メインメニューを開く

解説編集

アメリカとイギリスのそれぞれの国でチャート1位になった曲を集めたアルバムで、イギリス編集盤とアメリカ編集盤ではその為、収録曲が若干違っている。日本では、アメリカ編集盤が発売された。これを拡大させたものが2000年に発売された『ザ・ビートルズ1』である。 イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位第10位、アメリカの「ビルボード」誌では、2週連続最高位第50位、「キャッシュボックス」誌では、最高位第75位と低順位だったが、それでもアメリカだけで200万枚以上のセールスを記録している。


収録曲 (英国)編集

アナログA面編集

  1. ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You
  3. シー・ラヴズ・ユー - She Loves You
  4. 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand
  5. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love
  6. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night
  7. アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine
  8. 涙の乗車券 - Ticket to Ride
  9. ヘルプ! - Help!
  10. イエスタデイ - Yesterday
  11. 恋を抱きしめよう - We Can Work It Out

アナログB面編集

  1. ペーパーバック・ライター - Paperback Writer
  2. イエロー・サブマリン - Yellow Submarine
  3. エリナー・リグビー - Eleanor Rigby
  4. 愛こそはすべて - All You Need Is Love
  5. ハロー・グッバイ - Hello Goodbye
  6. レディ・マドンナ - Lady Madonna
  7. ヘイ・ジュード - Hey Jude
  8. ゲット・バック - Get Back
  9. ジョンとヨーコのバラード - The Ballad of John And Yoko

収録曲 (米国)編集

アナログA面編集

  1. シー・ラヴズ・ユー - She Loves You
  2. ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do
  3. 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand
    アメリカでは初のステレオ・ヴァージョンのリリース。
  4. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love
  5. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night
  6. アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine
    アメリカでは初のステレオ・ヴァージョンのリリース。
  7. エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week
  8. 涙の乗車券 - Ticket to Ride
  9. ヘルプ! - Help!
  10. イエスタデイ - Yesterday
  11. 恋を抱きしめよう - We Can Work It Out
  12. ペーパーバック・ライター - Paperback Writer

アナログB面編集

  1. ペニー・レイン - Penny Lane
    ミキシング違いの『レアリティーズ Vol.2』のものを除けばアメリカでは初のステレオ・ヴァージョンのリリース。
  2. 愛こそはすべて - All You Need Is Love
    クレジットは無いがフェイド・アウトが早いショート・ヴァージョン。
  3. ハロー・グッバイ - Hello Goodbye
  4. ヘイ・ジュード(ショート・ヴァージョン) - Hey Jude
  5. ゲット・バック - Get Back
  6. カム・トゥゲザー - Come Together
  7. レット・イット・ビー - Let It Be
  8. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road