メインメニューを開く
女性史 > 日本の女性史年表 > 1993年の日本の女性史

1993年の日本の女性史(1993ねんのにほんのじょせいし)は、1993年(平成5年)の日本における女性に関するできごとを時系列的に挙げる。

本項目は歴史研究としての女性史ではなく、日本における女性に関するできごとをある体系に基づいて述べようとするものではない。

この年編集

  • この年、フィリピン人・韓国人等の元慰安婦による日本政府への損害賠償請求裁判が続いたが、いずれも一審・控訴審・上告審を経て原告敗訴に終わった。
    • 7月 日本政府、韓国で元慰安婦から聞き取り調査。8月4日 「従軍慰安婦」問題調査結果発表、日本政府は軍の関与・強制性を認め正式に謝罪
  • 月刊誌『主婦と生活』休刊、『主婦の友』も生活情報誌にリニューアル
  • 労働省セクハラを定義、「相手方に意に反した性的な言動をし、それへの対応によって仕事上の不利益を与えたり、就業環境を悪化させること」
  • 「シングル性調査」(博報堂)、結婚後も自由・自立・ときに自閉を求めるシングル度の高い男女の増加を指摘
  • 香港で求職する日本人OLが増える。日本の会社を退職した30歳前後の女性が多い。

参考文献編集

この年表作成に際して使用した参考文献(出典)については、日本の女性史年表を参照のこと。