2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2016-2017

2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)  > 2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2016-2017
2016年, 2017年のスポーツ > 2016年, 2017年のサッカー > 2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2016-2017

2. ブンデスリーガ2016-2017 (2016–17 2. Bundesliga)は、第1シーズンが行われて以来、43回目の2. ブンデスリーガである。シュトゥットガルトが2回目の優勝を果たした。

2. ブンデスリーガ
シーズン 2016-2017
優勝 シュトゥットガルト
昇格 シュトゥットガルト
ハノーファー
降格 1860ミュンヘン
ヴュルツブルガー・キッカーズ
カールスルーエ
試合数 306
ゴール数 761 (1試合平均2.49)
得点王 ドイツの旗 シモン・テローデ (25得点)

2015-2016年シーズンの昇格・降格編集

2016-2017年シーズンの2. ブンデスリーガのチーム編集

2016-2017年シーズンの2. ブンデスリーガのクラブ数は前年同様の18。

チーム名 監督 地方 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
ハイデンハイム   フランク・シュミット  バーデン
=ヴュルテンベルク州
ハイデンハイム フォイト・アレーナ 15,000人 (10位)
カールスルーエ   マルク=パトリック・マイスター カールスルーエ ヴィルトパルクシュタディオン 28,762人 ( 7位)
ザントハウゼン   ケナン・コジャク ザントハウゼン ハルトヴァルトシュタディオン 15,300人 (13位)
シュトゥットガルト   ハネス・ヴォルフ シュトゥットガルト メルセデス・ベンツ・アレーナ 60,441人 ★(17位)
1860ミュンヘン   ヴィトール・ペレイラ  バイエルン州 ミュンヘン アリアンツ・アレーナ 75,000人 (15位)
グロイター・フュルト   ラドキ・ヤーノシュ フュルト シュタディオン・アム・ラオベンウェーク 18,000人 ( 9位)
ニュルンベルク   ミヒャエル・ケルナー ニュルンベルク グルンディッヒ・シュタディオン 50,000人 ( 3位)
ヴュルツブルガー・キッカーズ   ベルント・ホラーバッハ ヴュルツブルク フライヤーアラーム・アレーナ 14,500人 ☆( 3位)
ウニオン・ベルリン   イェンス・ケラー  ベルリン ベルリン シュタディオン・アン・デア・
アルテン・フェルステライ
22,012人 ( 6位)
ザンクトパウリ   エヴァルト・リーネン  ハンブルク ハンブルク ミラントア・シュタディオン 29,546人 ( 4位)
ブラウンシュヴァイク   トルステン・リーベルクネヒト  ニーダーザクセン州 ブラウンシュヴァイク アイントラハト・シュタディオン 23,320人 ( 8位)
ハノーファー   アンドレ・ブライテンライター ハノーファー AWDアレーナ 49,000人 ★(18位)
ビーレフェルト   ジェフ・サイベネ  ノルトライン=
ヴェストファーレン州
ビーレフェルト シュコ・アレーナ 26,137人 (12位)
ボーフム   ヘルトヤン・フェルベーク ボーフム レヴィルパワーシュタディオン 29,299人 ( 5位)
デュッセルドルフ   フリートヘルム・フンケル デュッセルドルフ エスプリ・アレーナ 54,600人 (14位)
カイザースラウテルン   ノルベルト・マイヤー  ラインラント=
プファルツ州
カイザースラウテルン フリッツ・ヴァルター・シュタディオン 49,780人 (10位)
ディナモ・ドレスデン   ウーヴェ・ノイハウス  ザクセン州 ドレスデン シュタディオン・ドレスデン 32,066人 ☆( 1位)
エルツゲビルゲ・アウエ   ドミニコ・テデスコ アウエ スパーカッセン・
エルツゲビルグススタディオン
15,711人 ☆( 2位)
★印はブンデスリーガでの成績
☆印は3. リーガでの成績
  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの。

メーカー・スポンサー編集

チーム名 メーカー シャツ スポンサー
1860ミュンヘン Macron フォルクスワーゲン
ビーレフェルト Saller Alpecin
ボーフム ナイキ Booster (ホーム)/Netto (アウェー)
ディナモ・ドレスデン エリマ Feldschlößchen
ブラウンシュヴァイク ナイキ セアト
エルツゲビルゲ・アウエ ナイキ Vereinsmitglieder
デュッセルドルフ プーマ Otelo
グロイター・フュルト ヒュンメル Ergo Direkt
ハノーファー Jako ハインツ・フォン・ハイデン
ハイデンハイム ナイキ Hartmann Gruppe
カイザースラウテルン ウールシュポルト Maxda
カールスルーエ Jako Klaiber Markisen
ニュルンベルク アディダス Wolf-Möbel
ザントハウゼン プーマ Verivox
ザンクトパウリ ヒュンメル Congstar
シュトゥットガルト プーマ メルセデス・ベンツ・バンク
ウニオン・ベルリン Macron Kfzteile24
ヴュルツブルガー・キッカーズ ナイキ Sansibar

