2.5次元ミュージカル

2.5次元ミュージカル(2.5じげんミュージカル)は、漫画アニメゲームなどを原作・原案とした舞台芸術(主にミュージカル形式)の一つ[1][2]。なお、「2.5次元ミュージカル」は、一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会が管理する登録商標である。

目次

概要編集

漫画を原作としたミュージカルは宝塚歌劇団による『ベルサイユのばら』がなどがあったが、2000年代以降に登場した2.5次元ミュージカルには既存のミュージカルにはない特徴を有する。

従来のミュージカルではスターシステムにより出演する俳優が人気を左右し、演目も名作の再演が中心で新鮮味に欠けるなど停滞しているという意見があるが[3]、2.5次元ミュージカルは時代を反映した独創的な作品が次々現れ[3]、それぞれの作品にファンが付いている[4]ため、スター俳優が不在でも作品のファンの来場が見込める[5]。無名の新人でも収益が見込めることから若手の登竜門としての側面もある[3]が、それ故に初演時には演技力が低い役者の存在も指摘されている[3]

ビジネスモデルとしては、従来のミュージカルは基本的に上演で完結しており興行収入のみで収益を得ていたのに対し、2.5次元ミュージカルは舞台を収録した映像のパッケージ販売やライブビューイングなど映像の2次利用、関連グッズの販売など、アニメや漫画で一般的なメディアミックスにより収益を上げている[5]

既存のミュージカルでは漫画作品を原作とした時代(1990年代)には、漫画やアニメを好む層が経済力の無い子供であったため従来と同様に役者のファンが中心となっていたが、2010年ごろには大人になり舞台に対しても抵抗が少なくなったファン層が流入したこともヒット要因とされる[3]

名称編集

2次元と称される漫画やアニメに対し、3次元と呼ばれる現実(舞台)の中間という意味で、ファンの間で自然発生的に名付けられたとされている[4][6]

ミュージカル以外の形式もあるため、『2.5次元舞台』という呼称も用いられる[7]

原作編集

原作は漫画やアニメ、ゲームなどエンターテインメント作品であるが、『テニスの王子様』や『弱虫ペダル』など個性のあるキャラクターが多く登場し、女性人気の高い少年漫画が選ばれるという[4]

少女漫画としては『美少女戦士セーラームーン』などがある。

男性向け作品が選ばれることは少なく、『サクラ大戦』、『らき☆すた』、『WORKING!!』、『STEINS;GATE』などがあるものの、数年にわたるロングラン公演となったのは『サクラ大戦』のみであり、多くの作品は2週間程度で終了している。

歴史編集

漫画を原作とした舞台作品は、1966年江利チエミ特別公演として『サザエさん』のミュージカル、1969年に芸術座が「東宝みどりの会第一回公演」として『巨人の星』の舞台劇が上演されている。しかし1960年代までは特殊な演目と見なされており、ロングランにはいたらなかった。1974年には宝塚歌劇団が『ベルサイユのばら』を上演し人気作となっており、これが2.5次元ミュージカルの源流とされる[8]

アニメ原作としてはイマジンミュージカルが『愛少女ポリアンナ物語』(1985年)などを上演し、特に劇団四季ウォルト・ディズニー・カンパニーのアニメを原作としたミュージカル作品を多く上演しているが、あくまで劇団の一演目であった。

1990年代前半から『聖闘士星矢』や『美少女戦士セーラームーン』など、女性に人気の高いエンターテインメント作品がミュージカル化されているが、公演形態は従来のミュージカルと同様であった。

1997年に『サクラ大戦シリーズ』のメディアミックスとして声優が舞台上で担当キャラクターを演じるミュージカルを上演しているが、総合プロデューサーの広井王子は声優のキャスティング段階で舞台公演を視野に入れていたと発言している[9]

2003年4月30日から東京芸術劇場で開催された『テニスの王子様』のミュージカル版『ミュージカル・テニスの王子様』は「キャストは男性のみ」「女性に人気の少年漫画が原作」「多彩なキャラクターによるスポーツ物」という2.5次元ミュージカルで現在主流となる要素が揃い、2.5次元ミュージカルの元祖とされている[誰によって?]。原作のファンにはミュージカルという形態がなじみがないため認知度が低く、初日は座席が3分の1しか埋まらないなど低調なスタートであった[10]。しかし、口コミなどにより徐々に動員数が増加し2017年現在も続くヒットシリーズとなった。集英社ではこの人気を受けて『NARUTO』『BLEACH』『ハイキュー!!』など、『週刊少年ジャンプ』の人気作品を次々にミュージカル化している。他の出版社でも『弱虫ペダル』など女性に人気の高い漫画作品のミュージカル化で追従している。また『戦国BASARA』などゲーム作品のミュージカル化も行われた。

2003年以降は動員数も増加していた[2]が、2014年には宝塚歌劇の100周年記念などの影響でやや減少している[5]

ミュージカル以外編集

ラブライブ!』など出演声優がメディアミックスとして行う音楽イベントや、『ONE PIECE』のスーパー歌舞伎なども2.5次元ミュージカルと関連付けて報道される[5]

バレエ作品では『ドラゴンクエストシリーズ』による『バレエ「ドラゴン・クエスト」』が上演された。

脚注編集

  1. ^ “美穂も賛同!日本漫画原作の舞台を世界へ”. テレ朝news. (2014年3月23日). オリジナル2014年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140324001200/http://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20140323_100.html 2014年3月24日閲覧。 
  2. ^ a b “【AJ2014】『DEATH NOTE』、『NARUTO -ナルト-』のミュージカル化構想も語られた! 『一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会』設立発表レポート!”. アニメイトTV. (2014年3月23日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1395560276 2014年3月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 2.5次元ミュージカルの元祖が語るブームの理由 | 日刊SPA!
  4. ^ a b c “「2.5次元ミュージカル」世界へ 漫画・アニメ原作舞台を「世界標準のエンタメに」”. ITmedia. (2014年5月30日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/30/news105.html 2014年6月23日閲覧。 
  5. ^ a b c d 原作はアニメ…2.5次元ミュージカル急成長 - 日本経済新聞|
  6. ^ 「くらし✧解説」世界発信!2.5次元ミュージカル”. 2014年6月23日閲覧。
  7. ^ 広がり続ける「2.5次元ミュージカル」―年間300本を観た著者の思い | ダ・ヴィンチニュース
  8. ^ 最近よく聞く“2.5次元”、その定義とは? | ORICON NEWS - オリコン
  9. ^ NHK-BS「日曜シアター“山川静夫の新・華麗なる招待席”」、2007年3月放送
  10. ^ 【テニミュ】マジ半端ない! 『テニスの王子様ミュージカル』10年の軌跡と魅力を徹底解剖” (2013年11月10日). 2014年5月14日閲覧。

参考文献編集

  • 2.5次元舞台へようこそ ミュージカル『テニスの王子様』から『刀剣乱舞』へ おーち ようこ (著) 星海社新書 ISBN 978-4061386174

関連項目編集

外部リンク編集