1992年のル・マン24時間レース

1992年のル・マン24時間レース
前年: 1991 翌年: 1993

1992年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1992 )は、60回目[1][2]ル・マン24時間レースであり、1992年6月20日[1][2]から6月21日[2]にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

1992年のコース

概要編集

スポーツカー世界選手権(SWC)レースの一環として予定され、そのシリーズ全戦に出場するチームが優先されたが、全戦出場した有力チームはプジョー、トヨタ、マツダくらいのもので出走台数10台前後と寂しいものであり、記念すべき60回大会となるにも関わらずそのままではル・マンのエントリー台数も極めて少ないことが予想された[1]。そのためシリーズレースに出場したチームの車両であれば1990年までのグループC車両の出場を認め、さらにポルシェエンジン搭載車、ヨーロッパ国内選手権に出場している車両の参加が認められた[1]。ただしターボ車は使用可能燃料が従来の2,550リットルから2,140リットルへと大幅に制限された[1]

トヨタ自動車は合計5台の出場となり、ポルシェ車を除けば最多数であった[1]

有力チームだったジャガーメルセデス・ベンツは全くそっぽを向いてしまった[1]

観客動員数は約15万人と最盛期の1/3程度に落ち込んでいたが、地元フランスのチームが最有力候補ということでそれなりの盛り上がりを見せた[1]

C1編集

スポーツカーレースがスプリント化する中でフォーミュラ1に近い仕様となり、加速よりもコーナリングでタイムを稼ぐマシンになった[1]

プジョージャン・トッドの元で耐久テストをこなしてプジョー・905の耐久性を大幅に上げて勝利に自信を持っていた[1]が、この車両が24時間走れるかどうかが注目された。

トヨタ自動車は1991年シーズンを休止した間に新たにじっくり開発していた3,500ccエンジン搭載車、TS010を3台投入した[1]。小型軽量と出力を両立するためにV型10気筒を採用、シャシは従来通りトヨタテクノクラフトが新設計した。

ロータリーエンジンが使用できなくなったマツダはレース活動方針決定が1991年10月にずれ込み、独自新規開発では時間も費用も間に合わないため[1]マツダで独自にチューン[1]したジャッドGV10型V型10気筒エンジンをジャガー・XJR-14の車体に搭載したマツダ・MX-R01を持ち込んだ[1]

日産自動車は出場を考え3,500ccエンジン搭載車、NP35を開発していたが、シリーズ全戦に出場する予算が得られず断念した[1]

C2編集

1990年までのグループCで、シリーズレース出場メーカーのターボ車のカテゴリである[1]

トヨタ自動車サードトラストにターボ車を1台ずつ貸与した[1]

日産自動車はシリーズレースに出場しておらず、このカテゴリでも出場資格はなかった[1]

C3編集

ポルシェ・962C及びポルシェエンジン搭載車のカテゴリである[1]

ターボ車に課せられた使用可能燃料制限のハンディキャップが大きく上位出場が望めなかったため、ポルシェ・962の出場は予想されたより多くなかった[1]

C4編集

ヨーロッパ国内選手権に出場している車両のカテゴリである。

予選編集

プジョーは数年前から使用を認められるようになっていた[1]Tカーを3台持ち込んで積極的にタイムアタックし、2号車が1990年のル・マン24時間レースで日産自動車が記録していたシケイン設置後のコースレコードを塗り替える3分21秒209を記録した[1][2]。2位も1号車のプジョーであった[1][2]

トヨタもTカーを持ち込んだが、プジョーほど徹底したタイムアタックカーではなかった[1]。トヨタ陣営のトップは7号車が3位の3分26秒411で、4位8号車、5位33号車もトヨタが占めた[1]

マツダは決勝レースに備えた走行でタイムを気にしなかったが、それでも1991年のル・マン24時間レースで優勝したクルーが7位となる3分34秒329を記録し、能力の高さを示した[1]

C2ではサードのトヨタ・92CVが3分39秒850で11位、C3ではクレマーのポルシェ・962Cが3分39秒317で8位となった[1]

決勝編集

16時[1]に28台[2]がスタートした[1]。雨は上がったが路面は濡れており、その後も雨が降ったためレースの半分はウェットコースとなったためトラブルが少ないレースとなり、ターボ勢も予想された程には燃費に苦しまなかった[1]

レース開始当初はプジョーの2台が先行した[1]。5周目にマツダに抜かれたものの、電気系統のトラブルでわずかなスローダウンや数分のピットロスはあったがその他にトラブルらしいトラブルはなく、ピット作業にも乱れはなかった[1]

トヨタは前半プジョーとマツダに先行され、遅い車両につっかえているところをプジョーに追突されて両者とも長いピットインを強いられた。

マツダは5周目からトップに立って[1]快調に走り、一時二連覇も期待された[1]がデフロスターの不調による視界不良で逆転され[1]、その後トヨタにも抜かれた[1]

結果編集

14台が完走した[1]

プジョーはデレック・ワーウィック/ヤニック・ダルマス/マーク・ブランデル[2]プジョー・905[2]、1号車[2]、が24時間で352周[2]を走り切って優勝した[1]

トヨタ自動車関谷正徳[1][2]/ピエール=アンリ・ラファネル[1][2]/ケニー・アチソン[1][2]組、チーム・トムスの33号車が2位に入り、トヨタにとっての最高成績となった[1]が、前年マツダが優勝したばかりであり、世間に対するインパクトに欠けた[1]

マツダが短期間でこれまでと全く違うタイプの車両を作成して上位に食い込んだことは高く評価された[1]