監督交代編集

チーム 前監督 備考 退任日 順位 新監督 就任日
カールスルーエ   マルクス・カウチンスキ 辞任 2016年6月30日[1] 開幕前   トーマス・オラル 2016年7月1日[1]
ウニオン・ベルリン   アンドレ・ホーフシュナイダー 暫定監督満了 2016年6月30日[2]   イェンス・ケラー 2016年7月1日[2]
1860ミュンヘン   デニス・ブシュエフ 暫定監督満了 2016年6月30日[3]   コスタ・ルニャイッチ 2016年7月1日[4]
シュトゥットガルト   ユルゲン・クラムニー U23チームの監督就任 2016年6月30日[5]   ヨス・ルフカイ 2016年7月1日[6]
カイザースラウテルン   コンラート・フュンフステュック 解任 2016年6月30日[7]   タイフン・コルクト 2016年7月1日[8]
ビーレフェルト   ノルベルト・マイアー ダルムシュタット監督就任 2016年6月30日[9]   リュディガー・レーム 2016年7月1日[10]
ニュルンベルク   レネ・ヴァイラー アンデルレヒト監督就任 2016年6月30日[11]   アロイス・シュヴァルツ 2016年7月1日[12]
ザントハウゼン   アロイス・シュヴァルツ ニュルンベルク監督就任 2016年6月30日[13]   ケナン・コジャク 2016年7月3日[14]
シュトゥットガルト   ヨス・ルフカイ 退任 2016年9月15日[15] 9位   ハネス・ヴォルフ 2016年9月20日[16]
ビーレフェルト   リュディガー・レーム 解任 2016年10月22日[17] 18位   ユルゲン・クラムニー 2016年11月15日[18]
グロイター・フュルト   シュテファン・ルーテンベック 解任 2016年11月21日[19] 13位   ラドキ・ヤーノシュ[注 1] 2016年11月22日[19]
1860ミュンヘン   コスタ・ルニャイッチ 解任 2016年11月22日[20] 14位   ヴィトール・ペレイラ 2017年1月1日[21]
カールスルーエ   トーマス・オラル 解任 2016年12月4日[22] 15位   ミルコ・スロムカ 2017年1月3日[23]
カイザースラウテルン   タイフン・コルクト 辞任 2016年12月26日[24] 13位   ノルベルト・マイヤー 2017年1月3日[25]
エルツゲビルゲ・アウエ   パヴェル・ドチェフ 辞任 2017年2月8日[26] 18位   ドミニコ・テデスコ 2017年3月8日[27]
ニュルンベルク   アロイス・シュヴァルツ 辞任 2017年3月7日[28] 11位   ミヒャエル・ケルナー 2017年3月7日[28]
ビーレフェルト   ユルゲン・クラムニー 解任 2017年3月14日[29] 18位   ジェフ・サイベネ 2017年3月19日[30]
ハノーファー   ダニエル・シュテンデル 解任 2017年3月20日[31] 4位   アンドレ・ブライテンライター 2017年3月20日[32]
カールスルーエ   ミルコ・スロムカ 解任 2017年4月4日[33] 18位   マルク=パトリック・マイスター 2017年4月4日[33]

スケジュール編集

2016年8月5日に開幕し、2017年5月21日閉幕の全34節・306試合で行われる[34][35]

