカオ・ギアレース編集

1991年はDTM規定車の参戦が認められなかったスパ・フランコルシャン24時間レースだが、1992年は再び参戦が認められ、BMWのシュニッツァー、ビガッツィ、イタリアのシビエムの3チームから5台のM3をエントリーさせた。レースは前年優勝した日産スカイラインGT-Rとの戦いとなった。スカイラインGT-Rは1991年より90kg重い1350kgの最低重量が課せられたが、最低重量980kgのM3よりもパワー、スピードとも優り、BMW勢は燃費の良さと信頼性を武器に戦ったがレースではスカイラインGT-Rに対して徐々に差を広げられていった。だがスカイラインGT-RはECUのトラブルで6位にまで後退した後、給油時に火災を起こして撤退し優勝争いはシュニッツァー、ビガッツィの2チームによって争われることになった。

レースはシュニッツァーのエリック・ヴァン・デ・ポール組と、2位のビガッツィのスティーブ・ソーパー組が同一周回で最終盤を迎えた。シュニッツァーは最終スティントでピットストップをせずヴァン・デ・ポールに最後まで走らせることにした。一方ビガッツィはピットストップを行い、タイヤ交換、燃料補給をし、ドライバーもソーパーに交替させて万全の状態でマシンを送り出した。ソーパーは激しく追撃し、ヴァン・デ・ポールをラストラップに抜き去り0秒48差で逆転優勝した[4]

メルセデスとBMWは1991年に続いてマカオグランプリのギア・レースに出場した。メルセデス/AMGは クラウス・ルドヴィックベルント・シュナイダーエレン・ロールケケ・ロズベルグの代役として地元ドライバー、二・アモリムの4台。BMW/シュニッツァーはロベルト・ラヴァーリアエマニュエル・ピロヨアヒム・ヴィンケルホックの3台の他に地元ドライバーにもマシンをレンタルした。

前年、DTM勢に惨敗を喫した長谷見昌弘のスカイラインGT-Rは1991年より50kg重量を軽減され予選タイムを前年より2秒詰めることに成功したが、DTM勢はメルセデスのシュナイダーが,前年ピロが出したポールポジションタイムを5秒近くも縮めてポールポジションを獲得しDTM勢の優位が揺らぐことはなかった[5]

レースはメルセデス勢がアクシデントで崩れ、BMWがピロ、ヴィンケルホック、ラヴァーリアの順で1-2-3フィニッシュを決め、ピロは2年連続でギア・レースを制した。

ニュルブルクリンク24時間レースではDTMクラスから出場したBMWのジョニー・チェコット組が優勝した。

脚注編集

  1. ^ Racing On」 No.125、p.36、ニューズ出版、1992年。
  2. ^ 「Racing On」 No.136,p.79。
  3. ^ 「Racing On」 No.136,p.81。
  4. ^ 「Racing On」 No.128、p.134、ニューズ出版、1992年。
  5. ^ 「Racing On」 No.135、p.28、ニューズ出版、1993年。

参考文献編集

  • 『'92ドイツ・ツーリングカー選手権プレビュー』、「Racing On」 No.120、武集書房、1992年。
  • 『'92ドイツ・ツーリングカー選手権レビュー』、「Racing On」 No.136、ニューズ出版、1993年。

外部リンク編集