1995年トランス・サービス・エアリフト機墜落事故

1995年トランス・サービス・エアリフト機墜落事故(1995ねんトランス・サービス・エアリフトきついらくじこ)は、1995年12月18日に発生した航空事故である。ヌジリ国際空港からアンゴラ(場所は不明)へ向かっていたトランス・サービス・エアリフト機(ロッキード L-188 エレクトラ)がルンダ・ノルテ州カウングラ英語版付近に墜落し、乗員乗客144人中141人が死亡した[1]

トランス・サービス・エアリフト 9Q-CRR
1984年10月に撮影された事故機(エア・パラグアイ英語版での運用中)
事故の概要
日付 1995年12月18日
概要 過積載による制御不能
現場 アンゴラの旗 アンゴラ ルンダ・ノルテ州 カウングラ英語版付近
乗客数 139
乗員数 5
負傷者数 3
死者数 141
生存者数 3
機種 ロッキード L-188 エレクトラ
運用者 コンゴ民主共和国の旗 トランス・サービス・エアリフト英語版
機体記号 9Q-CRR
出発地 コンゴ民主共和国の旗 ヌジリ国際空港
目的地 アンゴラの旗 不明
テンプレートを表示

事故機

編集

事故機のロッキード L-188 エレクトラ(9Q-CRR)は製造番号1080として製造され、1959年8月13日に初飛行した[1]。当初の機体記号はN5539であり、同年8月28日にアメリカイースタン航空が納入して9月9日には耐空証明書が発行された[2]。1968年12月15日にはパラグアイリニアス・アエリアス・パラグアイ英語版が同機を取得し、機体記号がZP-CBZに変更された。その後、1994年2月18日に同機の所有者がザイールのNew ACSとなり、同年末にはヌジリ国際空港を拠点とするトランス・サービス・エアリフト英語版へと所有権が移った。この時点で機体記号は9Q-CRRとなっていた[3]

事故の経緯

編集

1995年12月18日、乗員5人・乗客139人を乗せた事故機はコンゴ民主共和国ヌジリ国際空港を離陸したのち、ルンダ・ノルテ州カウングラ英語版付近に墜落した[4]。事故現場からは副操縦士と乗客4人が救出されて治療のためキンシャサへと運ばれ、重度の火傷を負っていた4人の乗客はンガリエマ英語版の集中治療センターに搬送された[5]。その後、搬送された4人の乗客の内2人が死亡し最終的な死者数は141人となった。この事故はアンゴラ最悪の航空事故となっている[1]

事故原因

編集

事故機は99人乗りとして設計されていたが、実際は5人の乗員と139人の乗客が搭乗しており過積載となっていた[5]。これにより機体は制御不能になったと推測されている。また、機体後部の貨物室で荷物が移動したことも原因の一つであると考えられている[4]

事故後

編集

事故直後、UNITAは事故機が難民(主に女性と子供)を運ぶために運用されていたと主張した。難民は干ばつに見舞われたジャンバ英語版地域からアンゴラ国内の他の地域へと向かっていたというが、事故機はヌジリ国際空港からわずか3マイルの地点に墜落した。これに対してザイールの運輸大臣は、事故機はザイールのキンシャサからの便であり、アンゴラのダイヤモンド鉱山に人々を運んでいたと述べた。事故機が墜落したのがザイールの北部でジャンバは南部に位置するという事実もUNITAによる主張と矛盾する[6]

脚注

編集
  1. ^ a b c 事故詳細 - Aviation Safety Network
  2. ^ N5539”. FAA REGISTRY. 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月7日閲覧。
  3. ^ ProductionList”. 2011年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月7日閲覧。
  4. ^ a b ACCIDENT DETAILS”. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月7日閲覧。
  5. ^ a b 139 People Are Killed in Crash Of Zaire-Based Plane in Angola”. The New York Times (1995年12月20日). 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月7日閲覧。
  6. ^ Refugees Died In Plane Crash, Angola Rebels Say”. Chicago Tribune (1995年12月21日). 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月7日閲覧。