メインメニューを開く

1994年ブラジルグランプリ葡語:1994 Grande Prêmio do Brasil)は1994年のF1世界選手権第1戦として3月27日にアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェで開催された。

ブラジルの旗 1994年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 1994年シーズン第1戦
決勝開催日 1994年3月27日
開催地 アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ
ブラジル サンパウロ
コース長 4.325km
レース距離 71周(307.075km)
決勝日天候 曇りのち晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'15.962
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1'18.455(Lap 7)
決勝順位
優勝
  • ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
    1:35'38.759
2位
3位

目次

概要編集

ブラジルGPがシーズン開幕戦となるのは1989年以来。当時はリオデジャネイロジャカレパグアで開催されており、サンパウロのインテルラゴスでの開幕戦は1976年以来となった。

レギュレーション変更により、1983年以来11年ぶりにレース中の給油作業が解禁された。ピットクルーは耐火服を身につけ、国際自動車連盟 (FIA) 指定の標準給油装置を用いて給油作業を行うことになる。

予選編集

ウィリアムズへの移籍初戦となるアイルトン・セナが、フリー走行・予選全セッションでトップタイムを記録し、母国グランプリでは6回目[1]のポールポジションを獲得。新型フォードZETEC-Rエンジンを得たベネトンミハエル・シューマッハのみがセナのタイムに接近し、開幕戦から2強対決の構図となった。

デビュー戦となるハインツ=ハラルド・フレンツェンはいきなり予選5位を獲得。6位のジャンニ・モルビデリは1年間のブランクを経ての復帰。10位の片山右京はF1参戦3年目で初めて予選トップ10入りした。

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 2   アイルトン・セナ ウィリアムズ-ルノー 1'15.962
2 5   ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード 1'16.290 +0.328
3 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1'17.385 +1.423
4 0   デイモン・ヒル ウィリアムズ-ルノー 1'17.554 +1.592
5 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-メルセデス 1'17.806 +1.844
6 10   ジャンニ・モルビデリ フットワーク-フォード 1'17.866 +1.904
7 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバー-メルセデス 1'17.927 +1.965
8 7   ミカ・ハッキネン マクラーレン-プジョー 1'18.122 +2.160
9 6   ヨス・フェルスタッペン ベネトン-フォード 1'18.183 +2.221
10 3   片山右京 ティレル-ヤマハ 1'18.194 +2.232
11 9   クリスチャン・フィッティパルディ フットワーク-フォード 1'18.204 +2.242
12 4   マーク・ブランデル ティレル-ヤマハ 1'18.246 +2.284
13 20   エリック・コマス ラルース-フォード 1'18.321 +2.359
14 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダン-ハート 1'18.414 +2.452
15 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 1'18.659 +2.697
16 15   エディ・アーバイン ジョーダン-ハート 1'18.751 +2.789
17 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'18.855 +2.893
18 8   マーティン・ブランドル マクラーレン-プジョー 1'18.864 +2.902
19 26   オリビエ・パニス リジェ-ルノー 1'19.304 +3.342
20 25   エリック・ベルナール リジェ-ルノー 1'19.396 +3.434
21 12   ジョニー・ハーバート ロータス-無限ホンダ 1'19.483 +3.521
22 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディ-フォード 1'19.517 +3.555
23 19   オリビエ・ベレッタ ラルース-フォード 1'19.524 +3.562
24 11   ペドロ・ラミー ロータス-無限ホンダ 1'19.975 +4.013
25 34   ベルトラン・ガショー パシフィック-イルモア 1'20.729 +4.767
26 31   デビッド・ブラバム シムテック-フォード 1'21.186 +5.224
DNQ 32   ローランド・ラッツェンバーガー シムテック-フォード 1'22.707 +6.745
DNQ 33   ポール・ベルモンド パシフィック-イルモア No Time
  • DNQ=予選不通過

決勝編集

スタート後の1コーナーではジャン・アレジがミハエル・シューマッハをかわして2位に浮上。2周目の同じ場所でシューマッハが抜き返すが、先頭のアイルトン・セナから4秒差をつけられた。セナ得意の先行逃げ切りパターンになるかと思われたが、シューマッハはじりじりとセナの背後に迫り、この2台がアレジ以下を引き離していった。

トップ2台は1秒以内の接近戦のまま、21周目終わりに同時ピットイン。タイヤ交換と給油作業を終えてコースに復帰したときにはシューマッハ-セナの順に逆転していた。前方が開けたシューマッハは、2位セナとの差を拡げていく。

