メインメニューを開く

1995年のワールドシリーズ

1995年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第91回ワールドシリーズ(91st World Series)は、10月21日から28日にかけて計6試合が開催された。その結果、アトランタ・ブレーブスナショナルリーグ)がクリーブランド・インディアンスアメリカンリーグ)を4勝2敗で下し、38年ぶり3回目の優勝を果たした。

1995年のワールドシリーズ
チーム 勝数
アトランタ・ブレーブスNL 4
クリーブランド・インディアンスAL 2
シリーズ情報
試合日程 10月21日–28日
観客動員 6試合合計:28万6385人
1試合平均:04万7731人
MVP トム・グラビン(ATL)
ALCS CLE 4–2 SEA
NLCS ATL 4–0 CIN
殿堂表彰者 ジョン・シャーホルツ(ATL GM)
ボビー・コックス(ATL監督)
トム・グラビン(ATL投手)
チッパー・ジョーンズ(ATL内野手)
グレッグ・マダックス(ATL投手)
ジョン・スモルツ(ATL投手)
エディ・マレー(CLE内野手)
ジム・トーミ(CLE内野手)
チーム情報
アトランタ・ブレーブス(ATL)
シリーズ出場 03年ぶり7回目
GM ジョン・シャーホルツ
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 090勝54敗・勝率.625
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり20万6635.01ドル[1]
クリーブランド・インディアンス(CLE)
シリーズ出場 41年ぶり4回目
GM ジョン・ハート
監督 マイク・ハーグローヴ
シーズン成績 100勝44敗・勝率.694
AL中地区優勝
分配金 選手1人あたり12万1945.90ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 ABC(第1・4・5戦)
NBC(第2・3・6戦)
実況 アル・マイケルズ(ABC)
ボブ・コスタス(NBC)
解説 ジム・パーマーティム・マッカーバー(ABC)
ジョー・モーガンボブ・ユッカー(NBC)
平均視聴率 19.5%(前々年比2.2ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1994 1996 > 

前年のシリーズ選手会ストライキによって中止されたため、シリーズの開催自体が2年ぶりだった。また、それぞれのリーグが東・西2地区制から東・中・西3地区制になり、ワイルドカードおよび地区シリーズが導入されて以来初のワールドシリーズでもある。

両チームの対戦は、1948年以来47年ぶり2回目。ブレーブスは、前回のインディアンスとの対戦時および1914年のシリーズ初優勝時はマサチューセッツ州ボストンを本拠地にしていた。その後ウィスコンシン州ミルウォーキーへ移転して1957年シリーズを制し、さらにジョージア州アトランタへ移転して今回の優勝を迎えた。3本拠地都市それぞれの時代でシリーズ優勝を達成したのはブレーブスが初めて[3]。また、アトランタを本拠地とするチームの優勝は、MLBに限らず北米4大プロスポーツリーグの他競技を含めても今回が初めてである[4]シリーズMVPには、優勝を決めた第6戦で8回無失点と好投するなど、2試合14.0イニングで2勝0敗・防御率1.29という成績を残したブレーブスのトム・グラビンが選出された。

両チームはともに "インディアン・マスコット" を採用しており[注 1]、そのことで一部から人種差別的との非難を受けていた。今シリーズは、民族運動家ヴァーノン・ベルコートが北米4大プロスポーツリーグにおける差別的チーム名の "ビッグ4" と呼ぶうちの2チームの対戦である[注 2][5]。 民族運動家スーザン・ショーン・ハルジョはこの対戦を「悪夢が現実になった」と表現した[6]。今シリーズ開催に際し、球場周辺では抗議活動が行われた。当時ブレーブスの一員だったジョン・スモルツは「ブレーブスがシーズンに100敗するくらい弱かった頃は(抗議活動を)見たことがなかった」と指摘しつつも[注 3]、今シリーズで抗議活動を目の当たりにしたことが問題について考える契機となった、と振り返っている[7]