結果編集

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 シュトゥットガルト (C) (P) 34 21 6 7 63 37 +26 69 ブンデスリーガ 2017-18へ昇格
2 ハノーファー (P) 34 19 10 5 51 32 +19 67
3 ブラウンシュヴァイク 34 19 9 6 50 36 +14 66 入れ替え戦に出場
4 ウニオン・ベルリン 34 18 6 10 51 39 +12 60 2. ブンデスリーガ残留
5 ディナモ・ドレスデン 34 13 11 10 53 46 +7 50
6 ハイデンハイム 34 12 10 12 43 39 +4 46
7 ザンクトパウリ 34 12 9 13 39 35 +4 45
8 グロイター・フュルト 34 12 9 13 33 40 −7 45
9 ボーフム 34 10 14 10 42 47 −5 44
10 ザントハウゼン 34 10 12 12 41 36 +5 42
11 デュッセルドルフ 34 10 12 12 37 39 −2 42
12 ニュルンベルク 34 12 6 16 46 52 −6 42
14 カイザースラウテルン 34 10 11 13 29 33 −4 41
13 エルツゲビルゲ・アウエ 34 10 9 15 37 52 −15 39
15 ビーレフェルト 34 8 13 13 50 54 −4 37
16 1860ミュンヘン (R) 34 10 6 18 37 47 −10 36 入れ替え戦に出場 1
17 ヴュルツブルガー・キッカーズ (R) 34 7 13 14 32 41 −9 34 3. リーガ 2017-2018へ降格
18 カールスルーエ (R) 34 5 10 19 27 56 −29 25

最終更新は2017年5月21日の試合終了時
出典: kicker
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
11860ミュンヘンは、3. リーガでのプレーするためのライセンス料の未払いのペナルティとしてレギオナルリーガへの降格の処分が科せられた[36][37]

戦績表編集

ホーム / アウェー[1] M60 AUE BIE BOC BRS DRE DÜS GRF H96 HEI KAI KAR NUR SAN STP STU UNB WÜR
1860ミュンヘン

6–2

1–0

1–2

0–1

1–0

1–3

2–1

0–2

1–1

1–1

2–1

2–0

1–1

1–2

1–1

1–2

2–1

エルツゲビルゲ・アウエ

3–0

1–1

2–4

0–2

1–4

0–0

0–0

2–2

2–1

1–0

1–0

1–2

2–0

1–0

0–4

1–3

3–1

ビーレフェルト

2–1

2–2

1–0

6–0

1–2

2–1

1–1

3–3

2–1

2–0

0–0

1–3

1–0

1–1

2–3

4–4

0–1

ボーフム

1–0

1–1

1–1

1–1

4–2

1–2

1–0

1–1

2–1

0–0

1–1

5–4

2–2

1–3

1–1

2–1

2–1

ブラウンシュヴァイク

2–1

1–1

3–2

2–0

1–0

2–1

1–0

2–2

3–2

1–0

2–1

6–1

2–1

1–2

1–1

3–1

2–1

ディナモ・ドレスデン

1–2

0–3

1–1

2–2

3–2

1–1

2–1

1–2

2–1

3–3

0–0

1–1

2–0

1–0

5–0

0–0

2–2

デュッセルドルフ

0–1

1–0

4–0

3–0

1–2

0–3

1–1

2–2

0–0

1–1

1–1

0–2

0–3

1–3

1–0

2–2

1–1

グロイター・フュルト

1–0

3–2

2–1

2–1

0–0

1–0

1–0

4–1

0–2

0–1

0–1

1–0

1–1

0–2

1–0

1–2

0–3

ハノーファー

1–0

2–0

2–2

2–1

1–0

0–2

1–0

3–1

3–2

1–0

1–0

1–0

0–0

2–0

1–0

2–0

3–1

ハイデンハイム

2–1

1–0

2–2

0–0

1–1

0–0

2–0

0–2

0–2

3–0

2–1

2–3

2–2

2–0

1–2

3–0

1–2

カイザースラウテルン

1–0

0–0

0–0

3–0

0–1

3–0

0–0

2–0

0–4

1–1

0–0

1–0

3–0

1–2

0–1

1–0

1–0

カールスルーエ

0–0

2–0

3–2

1–1

0–0

3–4

0–3

1–2

2–0

0–1

1–3

0–3

1–3

1–1

1–3

1–2

1–1

ニュルンベルク

1–2

2–1

1–0

0–1

1–1

1–2

2–3

1–2

2–0

1–1

2–1

2–1

1–3

0–2

2–3

2–0

2–2

ザントハウゼン

3–2

2–0

1–3

0–0

0–1

2–0

2–2

1–1

1–1

0–0

2–0

4–0

0–1

3–0

1–2

0–1

0–0

ザンクトパウリ

2–2

1–2

2–1

1–1

0–2

2–0

0–1

1–1

0–0

3–0

0–0

5–0

1–1

0–0

0–1

1–2

1–0

シュトゥットガルト

2–1

3–0

3–1

1–1

2–0

3–3

2–0

4–0

1–2

1–2

2–0

2–0

3–1

2–1

2–1

3–1

4–1

ウニオン・ベルリン

2–0

0–1

3–1

2–1

2–0

2–2

0–1

1–1

2–1

0–1

3–1

4–0

1–0

2–1

2–0

1–1

2–0

ヴュルツブルガー・キッカーズ

2–0

1–1

1–1

2–0

1–1

0–2

0–0

1–1

0–0

0–2

1–1

0–2

1–1

0–1

1–0

3–0

0–1

最終更新は2017年5月21日の試合終了時
出典: kicker(ドイツ語)
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