34周目、裏ストレートエンドで中団グループ4台が絡むマルチクラッシュが発生した。エディ・アーバイン(8位)をイン側から抜こうとしたヨス・フェルスタッペン(9位)に対して、前方にいたエリック・ベルナール(1周遅れ)を追い抜こうとしたアーバインが幅寄せする形になり、芝生に押し出されたフェルスタッペンがコントロールを失ってコースを横断。アーバインとベルナールを巻き込み、さらに前方にいたマーティン・ブランドル(7位)のマシンに乗り上げ、ブランドルの頭上で一回転した。この際、フェルスタッペンのマシンのタイヤがブランドルのヘルメットに接触したが、幸い怪我はなかった。アーバインはこの事故の原因を作ったとみなされ、FIAから1戦出場停止(のちに3戦に延長)と1万ドルの罰金処分を受けた。

44周目、トップから7.8秒差のセナが2回目のピットイン。次の周にはシューマッハもピットインし、ベネトンクルーはウィリアムズよりも1秒速い作業時間でコースへ送り出す。両者の差は9秒台まで拡がった。

その後、セナはペースを上げて差を5秒まで取り返したが、56周目、ホームストレートの登り坂へ続くボックスコーナーの立ち上がりで単独スピンし、マシンを止めた。レース後のインタビューでは、ハードに攻めた末のドライビングミスだったことを認めた[2]

シューマッハは2位以下を周回遅れにしてF1通算3勝目を達成。2位のヒルは1回ストップで3位アレジの前に出た。4位は地元出身のルーベンス・バリチェロ。片山は最初のピットインでタイヤ交換に手間取り13位まで後退したが、しぶとく入賞圏内まで順位を上げ、残り3周でエンジンのパワーダウンに苦しむヴェンドリンガーをかわし、5位フィニッシュでF1初ポイントを獲得した。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 5   ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード 71 1:35'38.759 2 10
2 0   デイモン・ヒル ウィリアムズ-ルノー 70 +1 Lap 4 6
3 27   ジャン・アレジ フェラーリ 70 +1 Lap 3 4
4 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダン-ハート 70 +1 Lap 14 3
5 3   片山右京 ティレル-ヤマハ 69 +2 Laps 10 2
6 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバー-メルセデス 69 +2 Laps 7 1
7 12   ジョニー・ハーバート ロータス-無限ホンダ 69 +2 Laps 21  
8 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ-フォード 69 +2 Laps 15  
9 20   エリック・コマス ラルース-フォード 68 +3 Laps 13  
10 11   ペドロ・ラミー ロータス-無限ホンダ 68 +3 Laps 24  
11 26   オリビエ・パニス リジェ-ルノー 68 +3 Laps 19  
12 31   デビッド・ブラバム シムテック-フォード 67 +4 Laps 26  
Ret 2   アイルトン・セナ ウィリアムズ-ルノー 55 スピン 1  
Ret 8   マーティン・ブランドル マクラーレン-プジョー 34 接触 18  
Ret 15   エディ・アーバイン ジョーダン-ハート 34 接触 16  
Ret 6   ヨス・フェルスタッペン ベネトン-フォード 34 接触 9  
Ret 25   エリック・ベルナール リジェ-ルノー 33 接触 20  
Ret 4   マーク・ブランデル ティレル-ヤマハ 21 スピン 12  
Ret 9   クリスチャン・フィッティパルディ フットワーク-フォード 21 ギアボックス 11  
Ret 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバー-メルセデス 15 スピン 5  
Ret 7   ミカ・ハッキネン マクラーレン-プジョー 13 エンジン 8  
Ret 24   ミケーレ・アルボレート ミナルディ-フォード 7 エンジン 22  
Ret 10   ジャンニ・モルビデリ フットワーク-フォード 5 ギアボックス 6  
Ret 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 5 エンジン 17  
Ret 19   オリビエ・ベレッタ ラルース-フォード 2 接触 23  
Ret 34   ベルトラン・ガショー パシフィック-イルモア 1 接触 25  
DNQ 32   ローランド・ラッツェンバーガー シムテック-フォード        
DNQ 33   ポール・ベルモンド パシフィック-イルモア        
  • ファステストラップ:ミハエル・シューマッハ 1'18.455 (Lap 7)
  • ラップリーダー:アイルトン・セナ (LAP 1 - 21)、ミハエル・シューマッハ (LAP 22 - 71)

ランキング編集

  • ランキング上位5者まで記載

脚注編集

  1. ^ リオデジャネイロ開催で3回(1986年、1988年、1989年)、サンパウロ開催で3回(1990年、1991年、1994年)。
  2. ^ 『F1速報 1994 総集編』、ニューズ出版、1995年、54頁。
FIA F1世界選手権
1994年シーズン
次戦
1994年パシフィックグランプリ
前回開催
1993年ブラジルグランプリ
  ブラジルグランプリ次回開催
1995年ブラジルグランプリ