メインメニューを開く

1995年の千葉ロッテマリーンズ

1995年の千葉ロッテマリーンズ(1995ねんのちばロッテマリーンズ)では、1995年の千葉ロッテマリーンズにおける動向をまとめる。

1995年の千葉ロッテマリーンズ
成績
パシフィック・リーグ2位
69勝58敗3分 勝率.543[1]
本拠地
都市 千葉県千葉市美浜区
球場
千葉マリンスタジアム
Chiba Marine Stadium Complete View.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 ボビー・バレンタイン
« 1994
1996 »

この年の千葉ロッテマリーンズは、ボビー・バレンタインが1年だけ監督を務めたシーズンである。

概要編集

前年ロッテは最下位を免れたものの、9年連続Bクラスと低迷をしており、この低迷から脱すべく、広岡達朗ゼネラルマネージャーに迎えた。広岡はテキサス・レンジャーズ監督を務めた経験のあるボビー・バレンタインを新監督に招聘し、チームの再建を図った。チームは開幕直後に一時低迷したが、伊良部ヒルマン小宮山園川黒木の先発ローテーションや河本成本のダブルストッパーが定着すると、次第に成績が上昇した。8月には2位に浮上したが、阪神・淡路大震災からの復興を掲げ、「がんばろうKOBE」を合言葉に首位を独走していたオリックスとの差を縮めることはできず、2位でシーズンを終えた。

選手やファンが1985年以来10年ぶりのAクラスにわく一方、巨人型の管理野球を標榜する広岡GMと過度な練習を嫌うバレンタイン監督、および広岡GM子飼いのコーチ陣と監督の確執がシーズン中から報じられ、その確執は最後まで修復することなく、バレンタイン監督はこのシーズンのみで退団することとなった[2]。なお、ロッテは翌年から2004年まで9年連続Bクラスとなり、この年が事実上ロッテは20世紀最後のAクラスとなった。2004年、バレンタインが9年ぶりに再びロッテ監督に就任し、2005年にはレギュラーシーズン2位からチームを日本一に導いた。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 西村徳文
2 平井光親
3 フランコ
4 インカビリア
5 初芝清
6 南渕時高
7 愛甲猛
8 定詰雅彦
9 五十嵐章人
投手 伊良部秀輝
1995年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- オリックス -- オリックス -- オリックス -- オリックス --
2位 ダイエー 1.0 オリックス 2.0 西武 4.5 西武 8.5 ロッテ 14.0 ロッテ 12.0
3位 オリックス 3.5 ダイエー 4.0 ロッテ 12.5 ロッテ 10.5 西武 14.5 西武 12.5
4位 日本ハム 4.0 ロッテ 6.5 ダイエー 13.5 日本ハム 15.5 日本ハム 17.5 日本ハム 22.0
5位 近鉄 6.0 近鉄 7.0 近鉄 14.5 ダイエー 17.5 ダイエー 22.0 ダイエー 26.5
6位 ロッテ 6.5 日本ハム 7.5 日本ハム 16.0 近鉄 20.0 近鉄 31.0 近鉄 32.0

[3]

1995年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 オリックス・ブルーウェーブ 82 47 1 .636 -
2位 千葉ロッテマリーンズ 69 58 3 .543 12.0
3位 西武ライオンズ 67 57 6 .540 12.5
4位 日本ハムファイターズ 59 68 3 .465 22.0
5位 福岡ダイエーホークス 54 72 4 .429 26.5
6位 近鉄バファローズ 49 78 3 .386 32.0

オールスターゲーム1995編集

ポジション 名前 選出
回数
投手 伊良部秀輝 2
小宮山悟 3
成本年秀
内野手 堀幸一
初芝清 2
フランコ
  • 太字はファン投票による選出。

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
初芝清 打点王 80打点 初受賞
伊良部秀輝 最優秀防御率 2.53 初受賞
最多奪三振 239個 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
伊良部秀輝 投手 2年連続2度目
フランコ 一塁手 初受賞
初芝清 三塁手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
フランコ 一塁手 初受賞

ドラフト編集

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 澤井良輔 内野手 銚子商業高 入団
2位 薮田安彦 投手 新日本製鐵広畑 入団
3位 飯田雅司 投手 敦賀気比高 入団
4位 早川健一郎 外野手 日産自動車 入団
5位 松本尚樹 内野手 住友金属 入団
6位 末広五大 内野手 熊本工大高 入団
7位 天野勇剛 投手 仙台育英学園高 入団
8位 大橋晋也 捕手 駒澤大学 拒否・トヨタ自動車入社

出典編集