入れ替え戦編集

試合開始時間は全て現地時間(CEST/UTC+2)。

ブンデスリーガ・2.ブンデスリーガ編集

第1戦編集

ヴォルフスブルク
(ブンデスリーガ 16位)
1 - 0 ブラウンシュヴァイク
(2.ブンデスリーガ 3位)
ゴメス   35分 (pen.) レポート
フォルクスワーゲン・アレーナ, ヴォルフスブルク
観客数: 29,100人
主審: サッシャ・シュテーゲマン
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴォルフスブルク
 
 
 
 
ブラウンシュヴァイク
GK 28   クーン・カステールス
RB 15   クリスティアン・トレーシュ
CB 31   ロビン・クノッヘ
CB 2   フィリップ・ヴォルシャイト
LB 13   ヤニック・ゲルハルト
CM 22   ルイス・グスタヴォ     88分
CM 23   ジョシュア・ギラヴォギ   52分   72分
RW 10   ユヌス・マリ
AM 11   ダニエル・ディダヴィ   83分
LW 9   ポール=ジョルジュ・エンテプ   46分
CF 33   マリオ・ゴメス
サブメンバー
GK 1   ディエゴ・ベナリオ
DF 21   ヤネス・ホーン
MF 8   ヴィエイリーニャ   46分
MF 25   アシュカン・デジャガ   83分
MF 27   マクシミリアン・アルノルト   72分
FW 17   ボルハ・マジョラル
FW 18   ヴィクター・オシムヘン
監督
  アンドリース・ヨンカー
 
GK 16   ヤスミン・フェイジッチ
RB 24   マクシミリアン・ザウアー   43分
CB 3   サウロ・デカルリ
CB 5   グスタフ・ヴァルスヴィク   34分
LB 19   ケン・ライヒェル     14分
CM 10   ミルコ・ボラント
CM 6   クヴィリン・モル   60分
RW 11   ヤン・ホッホシャイト
AM 12   ニク・オムラディッチ
LW 23   オネル・ヘルナンデス
CF 15   クリストファー・ニマン   60分
サブメンバー
GK 1   マルセル・エンゲルハルト
DF 4   ジョセフ・バッフォ
DF 27   ニコ・キイェフスキ
MF 21   パトリック・シェンフェルト   60分
MF 22   サリム・ケリフィ
MF 30   ヘンドリック・ツック   72分
FW 7   ドミ・クンベラ   60分   72分
監督
  トルステン・リーベルクネヒト

第2戦編集

 
 
 
 
 
 
 
ブラウンシュヴァイク
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴォルフスブルク
GK 16   ヤスミン・フェイジッチ
RB 24   マクシミリアン・ザウアー   10分   82分
CB 3   サウロ・デカルリ
CB 5   グスタフ・ヴァルスヴィク
LB 19   ケン・ライヒェル  
CM 21   パトリック・シェンフェルト   56分
CM 10   ミルコ・ボラント
RW 22   サリム・ケリフィ   79分
LW 12   ニク・オムラディッチ
CF 15   クリストファー・ニマン
CF 11   ヤン・ホッホシャイト   56分
サブメンバー
GK 1   マルセル・エンゲルハルト
DF 4   ジョセフ・バッフォ
DF 27   ニコ・キイェフスキ
MF 6   クヴィリン・モル
MF 23   オネル・ヘルナンデス   56分
FW 20   スレイマン・アブドゥラヒ   56分
FW 34   フィリップ・ティーツ   79分
監督
  トルステン・リーベルクネヒト
 