順位 クラス 号車 チーム ドライバー シャシ タイヤ 周回数
エンジン
1 C1 1   プジョータルボ・スポール プジョー・905[2]Evo 1B M 352[2]
プジョー・SA35型3.5リットル[1]V型10気筒[1]
2 C1 33[1]   トヨタ・チーム・トムス[1] トヨタ・TS010[2] G 346[2]
トヨタ自動車・RV10型3.5リットル[1]V型10気筒[1]
3 C1 2   プジョータルボ・スポール プジョー・905[2]Evo 1B M 345[2]
プジョー・SA35型3.5リットルV型10気筒
4 C1 5 マツダ・MX-R01[2] M 336[2]
マツダ・MV10型3.5リットルV型10気筒
5 C2 35   トラスト・レーシング トヨタ・92C-V[2] D 336[2]
トヨタ自動車・R36V型3.6リットルV型8気筒ターボ
6 C3 54   クラージュ・コンペティション クーガー・C28LM[2] G 335[2]
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
7 C3 51   クレマーポルシェ・レーシング ポルシェ・962C[2]K6 Y 334[2]
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
8 C1 8   トヨタ・チーム・トムス トヨタ・TS010[2] G 331[2]
トヨタ自動車・RV10型3.5リットルV型10気筒
9 C2 34
トヨタ・92C-V[2] B 321[2]
トヨタ自動車・R36V型3.6リットルV型8気筒ターボ
10 C3 67   オーバーマイヤー・レーシング
  •   オットー・アルテンバッハ[2]
  •   ユルゲン・ラシック[2]
  •   ピエール・イベール[2]
ポルシェ・962C[2] G 297[2]
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
11 C3 52   クレマーポルシェ・レーシング
ポルシェ・962CK6 Y 297
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
12 C3 53   ADAエンジニアリング ポルシェ・962C GTi G 284
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
13 C1 4   ユーロ・レーシング ローラ・T92/10 M 271
ジャッド・GV10型3.5リットルV型10気筒
14 C1 22   チェンバレン・エンジニアリング
  •   フェルディナン=レセップス
  •   リチャード・パイパー
  •   Olindo Iacobelli
スパイス・SE89C G 258
フォードコスワースDFZ型3.5リットルV型8気筒
15
NC
C1 36   チェンバレン・エンジニアリング スパイス・SE89C G 160
フォードコスワースDFZ型3.5リットルV型8気筒
16
NC
C4 66
  •   Eric Bellefroid
  •   Ren Car
  •   ワルテール・ブリューワー
  •   マルク・アレクサンドル
  •   フランク・デヴィータ
オライオン・LM M 78
プジョー・1.9リットル直列4気筒
17
DNF
C1 31   プジョータルボ・スポール プジョー・905Evo 1B M 208
プジョー・SA35型3.5リットルV型10気筒
18
DNF
C1 7   トヨタ・チーム・トムス トヨタ・TS010 G 192
トヨタ自動車・RV10型3.5リットルV型10気筒
19
DNF
C1 21   アクション・フォーミュラ
  •   ルイジ・タヴェルナ
  •   アレッサンドロ・ジーニ
  •   ジョン・シェルドン
スパイス・SE90C G 150
フォードコスワースDFZ型3.5リットルV型8気筒
20
DNF
C3 56   クラージュ・コンペティション
クーガー・C28LM G 142
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
21
DNF
C1 6 マツダ・MX-R01 M 124
マツダ・MV10型3.5リットルV型10気筒
22
DNF
C1 29   チーム・S.C.I.
  •   ラニエーリ・ランダッチョ
  •   ヴィト・ヴェニナータ
  •   ステファノ・セバスティアーニ
Tiga・GC288 G 101
フォードコスワースDFL型3.3リットルV型8気筒
23
DNF
C3 68   エキップ・アルメラス・ショタール
  •   ジャン=マリー・アルメラス
  •   ジャック・アルメラス
  •   マックス・コーエンオリバー
ポルシェ・962C G 85
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
24
DNF
C3 55   クラージュ・コンペティション
  •   パスカル・ファブル
  •   リオネル・ロベール
  •   Marco Brand
クーガー・C28LM G 77
ポルシェ・935型3.2リットル 水平対向6気筒ターボ
25
DNF
C1 3   ユーロ・レーシング
ローラ・T92/10 M 50
ジャッド・GV10型3.5リットルV型10気筒
26
DNF
C4 58   ウェルター・レーシング
  •   パトリック・ゴーニン
  •   Didier Artzet
  •   ピエール・プチ
WR・LM92 M 42
プジョー・1.9リットル直列4気筒
27
DNF
C4 61   ディディエ・ボネ・オートレーシング
  •   ディディエ・ボネ
  •   ジェラール・トランブレイ
  •   ジャック・ユクラン
デボラ・92 P 25
アルファロメオ・3.0リットルV型6気筒
28
DNF
C1 9   ブリティッシュ・レーシング・モータース BRM・P351 G 20
BRM・3.5リットルV型12気筒
DNS C1 30   TDR・スパイス・レーシング スパイス・SE90C ? -
フォードコスワースDFZ型3.5リットルV型8気筒
DNQ C2 60   チーム・MP・レーシング
  •   Marc Pachot
  •   レイモンド・トワルー
  •   ディディエ・カラデック
ALD・C289 M -
プジョーPRV型3.0リットルV型6気筒

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.133-137。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.229。

参考文献編集

  • 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』グランプリ出版 ISBN 4-87687-161-2
  • 『Gr.Cとル・マン』学研 ISBN 978-4-05-604601-4