メインメニューを開く

1993 FIFA U-17世界選手権は、1993年8月21日から9月4日にかけて日本で開催された17歳以下の世界選手権である。大会は東京名古屋市岐阜市京都市神戸市広島市の6都市で合計32試合が行われ、ナイジェリアが4大会ぶり2度目の優勝を果たした。

1993 FIFA U-17世界選手権
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 1993年8月21日-9月4日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝 ナイジェリアの旗 ナイジェリア (2回目)
準優勝 ガーナの旗 ガーナ
3位 チリの旗 チリ
4位 ポーランドの旗 ポーランド
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 107点
(1試合平均 3.34点)
総入場者数 23,300人
(1試合平均 728人)
得点王 ナイジェリアの旗 ウィルソン・オルマ(6点)
最優秀選手 ガーナの旗 ダニエル・アッド
 < 19911995

また今大会では、スローインに代わる試合再開の方法としてキックインが試験的に導入された。[1]

開催地編集

参加国編集

グループラウンド編集

グループA編集

Teams GP W D L GF GA GD Pts
  ガーナ 3 3 0 0 9 1 8 6
  日本 3 1 1 1 2 2 0 3
  メキシコ 3 1 0 2 4 7 -3 2
  イタリア 3 0 1 2 1 6 -5 1

グループB編集

Teams GP W D L GF GA GD Pts
  ナイジェリア 3 3 0 0 14 0 14 6
  オーストラリア 3 1 1 1 7 4 3 3
  アルゼンチン 3 1 1 1 7 6 1 3
  カナダ 3 0 0 3 0 18 -18 0

グループC編集

Teams GP W D L GF GA GD Pts
  チェコスロバキア 3 2 1 0 7 3 4 5
  アメリカ合衆国 3 1 1 1 8 5 3 3
  コロンビア 3 1 0 2 3 6 -3 2
  カタール 3 1 0 2 3 7 -4 2

グループD編集

Teams GP W D L GF GA GD Pts
  ポーランド 3 2 1 0 8 4 4 5
  チリ 3 1 2 0 7 5 2 4
  チュニジア 3 1 0 2 2 5 -3 2
  中国 3 0 1 2 2 5 -3 1

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月29日 岐阜        
   ナイジェリア 2
9月1日 広島
   日本 1  
   ナイジェリア 2
8月29日 広島
     ポーランド 1  
   ポーランド 3
9月4日 東京
   アメリカ合衆国 1  
   ナイジェリア 2
8月29日 神戸
     ガーナ 1
   ガーナ 1
9月1日 東京
   オーストラリア 0  
   ガーナ 3 3位決定戦
8月29日 京都
     チリ 0  
   チェコスロバキア 1    ポーランド 1
2(PK)
   チリ 4      チリ 1
4(PK)
9月4日 東京

最終結果編集

 FIFA U-17世界選手権1993優勝国 
 
ナイジェリア
4大会ぶり2度目

表彰編集

得点ランキング編集

6得点
  •   ウィルソン・オルマ
5得点

主な出場選手編集

脚注編集

  1. ^ サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1993年7月20日). “No.12 明日のサッカーを占うキックイン”. 2012年4月12日閲覧。