メインメニューを開く

1998年アジア競技大会における柔道競技

柔道の国際大会

1998年アジア競技大会における柔道競技は1998年12月7日から10日の4日間にわたって、タイのバンコクタンマサート大学で開催された。なお、今大会は男女とも無差別は実施されなかった[1]。              

目次

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   徳野和彦   楊波   ヌルボル・スレイメノフ
  玄承勲
66kg以下級   中村行成   イワン・バグラエフ   エルデネバータル・ウーガンバヤル
 アラシュ・ミレスマイリ
73kg以下級   ハリウニ・ボルドバータル   中村兼三   アンドレイ・シュトゥルバビン
  金大旭
81kg以下級   趙麟徹   クァク・オクチョル   ルシアン・セイルハノフ
  カゼム・サリハニ
90kg以下級   柳盛淵   中村佳央   カモル・ムラドフ
  ダシュゼベグ・プレブスレン
100kg以下級   井上康生   アルメン・バグダサロフ   ファラード・マービ
  朴星根
100kg超級   篠原信一   マフムード・ミラン   オチル・オドゲレル
  藩松

女子編集

階級
48kg以下級   真壁友枝   チャ・ヒョニャン   ヌアンチャン・タングプラパッソーン
  高立娼
52kg以下級   ケー・スンヒ   金恵淑   永井和恵
  李瑩
57kg以下級   ヒシグバット・エルデネットオド   沈君   日下部基栄
  鄭成淑
63kg以下級   王顕波   木本奈美   呉玫玲
  金花守
70kg以下級   林貞淑   天尾美貴   陳秋萍
  宗建鳳
78kg以下級   唐琳   バルバラ・マッシャンギナ   サムブグ・ダシュドゥラム
  姜旼廷
78kg超級   袁華   李暁虹   二宮美穂
  パラダワディー・ペストニェー

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   日本 5 4 3 12
2   中国 3 2 4 9
3   韓国 3 1 6 10
4   モンゴル 2 0 4 6
5   北朝鮮 1 2 0 3
6   カザフスタン 0 2 2 4
7   イラン 0 1 3 4
8   チャイニーズタイペイ 0 1 2 3
  ウズベキスタン 0 1 2 3
10   タイ 0 0 2 2
Total 14 14 28 56

判定を巡って編集

63kg級決勝の木本奈美対中国の王顕波戦では、木本が先に背負投で技ありを取られるが、終了とほぼ同時に払巻込が決まって、一旦は逆転の一本勝ちが宣せられた。しかし、木本の一本は試合終了後の技で無効だと中国側が抗議をすると、王も畳に座り込んでこの判定に抗議の意を示した。これを受けて、すでに畳から降りていた審判団がジュリーとこの試合について協議した結果、逆転の払巻込を時間外の技と判断すると、再び畳に舞い戻ってさきほどの一本を取り消した。この結果、試合は王の勝利ということになってしまった。これに対して日本選手団は、IJF試合審判規定第19条fの6項にある、「一度、主審が試合者に試合の結果を指示したならば、主審と副審が試合場を離れた後には、主審はその判定を変えることができない。主審が間違って、違う試合者に試合の勝ちを指示したときは、2人の副審は、主審と副審が試合場を離れる前に、主審が間違った判定を直させなければならない。主審と副審とによる三者多数決によってなされたすべての動作や判定は、最終的なものであり、抗議は許されない。」という条項に明確に違反する行為であると抗議したものの、結果として受け入れられなかった[2][3]

脚注編集

外部サイト編集