メインメニューを開く

1997年ドイツグランプリ(1997 German Grand Prix)1997年のF1世界選手権第9戦として7月27日にホッケンハイムリンクで開催された。

ドイツの旗 1997年ドイツグランプリ
レース詳細
Circuit Hokenheimring old.png
日程 1997年シーズン第9戦
決勝開催日 1997年7月27日
開催地 ホッケンハイムリンク
ドイツ ホッケンハイム
コース長 6.823km
レース距離 45周(307.035km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'41.873
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'45.747(Lap 9)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

タイトル争いを展開するミハエル・シューマッハジャック・ヴィルヌーヴのわき目に、3戦の欠場から復帰したベネトンゲルハルト・ベルガーとデビュー2年目の新鋭、ジョーダンジャンカルロ・フィジケラによるポールポジション争いが展開され、ベルガーがポールポジション、フィジケラが自身初となるフロントローの2番グリッドを獲得。 タイトル争いの当事者であるシューマッハは結局4番手、ヴィルヌーヴにいたっては9番手に終わってしまった。

結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 8   ゲルハルト・ベルガー ベネトンルノー 1'41.873
2 12   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンプジョー 1'41.896 +0.023
3 9   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1'42.034 +0.161
4 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'42.181 +0.308
5 4   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズルノー 1'42.421 +0.548
6 7   ジャン・アレジ ベネトンルノー 1'42.493 +0.620
7 11   ラルフ・シューマッハ ジョーダンプジョー 1'42.498 +0.625
8 10   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'42.687 +0.814
9 3   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズルノー 1'42.967 +1.094
10 6   エディ・アーバイン フェラーリ 1'43.209 +1.336
11 14   ヤルノ・トゥルーリ プロスト無限ホンダ 1'43.226 +1.353
12 22   ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 1'43.272 +1.399
13 1   デイモン・ヒル アロウズヤマハ 1'43.361 +1.488
14 16   ジョニー・ハーバート ザウバーペトロナス 1'43.660 +1.787
15 23   ヤン・マグヌッセン スチュワートフォード 1'43.927 +2.054
16 2   ペドロ・ディニス アロウズヤマハ 1'44.069 +2.196
17 15   中野信治 プロスト無限ホンダ 1'44.112 +2.239
18 17   ノルベルト・フォンタナ ザウバーペトロナス 1'44.552 +2.679
19 18   ミカ・サロ ティレルフォード 1'45.372 +3.499
20 19   ヨス・フェルスタッペン ティレルフォード 1'45.811 +3.938
21 21   タルソ・マルケス ミナルディハート 1'45.942 +4.069
22 20   片山右京 ミナルディハート 1'46.499 +4.626

決勝編集

展開編集

フォーメーションラップ30分前ににわか雨に見舞われるが、路面は乾いてドライ路面に変わりはなかった。

オープニングラップではエディ・アーバインハインツ=ハラルド・フレンツェンデビッド・クルサードが接触しピットインしたがアーバインとフレンツェンはそのままリタイア、タイトルを争う2人のチームメイトたちが姿を消す展開となった。クルサードもフロントノーズを交換してコースに復帰したものの、直後にマシントラブルに見舞われストップしてしまった。

28周目にヤン・マグヌッセンがエンジンブロー、コース脇にマシンを停めてリタイアとなった。一見単なるマシントラブルのように見えたが、のちに大きくレース結果を左右することになる。

その後もポールポジションからスタートしたベルガーが快走を見せ、2番手のフィジケラが食いついて行く展開になる。ベネトンは2ストップ作戦を、ジョーダンは1ストップ作戦をそれぞれ敢行する。ベルガーが2度目のピットインを終えた34周目、わずかにフィジケラが先行したが、シケインでベルガーが再び抜き返すなど白熱したトップ争いが展開される一方、予選で躓いたヴィルヌーヴはルーキーのヤルノ・トゥルーリをかわそうとしてスピン、グラベルにつかまって手痛い無得点に終わった。

ベルガーは後続との差を徐々に広げていき、フィジケラもベルガーを追撃していく。しかしレースも終盤にさしかかった39周目、マグヌッセンのエンジンの小さな破片を踏んでしまったフィジケラの左リアタイヤがバースト、フィジケラはなんとかピットに戻ってタイヤを交換したもののマシンへのダメージは予想以上に大きく、翌周にふたたびピットに戻ると失意のうちにマシンを降りた。

ベルガーは病み上がりの影響を微塵も感じさせない完璧な走りを見せポールポジションからトップでチェッカー。ファステストラップも記録する完全勝利(ハットトリック)を達成、1年前の同じグランプリで終盤デイモン・ヒル(当時ウィリアムズ)の追撃を受けながら激しいトップ争いを演じるも残り3周でエンジンブローに泣いた無念を晴らした。2位にシューマッハ、3位にはマクラーレンミカ・ハッキネンが入った。4位にはルーキーのトゥルーリが健闘を見せ、5位にも同じくルーキーのラルフ・シューマッハ、6位にベルガーのチームメイトジャン・アレジが入賞を果たした。残り4周でマシンを降りたフィジケラは11位完走扱い。

ベルガーにとってキャリア最後の勝利となり、ベネトンにとっても最後の勝利となった。奇しくもベネトンの初優勝は1986年メキシコグランプリにおいてベルガーにもたらされたものであり、それもまたベルガー自身にとって初優勝であった。

レース後のパレードラップ中、ミハエル・シューマッハはマシンから降りていたフィジケラを見つけ、「タクシー役」を買って出て自分のマシンの搭乗に誘う。フィジケラも誘いに応じてフェラーリマシンにまたがり一緒にピットへ戻った。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 8   ゲルハルト・ベルガー ベネトンルノー 45 1:20'59.046 1 10
2 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 45 +17.527 4 6
3 9   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 45 +24.770 3 4
4 14   ヤルノ・トゥルーリ プロスト無限ホンダ 45 +27.165 11 3
5 11   ラルフ・シューマッハ ジョーダンプジョー 45 +29.995 7 2
6 7   ジャン・アレジ ベネトンルノー 45 +34.717 6 1
7 15   中野信治 プロスト無限ホンダ 45 +1'19.722 17  
8 1   デイモン・ヒル アロウズヤマハ 44 +1 Lap 13  
9 17   ノルベルト・フォンタナ ザウバーペトロナス 44 +1 Lap 18  
10 18   ヨス・フェルスタッペン ティレルフォード 44 +1 Lap 20  
11 12   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンプジョー 40 +5 Laps 2  
Ret 22   ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 33 エンジン 12  
Ret 19   ミカ・サロ ティレルフォード 33 クラッチ 19  
Ret 3   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズルノー 33 スピンアウト 9  
Ret 23   ヤン・マグヌッセン スチュワートフォード 27 エンジン 15  
Ret 20   片山右京 ミナルディハート 23 燃料切れ 22  
Ret 16   ジョニー・ハーバート ザウバーペトロナス 8 アクシデント 14  
Ret 2   ペドロ・ディニス アロウズヤマハ 8 アクシデント 16  
Ret 10   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1 トランスミッション 8  
Ret 4   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズルノー 1 アクシデント 5  
Ret 6   エディ・アーバイン フェラーリ 1 アクシデント 10  
Ret 21   タルソ・マルケス ミナルディハート 0 ギアボックス 21  
前戦
1997年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1997年シーズン
次戦
1997年ハンガリーグランプリ
前回開催
1996年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
1998年ドイツグランプリ