1995年の全日本ツーリングカー選手権

1995年の全日本ツーリングカー選手権
前年: 1994 翌年: 1996

1995年の全日本ツーリングカー選手権JTCC)は、1995年3月11・12日に富士スピードウェイで開幕し、1995年11月4・5日に富士スピードウェイで閉幕した全8大会/全16戦のシリーズである。

前年からの主な変更点編集

マシン編集

トヨタ編集

トヨタは主力マシンを前年度までのコロナから、新型マシンのコロナEXIVにチェンジ。開幕戦からトムスに2台、セルモにも1台EXIVを導入し、次のSUGO大会からは、セルモのもう1台と前年まで、コロナやセレスマリノを使用していた、チームにもEXIV を導入した。

また、前年からカローラで参戦していた、FETチームの見崎清志が鈴鹿大会から新型のカローラをドライブした。 このシーズンは、EXIVがストレートスピードの速さを武器に強さを発揮し、開幕戦から6連勝を達成し、最終戦までチャンピオン争いを繰り広げた。

日産編集

日産は昨年に引き続きプリメーラサニー(開幕戦は欠場)を2台ずつ導入したが、プリメーラ2台のエントリーをハセミモータースポーツホシノインパルからのエントリーに変更した。サニーは美祢大会の第1レースで優勝し、仙台でも表彰台を獲得。プリメーラも鈴鹿と岡山で表彰台に上がり最終戦のインターTECの第1レースでは、2台揃って2位~3位表彰台に上がり、第2レースで優勝。シリーズ3位となった。

ホンダ編集

エントリーリスト編集

No. マシン ドライバー タイヤ
1 ゼント・トヨタエクシヴ   関谷正徳 B
3 ユニシアジェックスプリメーラ   長谷見昌弘 B
5 ジャラーナBPダンロップBMW   眞田睦明(第1-5大会)
  渡辺明(第7大会)
  リチャード・ディーン(第8大会)
D
6 カストロール・ランティス(第1,2,4-8大会)   寺田陽次郎 D
8 FET SPORTS COROLLA   見崎清志 M
9 マツダスピード・ファミリア(第6,7大会)
→マツダスピード・ランティス(第8大会)
  アンドリュー・ギルバート=スコット M
10 BMW318i   スティーブ・ソパー Y

M

11 BPオイル・トランピオシビック(第1大会のみ)   原貴彦 T
12 カルソニックプリメーラ   星野一義 B
13 FINEBOYSウェッズスポーツ   浅野武夫 Y
14 ジャックス シビック   服部尚貴 B
15 PIAA CIVIC VTEC   田中哲也(第1-3大会)
  黒澤琢弥(第4-8大会)
B
16 Castrol無限CIVIC   中子修 B
17 アルファアドバン オペル(第2,3,6-8大会)   金海辰彦 Y
18 エンドレスアドバンBMW   木下みつひろ Y
19 ウェッズスポーツエクシヴ   金石勝智 Y
20 ヤマイチエクスプレス BMW(第8大会のみ)   一ツ山幹雄 Y
21 BP-アドバン318i   一ツ山康(第1,2,4,8大会)
/   一ツ山幹雄(第3,5,7大会)
Y
22 アドバンBMW   茂木和男 Y
25 STP ADVAN セレス(第1-3大会)
→STP ADVAN エクシヴ(第4-8大会)
  影山正美 Y
31 ザナヴィ・サニー(第2-8大会)   飯田章 M
32 ニスモ・カストロールサニー(第2-8大会)   鈴木利男 B
33(第1大会)
→51(第2-8大会)
BPオイル・トランピオコロナ(第1大会)
→BPオイル・トランピオエクシブ(第2-8大会)
  本山哲 T
35 オートテックBMW318i   中谷明彦 B
37 エッソトーネン・トヨタエクシヴ   ミハエル・クルム M
38 デンソーコロナ(第1大会)
→デンソーEXIV(第2-8大会)
  光貞秀俊 B
39 デンソーEXIV   トム・クリステンセン B
47 上野アメ横センターランティス(第1,2,4-8大会)   小林 正吾 Y
50 5ZIGEN CIVIC(第2-8大会)   岡田秀樹 Y
55 UNICORSE155(第4,6,8大会)   桧井保孝(第4大会)
  ジャンバティスタ・ブージ(第6大会)
  ジョルジョ・フランチア(第8大会)
D
65 KOSEI・MONDEO(第7,8大会)   和田久 D
68 DoCoMo COROLLA   福山英朗(第1,2,4大会)
/   山本将之(第3,5-8大会)
D
73 BMW318i   L-P-V・バイエルン(第2-4大会)
/   ヨアヒム・ヴィンケルホック(第1,5,7,8大会)
Y

