メインメニューを開く

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ピート・サンプラス (優勝、3年ぶり2度目)
  2.   マイケル・チャン (ベスト4)
  3.   ゴラン・イワニセビッチ (ベスト8)
  4.   エフゲニー・カフェルニコフ (試合開始前に棄権)
  5.   トーマス・ムスター (ベスト4)
  6.   ボリス・ベッカー (1回戦)
  7.   トーマス・エンクビスト (4回戦)
  8.   ウェイン・フェレイラ (4回戦)
  9.   マルセロ・リオス (ベスト8)
  10.   アルベルト・コスタ (ベスト8)
  11.   ジム・クーリエ (4回戦)
  12.   マグナス・グスタフソン (2回戦)
  13.   ヤン・シーメリンク (1回戦)
  14.   フェリックス・マンティーリャ (ベスト8)
  15.   ミヒャエル・シュティヒ (2回戦)
  16.   アルベルト・ベラサテギ (3回戦)
  17.   マラビーヤ・ワシントン (4回戦) [第4シード・カフェルニコフが棄権のため繰り上げ]

女子シングルス編集

  マルチナ・ヒンギス def.   マリー・ピエルス 6–2, 6–2

  • ヒンギスがスイス人選手として男女通じて史上初、グランドスラムシングルスオープン化以降最年少となる16歳3ヶ月での優勝を達成した[1]

脚注編集

  1. ^ ROBIN FINN (1997年1月26日). “Power and Poise” (英語)). ニューヨーク・タイムズ. 2013年3月16日閲覧。

外部リンク編集