試合結果編集

1995年のワールドシリーズは10月21日に開幕し、途中に移動日を挟んで8日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 クリーブランド・インディアンス 2-3 アトランタ・ブレーブス フルトン・カウンティ・スタジアム
10月22日(日) 第2戦 クリーブランド・インディアンス 3-4 アトランタ・ブレーブス
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 アトランタ・ブレーブス 6-7x クリーブランド・インディアンス ジェイコブス・フィールド
10月25日(水) 第4戦 アトランタ・ブレーブス 5-2 クリーブランド・インディアンス
10月26日(木) 第5戦 アトランタ・ブレーブス 4-5 クリーブランド・インディアンス
10月27日(金) 移動日
10月28日(土) 第6戦 クリーブランド・インディアンス 0-1 アトランタ・ブレーブス フルトン・カウンティ・スタジアム
優勝:アトランタ・ブレーブス(4勝2敗 / 38年ぶり3度目)

第1戦 10月21日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  試合開始前、ブレーブスのチッパー・ジョーンズが紹介され地元ファンの大歓声を受ける(16秒)
  2回裏、先頭打者フレッド・マグリフが初球をソロ本塁打とし、ブレーブスが1-1の同点に(1分8秒)
  9回表、グレッグ・マダックスがカルロス・バイエガを三邪飛に打ち取り試合終了、ブレーブスが先勝(1分35秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 2 0
アトランタ・ブレーブス 0 1 0 0 0 0 2 0 X 3 3 2
  1. : グレッグ・マダックス(1勝)  : オーレル・ハーシュハイザー(1敗)  
  2. :  ATL – フレッド・マグリフ1号ソロ
  3. 審判:球審…ハリー・ウェンデルステット(NL)、塁審…一塁: ジム・マッキーン(AL)、二塁: ブルース・フローミング(NL)、三塁: ジョン・ハーシュベック(AL)、外審…左翼: フランク・プーリ(NL)、右翼: ジョー・ブリンクマン(AL)
  4. 試合時間: 2時間37分 観客: 5万1876人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
クリーブランド・インディアンス アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 M・グリッソム
2 O・ビスケル 2 M・レムキー
3 C・バイエガ 3 C・ジョーンズ
4 A・ベル 4 F・マグリフ
5 E・マレー 5 D・ジャスティス
6 J・トーミ 6 R・クレスコ
7 M・ラミレス 7 C・オブライエン
8 S・アロマーJr. 8 R・ベリアード
9 O・ハーシュハイザー 9 G・マダックス
先発投手 投球 先発投手 投球
O・ハーシュハイザー G・マダックス

第2戦 10月22日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、チッパー・ジョーンズが今シリーズ初安打となる二塁打を放つ(55秒)
  6回裏、ハビー・ロペスの2点本塁打でブレーブスが勝ち越し(32秒)
  8回表、捕手ロペスが投球後の牽制で一塁走者マニー・ラミレスをアウトに仕留める(59秒)
  9回表、マーク・ウォーラーズがカルロス・バイエガを三飛に打ち取り試合終了、ブレーブスが連勝(1分11秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 0 2 0 0 0 0 1 0 0 3 6 2
アトランタ・ブレーブス 0 0 2 0 0 2 0 0 X 4 8 2
  1. : トム・グラビン(1勝)  : デニス・マルティネス(1敗)  S: マーク・ウォーラーズ(1S)  
  2. :  CLE – エディ・マレー1号2ラン  ATL – ハビー・ロペス1号2ラン
  3. 審判:球審…ジム・マッキーン(AL)、塁審…一塁: ブルース・フローミング(NL)、二塁: ジョン・ハーシュベック(AL)、三塁: フランク・プーリ(NL)、外審…左翼: ジョー・ブリンクマン(AL)、右翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)
  4. 試合時間: 3時間17分 観客: 5万1877人 気温: 65°F(18.3°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
クリーブランド・インディアンス アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 M・グリッソム
2 O・ビスケル 2 M・レムキー
3 C・バイエガ 3 C・ジョーンズ
4 A・ベル 4 F・マグリフ
5 E・マレー 5 D・ジャスティス
6 M・ラミレス 6 R・クレスコ
7 J・トーミ 7 J・ロペス
8 T・ペーニャ 8 R・ベリアード
9 D・マルティネス 9 T・グラビン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マルティネス T・グラビン