GK 28   クーン・カステールス
RB 15   クリスティアン・トレーシュ
CB 31   ロビン・クノッヘ
CB 2   フィリップ・ヴォルシャイト
LB 13   ヤニック・ゲルハルト
CM 23   ジョシュア・ギラヴォギ
CM 22   ルイス・グスタヴォ  
RW 8   ヴィエイリーニャ   68分
AM 11   ダニエル・ディダヴィ   75分   78分
LW 10   ユヌス・マリ
CF 33   マリオ・ゴメス   36分   90分
サブメンバー
GK 1   ディエゴ・ベナリオ
DF 21   ヤネス・ホーン
MF 25   アシュカン・デジャガ   68分
MF 26   ジャスティン・メビウス
MF 27   マクシミリアン・アルノルト   78分
FW 17   ボルハ・マジョラル
FW 18   ヴィクター・オシムヘン   90分
監督
  アンドリース・ヨンカー

二試合合計スコア 2 - 0でVfLヴォルフスブルクがブンデスリーガ残留、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクが2.ブンデスリーガ残留


2.ブンデスリーガ・3.リーガ編集

第1戦編集

レーゲンスブルク
(3.リーガ 3位)
1 - 1 1860ミュンヘン
(2.ブンデスリーガ 16位)
ライス   2分 レポート ノイハウス   78分
コンチネンタル・アレーナ, レーゲンスブルク
観客数: 15,224人
主審: パトリック・イットリック

第2戦編集

二試合合計スコア 3 - 1でTSV1860ミュンヘンが3.リーガ降格、SSVヤーン・レーゲンスブルクが2.ブンデスリーガ昇格

得点ランキング編集

最終結果[38]

順位 選手 所属 得点
得点王   シモン・テローデ シュトゥットガルト 25
2   マーティン・ハルニック ハノーファー 17
3   シュテファン・クチュケ ディナモ・ドレスデン 16
4   アジズ・ブハドゥズ ザンクトパウリ 15
5   ギド・ブルクシュタラー ニュルンベルク[注 2] 14
T6   ファビアン・クロス ビーレフェルト 13
  ドミ・クンベラ ブラウンシュヴァイク
T8   クリストファー・ニマン ブラウンシュヴァイク 11
  マルク・シュナッテラー ハイデンハイム
T10   セルダル・ドゥルスン グロイター・フュルト 10
  アカキ・ゴギア ディナモ・ドレスデン
  パスカル・ケプケ エルツゲビルゲ・アウエ

