1996年中華民国総統選挙

1996年中華民国総統選挙(1996ねんちゅうかみんこくそうとうせんきょ)は、1996年3月23日に行われた中華民国台湾)の第9期中華民国総統選挙。中華民国が遷台してから、史上初めての正副総統の直接民選選挙である。

1996年中華民国総統選挙
中華民国
1990年 ←
1996年3月23日
→ 2000年

投票率 76.04%
  Lee Teng-hui 2004 cropped.jpg Gray - replace this image male.svg
候補者 李登輝 彭明敏
政党 中国国民党 民主進歩党
副大統領候補者 連戦 謝長廷
得票数 5,813,699 2,274,586
得票率 54.0% 21.1%

  Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg
候補者 林洋港 陳履安
政党 無所属 無所属
副大統領候補者 郝柏村 王清峰
得票数 1,603,790 1,074,044
得票率 14.9% 9.9%

ROC 1996 Presidential Election Township level (2).svg


選挙前総統

李登輝
中国国民党

選出総統

李登輝
中国国民党

Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統蔡英文
副総統陳建仁

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

台湾の政党一覧

泛藍 : 無盟
泛緑 : NPP 台連
泛橘 : 民国

両岸関係

台独 • 統一

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

なお以前は総統候補と副総統候補が個別に選挙されていたが、この選挙より正副総統が統一候補となり、同時に投票されるシステムに変更されている。

目次

選挙過程編集

国民党は現職総統の李登輝を総統候補に、当時行政院院長であった連戦を副総統候補者に擁立した。これに対し司法院院長であった林洋港と軍人で元行政院院長だった郝柏村は反発し離党、新党の支持を受け無所属で立候補している、また民進党では彭明敏謝長廷が、更に元監察院院長陳履安と元監察委員の王清峰が無所属で立候補した。

結果は国民党の李登輝が、有効投票数の半数を超える5,813,699票を獲得し勝利した。

台湾有事編集

台湾地区の指導者を台湾地区の住民により決定する総統直接選挙は、台湾の独立に強く反対する中華人民共和国(中国)の反発を招いた。投票を牽制すべく人民解放軍によるミサイル演習を台湾近海で行い、これに対しアメリカ第7艦隊が空母を派遣するなど、両岸関係は一気に緊張した。

これらの武力威嚇に対し台湾では中国に対する反発が強まり、李登輝への票が流れたと分析する傾向もある。

選挙結果編集

政党 候補者 得票数 結果
総統 副総統 得票数 得票率
中国国民党 李登輝 連戦 5,813,699 54.0%   当選
民主進歩党 彭明敏 謝長廷 2,274,586 21.1%
無所属 林洋港 郝柏村 1,603,790 14.9%
無所属 陳履安 王清峰 1,074,044 9.98%

関連項目編集