メインメニューを開く

1995年日本グランプリ (4輪)

1995年日本グランプリ (1995 Japanese Grand Prix) は1995年のF1世界選手権第16戦として10月29日に鈴鹿サーキットで決勝レースが開催された[1]

日本の旗 1995年日本グランプリ
レース詳細
Suzuka 1992 2003.svg
日程 1995年シーズン第16戦
決勝開催日 10月29日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 三重県 鈴鹿市
コース長 5.86403km
レース距離 53周(310.79359km)
決勝日天候 雨のち晴れ
(ウェット、ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'38.023
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1'42.976(Lap 33) 
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

1月に発生した阪神・淡路大震災の影響で、4月に予定されていたパシフィックGPが前週の10月22日に日程変更されたため、この年の日本GPは同一国での2週連続F1開催という珍しいケースになった。パシフィックGPの終了後、F1サーカス一行は岡山県TIサーキット英田から三重県の鈴鹿サーキットへ移動した。

パシフィックGPでミハエル・シューマッハの2年連続ドライバーズチャンピオンが決定しており、日本GPではベネトンウィリアムズのコンストラクターズチャンピオン争いが注目された。ベネトンはウィリアムズを21ポイントリードしており、ここでシューマッハが優勝すればベネトンの初タイトルが決定する。

予選編集

シューマッハが第6戦カナダGP以来となるポールポジションを獲得し、ウィリアムズのデビッド・クルサードの5戦連続ポールポジションを阻んだ。虫垂炎の手術のため前戦を欠場したマクラーレンミカ・ハッキネンが3番グリッドを獲得した。

予選2回目、リジェ鈴木亜久里がタイムアタック中にS字コーナー入口でスピンし、後ろ向きでバリアに激突。鈴木は背中を強打して病院へ搬送され、決勝は不出場となった。1988年にF1デビューし、1990年には3位表彰台を獲得した想い出の日本GPが、鈴木にとって最後のF1レースとなった。

マクラーレンのマーク・ブランデルは金曜・土曜ともクラッシュしてマシンを壊し、予選最後尾グリッドとなった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 1回目 2回目
1 1   ミハエル・シューマッハ ベネトン-ルノー 1:38.428 1:38.023
2 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1:39.127 1:38.888 +0.865
3 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1:39.127 1:38.954 +0.931
4 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 1:39.032 1:39.158 +1.009
5 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1:40.305 1:39.040 +1.017
6 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 1:39.155 1:39.368 +1.132
7 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 1:40.153 1:39.621 +1.598
8 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 1:40.010 1:40.380 +1.987
9 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー 1:40.349 1:40.391 +2.326
10 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 1:40.381 1:40.413 +2.358
11 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 1:40.838 1:41.081 +2.815
12 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 1:41.355 1:41.637 +3.332
13 25   鈴木亜久里 リジェ無限ホンダ 1:42.561 1:41.592 +3.569
14 3   片山右京 ティレルヤマハ 1:41.977 1:42.273 +3.954
15 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 1:42.623 1:42.059 +4.036
16 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーフォード 1:43.634 1:42.912 +4.889
17 23   ペドロ・ラミー ミナルディフォード 1:43.387 1:43.102 +5.079
18 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 1:43.940 1:43.542 +5.519
19 10   井上隆智穂 フットワークハート 1:44.386 1:44.074 +6.051
20 17   アンドレア・モンテルミーニ パシフィックフォード 1:46.869 1:46.097 +8.074
21 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード 1:46.654 1:47.166 +8.631
22 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 1:50.097 1:48.267 +10.244
23 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 1:48.824 1:48.289 +10.266
24 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 16:42.640 no time +15:04.617

[2][3]

決勝編集

展開編集

アレジの熱走編集

前年の日本GPと同じく、決勝はウェットコンディションでのスタートとなった。全車レインタイヤを装着してグリッドに並んだが、スタート時点では雨は上がり、天候も回復に向かっている。

スタートではポールシッターのミハエル・シューマッハ(ベネトン)以下、ジャン・アレジフェラーリ)、ミカ・ハッキネン(マクラーレン)、デイモン・ヒル(ウィリアムズ)が順当に1コーナーを通過した。先頭のシューマッハをアレジが追う展開となるが、3周目にアレジとゲルハルト・ベルガーフライングスタートの判定が下された。フェラーリの2台は前後してピットインし、ピットロードで10秒ストップペナルティを消化した。