第3戦 10月24日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  試合開始前、インディアンスのジム・トーミが紹介され地元ファンの大歓声を受ける(14秒)
  11回裏一死一・二塁、エディ・マレーの中前打でインディアンスがサヨナラ勝ち(1分11秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
アトランタ・ブレーブス 1 0 0 0 0 1 1 3 0 0 0 6 12 1
クリーブランド・インディアンス 2 0 2 0 0 0 1 1 0 0 1x 7 12 2
  1. : ホセ・メサ(1勝)  : アレハンドロ・ペーニャ(1敗)  
  2. :  ATL – フレッド・マグリフ2号ソロ、ライアン・クレスコ1号ソロ
  3. 審判:球審…ブルース・フローミング(NL)、塁審…一塁: ジョン・ハーシュベック(AL)、二塁: フランク・プーリ(NL)、三塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、外審…左翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)、右翼: ジム・マッキーン(AL)
  4. 試合時間: 4時間9分 観客: 4万3584人 気温: 49°F(9.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス クリーブランド・インディアンス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 K・ロフトン
2 L・ポロニア 2 O・ビスケル
3 C・ジョーンズ 3 C・バイエガ
4 F・マグリフ 4 A・ベル
5 D・ジャスティス 5 DH E・マレー
6 DH R・クレスコ 6 J・トーミ
7 J・ロペス 7 M・ラミレス
8 M・レムキー 8 P・ソレント
9 R・ベリアード 9 S・アロマーJr.
先発投手 投球 先発投手 投球
J・スモルツ C・ナギー

第4戦 10月25日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  7回表、ルイス・ポロニアの適時二塁打が右中間を破りブレーブスが1点を勝ち越し(46秒)
  その裏、代打ジム・トーミが今シリーズ初安打となる二塁打を放つ(49秒)
  9回裏、ケニー・ロフトンの右直をデビッド・ジャスティスが背走しながら捕って試合終了、ブレーブスが優勝に王手(37秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 1 3 0 1 5 11 1
クリーブランド・インディアンス 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 6 0
  1. : スティーブ・エイベリー(1勝)  : ケン・ヒル(1敗)  S: ペドロ・ボーボン(1S)  
  2. :  ATL – ライアン・クレスコ2号ソロ  CLE – アルバート・ベル1号ソロ、マニー・ラミレス1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・ハーシュベック(AL)、塁審…一塁: フランク・プーリ(NL)、二塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、三塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、外審…左翼: ジム・マッキーン(AL)、右翼: ブルース・フローミング(NL)
  4. 試合時間: 3時間14分 観客: 4万3578人 気温: 51°F(10.6°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス クリーブランド・インディアンス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 K・ロフトン
2 L・ポロニア 2 O・ビスケル
3 C・ジョーンズ 3 C・バイエガ
4 F・マグリフ 4 A・ベル
5 D・ジャスティス 5 DH E・マレー
6 DH R・クレスコ 6 M・ラミレス
7 J・ロペス 7 H・ペリー
8 M・レムキー 8 A・エスピノーサ
9 R・ベリアード 9 S・アロマーJr.
先発投手 投球 先発投手 投球
S・エイベリー K・ヒル

