メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 1997年のJリーグカップ

1997年Jリーグカップ3月8日に開幕し、11月29日迄の日程で行われた大会である。

1997 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 1997年3月8日-11月29日
参加チーム数 20
優勝 鹿島アントラーズ
準優勝 ジュビロ磐田
試合総数 74
ゴール数 222 (1試合平均 3 点)
観客動員数 581,834 (1試合平均 7,863 人)
得点王 バルデス(札幌)
ラデ(市原)
エジウソン(柏)
呂比須ワグネル(平塚)
(8得点)
最優秀選手 ジョルジーニョ(鹿島)
1996
1998
テンプレートを表示

優勝は鹿島アントラーズ(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップの名称で開催された。

レギュレーション編集

1997年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJリーグの17クラブと、JFL所属でJリーグ準会員資格を持つコンサドーレ札幌・ブランメル仙台、ならびにJFL参加予定のサガン鳥栖FCの計20クラブ。
    • サガン鳥栖FCは、直前に解散したJリーグ準会員の鳥栖フューチャーズを実質的に承継するチームであることから、救済措置として特例的に参加を認められたものである。
  • 4チームずつの5グループに分け、各々ホーム&アウェーの総当たり戦を行う。
  • グループリーグの試合形式は90分(延長戦・PK方式は行わない)。
    • 勝者に勝ち点3、敗者は勝ち点0、引き分けは両者に勝ち点1。
    • 前年1996年の大会では同一カードを土曜日と次週水曜日に連戦する変則H&Aで2試合の成績を基として勝ち点を与えていたが、これが複雑でわかりにくい方法だったため、今大会は通常のリーグ戦と同じ要領で1試合ずつの勝ち点制とした。
  • 各グループ1位(計5チーム)と、各グループ2位のうち成績上位3チームの合計8チームが決勝トーナメント進出。
  • 決勝トーナメントは全てホーム&アウェーで行い、2試合の合計点数で勝敗を決める。

グループリーグ編集

グループリーグは3月8日から3月29日迄の日程で行われた。

グループA編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ジェフユナイテッド市原 15 5 0 1 15 5 10
2 清水エスパルス 9 2 3 1 7 6 1
3 ベルマーレ平塚 8 2 2 2 14 10 4
4 ブランメル仙台(準会員) 1 0 1 5 5 20 -15

グループB編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 コンサドーレ札幌(準会員) 9 2 3 1 12 10 2
2 ヴェルディ川崎 9 2 3 1 9 8 1
3 ガンバ大阪 7 2 1 3 10 11 -1
4 横浜マリノス 7 2 1 3 10 12 -2

グループC編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 鹿島アントラーズ 11 3 2 1 16 9 7
2 浦和レッドダイヤモンズ 10 2 4 0 9 3 6
3 セレッソ大阪 8 2 2 2 11 10 1
4 サガン鳥栖FC(JFL) 2 0 2 4 1 15 -14

グループD編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 柏レイソル 11 3 2 1 13 5 8
2 名古屋グランパスエイト 9 2 3 1 10 8 2
3 サンフレッチェ広島 7 2 1 3 8 11 -3
4 ヴィッセル神戸 5 1 2 3 6 13 -7

グループE編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ジュビロ磐田 14 4 2 0 12 6 6
2 横浜フリューゲルス 11 3 2 1 5 3 2
3 京都パープルサンガ 4 1 1 4 5 9 -4
4 アビスパ福岡 3 0 3 3 6 10 -4

各グループ2位の比較編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 横浜フリューゲルス 11 3 2 1 5 3 2
2 浦和レッドダイヤモンズ 10 2 4 0 9 3 6
3 名古屋グランパスエイト 9 2 3 1 10 8 2
4 ヴェルディ川崎 9 2 3 1 9 8 1
5 清水エスパルス 9 2 3 1 7 6 1

決勝トーナメント編集

下表の「チーム #1」が第1戦のホームチーム。延長戦Vゴール方式。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月15日 / 10月18日        
 横浜フリューゲルス 3
11月1日 / 11月8日
 柏レイソル 1  
 横浜フリューゲルス 1
10月15日 / 10月18日
   ジュビロ磐田 (aet) 2  
 浦和レッドダイヤモンズ 2
11月22日 / 11月29日
 ジュビロ磐田 3  
 ジュビロ磐田 2
10月15日 / 10月18日
   鹿島アントラーズ 7
 コンサドーレ札幌 1
11月1日 / 11月8日
 鹿島アントラーズ 9  
 鹿島アントラーズ 1
10月15日 / 10月18日
   名古屋グランパスエイト 0  
 名古屋グランパスエイト 5
 ジェフユナイテッド市原 1  

準々決勝編集

第1戦が10月15日に、第2戦が10月18日に行われた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッドダイヤモンズ 2 - 3 ジュビロ磐田 0 - 0 2 - 3
名古屋グランパスエイト 5 - 1 ジェフユナイテッド市原 4 - 0 1 - 1
コンサドーレ札幌 1 - 9 鹿島アントラーズ 1 - 2 0 - 7
横浜フリューゲルス 3 - 1 柏レイソル 0 - 1 3 - 0

準決勝編集

第1戦が11月1日に、第2戦が11月8日に行われた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
鹿島アントラーズ 1 - 0 名古屋グランパスエイト 1 - 0 0 - 0
横浜フリューゲルス 1 - 2 (aet) ジュビロ磐田 1 - 0 0 - 2 (aet)

決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ジュビロ磐田 2 - 7 鹿島アントラーズ 1 - 2 1 - 5

11月22日
15:03
第1戦
ジュビロ磐田 1 - 2 鹿島アントラーズ
中山雅史   74分 公式記録 秋田豊   33分
ジョルジーニョ   86分
ジュビロ磐田スタジアム
観客数: 10,437人
主審: 太田潔

11月29日
15:04
第2戦
鹿島アントラーズ 5 - 1 ジュビロ磐田
相馬直樹   23分
マジーニョ   28分50分
長谷川祥之   51分
秋田豊   84分
公式記録 清水範久   73分
テレビ中継

表彰編集

  • 大会MVP ジョルジーニョ(鹿島アントラーズ)
  • ニューヒーロー賞 三浦淳宏(横浜フリューゲルス)

関連項目編集