メインメニューを開く
共和国議会議事堂(サン・ベント宮殿

1995年ポルトガル議会選挙(1995ねんぽるとがるぎかいせんきょ、ポルトガル語:Eleições legislativas portuguesas de 1995)は、ポルトガル共和国立法府である共和国議会(Assembleia da República)を構成する議員を選出するため、1995年10月1日に行われた選挙である。

概要編集

共和国議会議員の任期満了に伴って行われた選挙で、ポルトガル第三共和政では8回目の選挙となった。

選挙制度編集

  • 議会定数:230議席
  • 議員任期:4年(但し、議会が解散された場合は任期満了前に議員資格を失う)
  • 選挙制度[1]比例代表制(拘束名簿式)
    • 有権者は政党に投票
    • 選挙区毎にドント式で各政党に比例配分
    • 議席阻止条項は無し
  • 選挙区[2]:22選挙区(2~48名)
  • 有権者:選挙権と被選挙権は共に18歳以上のポルトガル国民

選挙結果編集

党派別の得票と議席数
党派 得票数 得票率[4] 議席数
社会党(PS) 2,583,755 43,76 112
社会民主党(PPD/PSD) 2,014,589 34,12 88
民主社会中道・人民党(CDS-PP) 534,470 9,05 15
統一民主同盟[5](CDU) 506,157 8,57 15
その他の政党[6] 152,790 2.58 0
白票 45,793 0.78
無効票 67,300 1.14
合計 5,904,854 250
男性当選者 (200)
女性当選者 (30)

開票の結果、全国でまんべんなく得票を重ねたPSが与党PSDを30議席以上も上回って第一党となった。この結果、1985年に政権を失って以来PSは10年ぶりに政権に返り咲くことになった。PSの勝因としては、①10年に及ぶPSDによる長期政権で国民が変化を望んでいたこと、②PSD政権の緊縮財政政策による景気回復の遅れ、③PSD政権が抜本的な失業対策に欠けていた。―などが挙げられている[7]。10月12日、ソアレス大統領は、PS書記長であるアントニオ・グテーレスを正式に首相に指名し、10年間に及ぶPSD政権にピリオドが打たれた。

選挙結果とは直接の関係はないが、ソウルオリンピック女子マラソンの金メダリストであるロザ・モタがPSから出馬して当選を果たしている[8]

脚注編集

  1. ^ 国立国会図書館政治議会課憲法室 三輪和宏 「諸外国の下院の選挙制度-資料-」(PDF)国立国会図書館
  2. ^ 2005年10月14日 CLAIR REPORT NO274『ポルトガルの地方自治』(PDF自治体国際化協会。4~5頁
  3. ^ CNE Assembleia da República - 01/10/1995 Resultados Nacionais
  4. ^ 各政党の得票率は有効得票と白票・無効票を合計したものを100として計算したものである。
  5. ^ ポルトガル共産党(PCP)と緑の党(PEV)による選挙連合。
  6. ^ 名簿を提出したが、議席を得る事ができなかった政党や候補者連合は9つである。
  7. ^ 「社会党、政権を奪回 ポルトガル総選挙 10年ぶりに第一党」朝日新聞1995年10月2日付夕刊2面
  8. ^ 「モタさんにも当選の"バラ" ポルトガル総選挙 マラソン女王、国会へ」朝日新聞1995年10月3日付9面国際
上記外部リンクはいずれも2010年1月13日閲覧

参考文献編集