注釈編集

  1. ^ 前監督の退任を受け、一旦は暫定監督を経て、正式に監督に就任した。
  2. ^ 第17節終了時にシャルケに移籍した。

出典編集

  1. ^ a b Tomas Oral wird neuer KSC-Trainer” (ドイツ語). Karlsruher SC (2016年3月8日). 2016年4月29日閲覧。
  2. ^ a b Jens Keller wird neuer Cheftrainer des 1. FC Union Berlin” (ドイツ語). 1. FC Union Berlin (2016年4月11日). 2016年4月29日閲覧。
  3. ^ Bierofka muss sofort gehen - Bushuev Chef gegen FSV” (ドイツ語). zu.de (2016年5月9日). 2016年5月31日閲覧。
  4. ^ Kosta Runjaic wird neuer Cheftrainer bei 1860” (ドイツ語). TSV 1860 Munich (2016年6月7日). 2016年6月8日閲覧。
  5. ^ Vertrag mit Jürgen Kramny endet” (ドイツ語). VfB Stuttgart 1893 e.V. (2016年5月15日). 2016年5月16日閲覧。
  6. ^ Jos Luhukay neuer VfB Cheftrainer” (ドイツ語). VfB Stuttgart 1893 e.V. (2016年5月17日). 2016年5月19日閲覧。
  7. ^ FCK stellt Trainer Konrad Fünfstück frei” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2016年5月20日). 2016年5月21日閲覧。
  8. ^ Tayfun Korkut neuer FCK-Trainer” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2016年6月15日). 2016年6月19日閲覧。
  9. ^ Norbert Meier wird Cheftrainer beim SV Darmstadt 98 - Vertrag in Bielefeld aufgelöst” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2016年6月10日). 2016年6月19日閲覧。
  10. ^ Rüdiger Rehm ist neuer Cheftrainer von Arminia Bielefeld” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2016年6月15日). 2016年6月19日閲覧。
  11. ^ René Weiler verlässt den Club” (ドイツ語). 1. FC Nürnberg (2016年6月20日). 2016年6月27日閲覧。
  12. ^ Alois Schwartz übernimmt beim Club” (ドイツ語). 1. FC Nürnberg (2016年6月25日). 2016年6月27日閲覧。
  13. ^ Kleppinger, Ischdonat und Glibo leiten das Training” (ドイツ語). SV Sandhausen (2016年6月26日). 2016年6月29日閲覧。
  14. ^ Kenan Kocak übernimmt beim SVS” (ドイツ語). SV Sandhausen (2016年7月3日). 2016年7月4日閲覧。
  15. ^ Zusammenarbeit beendet” (ドイツ語). VfB Stuttgart (2016年9月15日). 2016年9月15日閲覧。
  16. ^ Hannes Wolf wird neuer Cheftrainer” (ドイツ語). VfB Stuttgart (2016年9月20日). 2016年9月23日閲覧。
  17. ^ Arminia trennt sich von Cheftrainer Rüdiger Rehm” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2016年10月22日). 2016年10月26日閲覧。
  18. ^ Jürgen Kramny ist neuer Cheftrainer beim DSC” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2016年11月15日). 2016年12月26日閲覧。
  19. ^ a b Trainerwechsel Beim Kleeblatt” (ドイツ語). SpVgg Greuther Fürth (2016年11月21日). 2016年12月26日閲覧。
  20. ^ 1860 Trennt Sich Von Kosta Runjaic. Daniel Bierofka Übernimmt.” (ドイツ語). TSV 1860 Munich (2016年11月22日). 2016年12月26日閲覧。
  21. ^ Neuer 1860-Trainer. Löwen Stellen Vitor Pereira Vor.” (ドイツ語). TSV 1860 Munich (2016年12月18日). 2016年12月26日閲覧。
  22. ^ Ksc Stellt Tomas Oral Frei - Lukas Kwasniok Übernimmt Interimsweise” (ドイツ語). Karlsruher SC (2016年12月4日). 2016年12月26日閲覧。
  23. ^ Mirko Slomka Neuer Ksc-Cheftrainer” (ドイツ語). Karlsruher SC (2016年12月22日). 2016年12月26日閲覧。
  24. ^ Tayfun Korkut Verlässt den FCK” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2016年12月26日). 2016年12月28日閲覧。
  25. ^ Norbert Meier neuer Cheftrainer des FCK” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2017年1月3日). 2017年1月27日閲覧。
  26. ^ Offiziell: Aue nimmt den Rücktritt Dotchevs an” (ドイツ語). kicker (2017年2月28日). 2017年3月13日閲覧。
  27. ^ Domenico Tedesco neuer Cheftrainer der Veilchen” (ドイツ語). FC Erzgebirge Aue (2017年3月8日). 2017年3月13日閲覧。
  28. ^ a b Club trennt sich von Alois Schwartz - Michael Köllner übernimmt vorerst” (ドイツ語). 1. FC Nürnberg (2017年3月7日). 2017年3月8日閲覧。
  29. ^ DSC stellt Kramny frei” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2017年3月14日). 2017年3月15日閲覧。
  30. ^ Jeff Saibene als Cheftrainer vorgestellt” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2017年3月19日). 2017年3月21日閲覧。
  31. ^ HANNOVER 96 TRENNT SICH VON DANIEL STENDEL” (ドイツ語). Hannover 96 (2017年3月20日). 2017年3月21日閲覧。
  32. ^ "ALLE GEMEINSAM AUFS ZIEL EINSCHWÖREN"” (ドイツ語). Hannover 96 (2017年3月20日). 2017年3月21日閲覧。
  33. ^ a b KSC STELLT MIRKO SLOMKA FREI” (ドイツ語). Karlsruher SC (2017年4月4日). 2017年4月6日閲覧。
  34. ^ 2016/17シーズン年間日程発表”. bundesliga.com (2015年12月4日). 2016年4月12日閲覧。
  35. ^ RAHMENTERMINKALENDER 2016/2017 (PDF)” (ドイツ語). DFL. 2016年4月29日閲覧。
  36. ^ “TSV 1860 MÜNCHEN ERHÄLT KEINE ZULASSUNG FÜR DIE 3. LIGA” (ドイツ語). DFB. (2017年6月2日). http://www.dfb.de/news/detail/1860-muenchen-erhaelt-keine-zulassung-fuer-die-3-liga-168530/ 2017年6月11日閲覧。 
  37. ^ “TEILNEHMERFELD DER 3. LIGA FÜR SAISON 2017/2018 KOMPLETT” (ドイツ語). DFB. (2017年6月9日). http://www.dfb.de/news/detail/teilnehmerfeld-der-3-liga-fuer-saison-20172018-komplett-168841/ 2017年6月11日閲覧。 
  38. ^ 2. Bundesliga - Torjäger” (ドイツ語). kicker. 2017年5月22日閲覧。

外部リンク編集

公式サイト