メインメニューを開く

1996 CONCACAFゴールドカップ (1996 CONCACAF Gold Cup) は、北中米およびカリブ海諸島の国々によって争われる、北中米カリブ海サッカー連盟 (CONCACAF) 主催の、第3回目のCONCACAFゴールドカップである。

この大会は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスサンディエゴアナハイムで開催された。大会の形式は1993年から変更され、参加した9カ国は3カ国ずつ3つのグループに分けられ、各グループ1位の国と、各グループ2位の国のうち成績上位1カ国の、計4カ国が準決勝へ進出する。この大会では、北中米カリブ海サッカー連盟以外の国としてブラジルが招待され、23歳以下の代表チーム (U-23) が出場した。決勝ではメキシコブラジル U-23を2-0で下し、2大会連続2回目の優勝を決めた。

グループラウンド編集

準決勝編集

3位決定戦編集

決勝編集

January 21, 1996
ブラジル   0 – 2   メキシコ
Report ルイス・ガルシア   54分
ブランコ   75分
メモリアル・コロシアム
観客数: 88,155
主審: Ramesh Ramdhan (トリニダード・トバゴ)
 1996 CONCACAFゴールドカップ優勝国 
 
メキシコ
2回目