第5戦 10月26日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  8回表、オーレル・ハーシュハイザーがルイス・ポロニアを空振り三振に仕留めてイニング終了(24秒)
  その裏、ジム・トーミが今シリーズ初本塁打を放ちインディアンスのリードが3点に広がる(1分)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 1 1 0 0 0 2 4 7 0
クリーブランド・インディアンス 2 0 0 0 0 2 0 1 X 5 8 1
  1. : オーレル・ハーシュハイザー(1勝1敗)  : グレッグ・マダックス(1勝1敗)  S: ホセ・メサ(2S)  
  2. :  ATL – ルイス・ポロニア1号ソロ、ライアン・クレスコ3号2ラン  CLE – アルバート・ベル2号2ラン、ジム・トーミ1号ソロ
  3. 審判:球審…フランク・プーリ(NL)、塁審…一塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、二塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、三塁: ジム・マッキーン(AL)、外審…左翼: ブルース・フローミング(NL)、右翼: ジョン・ハーシュベック(AL)
  4. 試合時間: 2時間33分 観客: 4万3595人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス クリーブランド・インディアンス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・グリッソム 1 K・ロフトン
2 L・ポロニア 2 O・ビスケル
3 C・ジョーンズ 3 C・バイエガ
4 F・マグリフ 4 A・ベル
5 D・ジャスティス 5 DH E・マレー
6 DH R・クレスコ 6 J・トーミ
7 M・レムキー 7 M・ラミレス
8 C・オブライエン 8 P・ソレント
9 R・ベリアード 9 S・アロマーJr.
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス O・ハーシュハイザー

第6戦 10月28日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  試合のハイライト(3分2秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
クリーブランド・インディアンス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 6 0
  1. : トム・グラビン(2勝)  : ジム・プール(1敗)  S: マーク・ウォーラーズ(2S)  
  2. :  ATL – デビッド・ジャスティス1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョー・ブリンクマン(AL)、塁審…一塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、二塁: ジム・マッキーン(AL)、三塁: ブルース・フローミング(NL)、外審…左翼: ジョン・ハーシュベック(AL)、右翼: フランク・プーリ(NL)
  4. 試合時間: 3時間1分 観客: 5万1875人 気温: 56°F(13.3°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
クリーブランド・インディアンス アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 M・グリッソム
2 O・ビスケル 2 M・レムキー
3 C・バイエガ 3 C・ジョーンズ
4 A・ベル 4 F・マグリフ
5 E・マレー 5 D・ジャスティス
6 M・ラミレス 6 R・クレスコ
7 J・トーミ 7 J・ロペス
8 T・ペーニャ 8 R・ベリアード
9 D・マルティネス 9 T・グラビン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マルティネス T・グラビン

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 両チームの名称は、いずれもインディアンに由来している。ブレーブスの試合では、トマホーク型の応援グッズを持ったり、あるいは手のひらを開いたりして、インディアン風の音楽に合わせて腕を上下に振る "トマホーク・チョップ" という応援スタイルが1990年代に定着している。インディアンスはインディアン男性の顔をデフォルメしたロゴマーク "ワフー酋長" を1940年代から使用している。
  2. ^ 残りの2チームは、アメリカンフットボールNFLカンザスシティ・チーフスワシントン・レッドスキンズ。当時ベルコートはアメリカインディアン運動の広報担当として、このビッグ4がチーム名を改めない限り活動を続けると宣言している。
  3. ^ スモルツが在籍していた1988年から2008年までの21シーズンで、ブレーブスがシーズン100敗を喫したのは1988年のみである。続く1989年1990年はともに97敗で、1988年から3年連続で地区最下位に沈んだ。1991年に一転してワールドシリーズへ出場してからは、ストライキで打ち切り1994年を除き、2005年まで14季連続で地区優勝を果たした。最後の3年は83敗→78敗→90敗と推移した。

出典編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年11月20日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年11月20日閲覧。
  3. ^ Gordon Edes, Staff Writer, "BRAVO FOR BRAVES - FINALLY," Sun Sentinel, October 29, 1995. 2019年11月20日閲覧。
  4. ^ Murray Chass, "WORLD SERIES '95;Atlanta Finally Enjoys Taste of Series Satisfaction," The New York Times, October 29, 1995. 2019年11月20日閲覧。
  5. ^ "Some call it the World Series of Racism," UPI Archives, October 20, 1995. 2019年11月20日閲覧。
  6. ^ William Gildea, "INDIANS VS. BRAVES IN NAME ONLY," The Washington Post, October 20, 1995. 2019年11月20日閲覧。
  7. ^ Chris Cwik, "John Smoltz sees similarities between Braves protests and Chief Wahoo," Yahoo! Sports, January 30, 2018. 2019年11月20日閲覧。

外部リンク編集