メインメニューを開く

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選は、アジア地区の1998 FIFAワールドカップ・予選である。アジアサッカー連盟(AFC)加盟国間で開催された。本大会への出場枠は3.5。

本大会からアジア最終予選はホーム・アンド・アウェーで実施された。当初は前回同様セントラル方式での開催が予定されていたが、開催地をめぐって対立が起き、お互いに譲り合わなかったため、最終予選開幕直前にホーム・アンド・アウェー方式に変更された。

方式編集

1次予選
参加36チームを3ないし4チームずつ10組に分け、各グループで2回戦総当たりのリーグ戦を実施。各グループ1位のチームが最終予選に進出する。
最終予選
1次予選を勝ち抜いた10チームを5チームずつ2組に分け、各グループで2回戦総当たり(ホーム・アンド・アウェー)のリーグ戦を実施。各グループ1位のチームが本大会出場権を得る。また各グループ2位のチームはアジア地区予選プレーオフに回る。
  • 当初の予定では、中立国において1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各グループの上位2チーム(計4チーム)が決勝トーナメント進出。その決勝トーナメントの上位3チーム(準決勝勝者2チームと3位決定戦勝者1チーム)が本大会出場権を獲得し、4位(準決勝ならびに3位決定戦の敗者)が大陸間プレーオフに回ることになっていた。
アジア地区予選プレーオフ
最終予選の各グループ2位のチーム同士でプレーオフ(中立地で1戦)を行う。勝者は本大会出場権を獲得し、敗者は大陸間プレーオフに出場。
大陸間プレーオフ
アジア地区予選プレーオフ敗者とオセアニア予選1位チームがホーム・アンド・アウェー方式で対戦し、これに勝利したチームが本大会出場権を得る。

1次予選編集

グループ1編集

マレーシアクアラルンプールおよびサウジアラビアジッダでのダブルセントラル方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 16 6 5 1 0 18 1 17
  マレーシア 11 6 3 2 1 5 3 2
  チャイニーズタイペイ 4 6 1 1 4 4 13 -9
  バングラデシュ 3 6 1 0 5 4 14 -10

グループ2編集

シリアダマスカスおよびイランテヘランでのダブルセントラル方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  イラン 16 6 5 1 0 39 3 36
  キルギス 9 5 3 0 2 12 11 1
  シリア 7 5 2 1 2 27 5 22
  モルディブ 0 6 0 0 6 0 59 -59

グループ3編集

バーレーンマナーマおよびアラブ首長国連邦シャールジャでのダブルセントラル方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  アラブ首長国連邦 10 4 3 1 0 7 1 6
  ヨルダン 4 4 1 1 2 4 4 0
  バーレーン 3 4 1 0 3 3 9 -6

グループ4編集

オマーンマスカットおよび日本東京でのダブルセントラル方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  日本 16 6 5 1 0 31 1 30
  オマーン 13 6 4 1 1 14 2 12
  マカオ 4 6 1 1 4 3 28 -25
  ネパール 1 6 0 1 5 2 19 -17

グループ5編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  ウズベキスタン 16 6 5 1 0 20 3 17
  イエメン 8 6 2 2 2 10 7 3
  インドネシア 7 6 1 4 1 11 6 5
  カンボジア 1 6 0 1 5 2 27 -25

グループ6編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  韓国 10 4 3 1 0 9 1 8
  タイ 4 4 1 1 2 5 6 -1
  香港 3 4 1 0 3 3 10 -7

グループ7編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  クウェート 12 4 4 0 0 10 1 9
  レバノン 4 4 1 1 2 4 7 -3
  シンガポール 1 4 0 1 3 2 8 -6

グループ8編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  中国 16 6 5 1 0 13 2 11
  タジキスタン 13 6 4 1 1 15 2 13
  トルクメニスタン 6 6 2 0 4 8 13 -5
  ベトナム 0 6 0 0 6 2 21 -19

グループ9編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  カザフスタン 12 4 4 0 0 15 2 13
  イラク 6 4 2 0 2 14 8 6
  パキスタン 0 4 0 0 4 3 22 -19

グループ10編集

カタールドーハでのセントラル方式により実施(このグループのみ1回戦総当たり)。

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  カタール 9 3 3 0 0 14 0 14
  スリランカ 4 3 1 1 1 4 4 0
  インド 4 3 1 1 1 3 7 -4
  フィリピン 0 3 0 0 3 0 10 -10

最終予選編集

グループA編集

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 14 8 4 2 2 8 6 2
  イラン 12 8 3 3 2 13 8 5
  中国 11 8 3 2 3 11 14 -3
  カタール 10 8 3 1 4 7 10 -3
  クウェート 8 8 2 2 4 7 8 -1

サウジアラビアが予選通過。イランはAFCプレーオフへ。

グループB編集

チーム 勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  韓国 19 8 6 1 1 19 7 12
  日本 13 8 3 4 1 17 9 8
  アラブ首長国連邦 9 8 2 3 3 9 12 -3
  ウズベキスタン 6 8 1 3 4 13 18 -5
  カザフスタン 6 8 1 3 4 7 19 -12

韓国が予選通過。日本はAFCプレーオフへ。

※グループBの日本の一節ごとの詳細な経過についてはジョホールバルの歓喜#背景 - 日本(B組)を参照のこと。

AFCプレーオフ編集

日本が予選通過。イランは大陸間プレーオフへ。

大陸間プレーオフ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 後藤健生『アジアサッカー戦記 フランスW杯への長き道』文藝春秋、1998年2月、41頁。ISBN 4163537600