1 bitの通信とは、伝達している情報を2進数で表しても1桁のみで表現できる通信のことである。特定個人に向けられた通信の中にも、不特定多数に向けられた通信の中にも、1 bitの通信を見い出すことができる。ただ、1 bitであるがために、伝達している内容が一体何であるのか、通常は明確でない。なぜなら、1 bitの通信で表現できるのは、何かの信号が出されているのか、出されていないのかだけだからである。

1 bitの通信の例編集

以下に、理解が容易になるよう、具体例を挙げる。

自動車編集

自動車であればクラクションや、緊急自動車のサイレンなどが1 bitで行われている通信の例である [1] 。 いずれも通信内容は、鳴らしているのか、または、鳴らしていないのかだけの状態なので、1 bitで表現できる。そして、鳴らしている時に、それが一体どのような意味なのか明確でないことが判る。つまり、取り決めがあって初めて意味を成すことがしばしばである。例えば、日本では、緊急自動車の1種に分類される救急車がサイレンを鳴らして一般道を走行していた場合、道路交通法によって一般車両が道を譲るように取り決めが成されているために、不特定多数の一般車両を運転する者は、そのようにするのである。

宇宙探査機編集

宇宙の探査機においてテレメトリのために1 bitの通信が用いられた例が存在する。火星探査機のぞみは、探査機の故障によって、地球からの通信はある程度受信できたのに対して、地球へ送信できるのは現在位置を送信するビーコンのみという状態に陥った。この時、地球からの問い合わせに対して、探査機のぞみはビーコンをオンにするか、オフにするかだけで返答するという運用が行われた。通信内容は、単に電波が出ているのか、または、電波を出していないのかだけの状態なので、1 bitで表現できる。この時、探査機のぞみの管制を行っていた者が決めたルールに従って、探査機のぞみはビーコンをオンにしたり、オフにしたりした。仮にこのビーコンを、探査機のぞみの管制を行っていない者が傍受したところで、電波を受信しただけのことであって、そこから探査機のぞみの管制を行っていた者が一体何を読み取ろうとしていたのかは判らない。つまり、伝達している内容が一体何であるのか明確でないことが判る。

出典編集

  1. ^ Marc Andreessen Defends Yo App - Business Insider”. Business Insider (2014年6月19日). 2015年3月7日閲覧。