M

74 BMW318i(第8大会のみ)   ピーター・コックス M
77 GATHERS CIVIC   清水和夫 M
86 HKS オペルベクトラ   ジャスティン・ベル M
87 HKS オペルベクトラ   アンソニー・レイド(第1-6大会)
  フィリップ・ペーター(第8大会)
M
100 ADVAN 圭市 CIVIC(第2-8大会)   土屋圭市 Y

タイヤ= BブリヂストンMミシュランYヨコハマDダンロップTトーヨータイヤ

スケジュール及び勝者編集

大会 ラウンド 開催日 開催サーキット レース周回 勝者
第1大会 第1戦 3月11日〜12日 富士スピードウェイ 21周 トム・クリステンセン
第2戦 トム・クリステンセン
第2大会 第3戦 5月13日〜14日 スポーツランドSUGO 27周 関谷正徳
第4戦 関谷正徳
第3大会 第5戦 6月10日〜11日 十勝インターナショナルスピードウェイ 27周 トム・クリステンセン
第6戦 ミハエル・クルム
第4大会 第7戦 7月1日〜2日 鈴鹿サーキット(東コース) 41周 アンソニー・レイド
第8戦 スティーブ・ソパー
第5大会 第9戦 7月22日〜23日 MINEサーキット 31周 飯田章
第10戦 アンソニー・レイド
第6大会 第11戦 8月5日〜6日 TIサーキット英田 25周 関谷正徳
第12戦 アンソニー・レイド
第7大会 第13戦 10月7日〜8日 仙台ハイランドレースウェイ 25周 ヨアヒム・ヴィンケルホック
第14戦 スティーブ・ソパー
第8大会 第15戦 11月4〜5日 富士スピードウェイ 21周 スティーブ・ソパー
第16戦 星野一義

シリーズポイントランキング編集

ドライバー部門編集

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 第11戦 第12戦 第13戦 第14戦 第15戦 第16戦 合計得点 有効得点
1 10 スティーブ・ソパー 1 6 7 7 9 9 12 15 2 12 9 2 9 15 15 12 142 124
2 1 関谷正徳 9 12 15 15 12 7 6 7 9 15 9 7 6 129 117
3 12 星野一義 5 5 5 9 12 12 12 5 6 12 15 98 98
4 87 アンソニー・レイド 12 9 3 15 9 3 15 6 15 - - - - 87 87
5 39 トム・クリステンセン 15 15 6 15 3 9 7 5 7 82 82
6 31 飯田章 - - - 1 4 5 15 4 5 7 12 9 5 67 67
7 38 光貞秀俊 5 12 4 12 7 6 5 6 57 57
8 37 ミハエル・クルム - 12 7 15 5 7 4 2 52 51
9 73 ヨアヒム・ヴィンケルホック 4 - - - - - - 6 - - 15 12 4 41 41
10 25 影山正美 7 - 2 2 6 1 7 9 34 34
11 86 ジャスティン・ベル 4 1 4 5 6 7 4 1 32 32
12 35 中谷明彦 6 6 3 4 7 - 2 3 31 31
13 16 中子修 9 9 3 2 4 - 1 28 28
14 18 木下みつひろ 6 7 1 5 5 3 27 27
15 14 服部尚樹 3 4 12 1 4 2 26 26
16 3 長谷見昌弘 4 3 9 3 19 19
17 32 鈴木利男 - 5 4 3 4 16 16
18 15 黒沢琢弥 - - - - - - - 6 3 2 11 11
19 33/51 本山哲 3 6 9 9
20 73 L-P-V・バイエルン - - 2 2 2 2 - - - - - - - - 8 8
21 100 土屋圭市 - - 2 5 7 7
22 15 田中哲也 2 1 3 - - - - - - - - - - 6 6
23 8 見崎清志 3 1 4 4
24 74 ピーター・コックス - - - - - - - - - - - - - - 3 3 3
24 19 金石勝智 2 1 3 3
26 50 岡田秀樹 - - 1 1 2 2
27 55 ジャンバディスタ・ブージ - - - - - - - - - - 1 - - - - 1 1
27 47 小林正吾 1 - - - 1 1
27 87 フィリップ・ペーター - - - - - - - - - - - - - - 1 1 1

チーム部門編集

脚注編集