コースはレコードライン上が乾き始め、レインタイヤのラップタイムが落ち始める。ペナルティで後退したアレジは7周目にピットインし、いち早くドライタイヤに交換した。アレジは最終コーナーで大スピンを喫するが、すぐさまレインタイヤを上回るタイムを記録。そのタイムを見た他チームも続々とマシンを呼び入れ、タイヤ交換作業を行った。しかし、路面はまだ滑りやすく、13周目にティレル片山右京がダンロップコーナーでクラッシュ。16周目のシケインではジョーダンのチームメイト同士が絡み、ルーベンス・バリチェロがスピンしてリタイアした。20周目のシケインではザウバーハインツ=ハラルド・フレンツェンがジョーダンのエディ・アーバインに追突し、ノーズを壊してピットインした。

アレジは早めの交換が成功して、ペナルティストップのロスを挽回。10周目のシケインでヒルをかわして2位に浮上すると、ファステストラップを連発しながら、トップのシューマッハとの差を1周1秒のペースで縮めていく。両者の差は2秒以内にまで縮まったが、シューマッハもタイヤが温まるとファステストラップを出して応戦する。25周目、ヘアピンを通過したフェラーリ・412T2が白煙を吹き始め、アレジの猛追は無念のリタイアに終わった。

ウィリアムズの失態編集

30周目を過ぎると2回目のタイヤ交換が行われ、上位はシューマッハ、ヒル、クルサード、ハッキネン、ジョニー・ハーバートの順となる。天候は晴れとなり、路面もドライコンディションに回復したが、コース上に撒かれたオイルや砂に乗ってコースアウトするマシンが続出する。

36周目、2位のヒルはスプーンカーブ入口でサンドトラップに飛び出し、フロントウィング交換のためピットインして5位に後退した。40周目、チームメイトのクルサードも同じ箇所でオーバーラン。コースに復帰後、裏ストレートから130Rにむけて減速した際、スプーンカーブで拾った砂利がサイドポッドから噴き出し、それに乗ってクラッシュした。41周目、ヒルにピットレーン制限速度違反のペナルティが下されるが、その周に再びスプーンカーブで砂に乗ってスピンし、リタイアした。ウィリアムズ勢の自滅により、この時点でベネトンのコンストラクターズタイトル初制覇が決定した。

シューマッハはピットイン以外はトップを譲ることなく、独走で日本GP初優勝を果たした。前週のパシフィックGPとあわせて、日本での2連戦を連勝で締めくくった。今季の勝利数は9勝となり、1992年ナイジェル・マンセルが残したシーズン最多勝記録に並んだ。

2位ハッキネン、3位ハーバートまでが表彰台を獲得。以下、アーバイン、オリビエ・パニス(リジェ)、ミカ・サロ(ティレル)までがポイントを獲得し、地元勢では井上隆智穂が12位で完走した。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ ベネトンルノー 53 1:36:52.930 1 10
2 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 53 +19.337 3 6
3 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー 53 +1:23.804 9 4
4 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 53 +1:42.136 7 3
5 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 52 +1 lap 11 2
6 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 52 +1 lap 12 1
7 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 52 +1 lap 23  
8 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 52 +1 lap 8  
9 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 51 +2 laps 17  
10 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーフォード 51 +2 laps 15  
11 23   ペドロ・ラミー ミナルディフォード 51 +2 laps 16  
12 10   井上隆智穂 フットワークハート 51 +2 laps 18  
Ret 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 40 スピン 4  
Ret 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 39 スピン 6  
Ret 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード 32 スピン 20  
Ret 27   ジャン・アレジ フェラーリ 24 ギアボックス 2  
Ret 17   アンドレア・モンテルミーニ パシフィックフォード 23 スピン 19  
Ret 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 16 電気系 5  
Ret 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 15 スピン 10  
Ret 3   片山右京 ティレルヤマハ 12 スピン 13  
Ret 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 6 ドライブシャフト 22  
Ret 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 1 ギアボックス 21  
Ret 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 0 スピン 14  
DNS 25   鈴木亜久里 リジェ無限ホンダ 0 アクシデント    
  • No.25はドライバー負傷のため決勝不出走 (Do Not Start)。

[4][3]

第16戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

  1. ^ a b c Henry, Alan (December 1995) [1995]. “1995 Grands Prix: Japanese Grand Prix”. Autocourse 1995-96. Hazleton Publishing. pp. 222-223. ISBN 1-874557-36-5. 
  2. ^ 1995年F1第16戦日本GP結果”. Everyday F1. 2012年2月14日閲覧。
  3. ^ a b 日本GP 1995”. ESPN F1. 2012年2月14日閲覧。
  4. ^ 1995 Japanese Grand Prix” (英語). Formula1.com. 2012年2月14日閲覧。
前戦
1995年パシフィックグランプリ
FIA F1世界選手権
1995年シーズン
次戦
1995年オーストラリアグランプリ
前回開催
1994年日本グランプリ
  日本グランプリ次回開催
1996年日本グランプリ

座標: 北緯34度50分35秒 東経136度32分26秒 / 北緯34.84306度 東経136.54056度 / 34.84306; 136.54056