メインメニューを開く

20世紀ピクチャーズ

かつて存在したアメリカ合衆国の映画製作会社

20世紀ピクチャーズ(にじっせいき-、20th Century Pictures / Twentieth Century Pictures, 1933年 設立 - 1935年 合併消滅)は、かつて存在したアメリカ合衆国映画製作会社である。二十世紀映画社20世紀映画社とも。

20世紀ピクチャーズ
Twentieth Century Pictures
市場情報 合併消滅
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ハリウッド
設立 1933年
業種 サービス業
事業内容 映画の製作
代表者 ジョセフ・M・シェンク
主要株主 ニコラス・シェンク
ルイス・B・メイヤー
関係する人物 ダリル・F・ザナック
ウィリアム・ゲッツ
レイモンド・グリフィス
特記事項:
主要取引先 ユナイテッド・アーティスツ
略歴
1933年 設立
1935年 フォックス・フィルムズと合併
1935年5月31日 20世紀フォックス営業開始
テンプレートを表示

目次

略歴・概要編集

20世紀ピクチャーズは、1933年(昭和7年)に創立された、ハリウッドの独立系映画製作会社である。ユナイテッド・アーティスツの前社長ジョセフ・M・シェンクワーナー・ブラザース出身のダリル・F・ザナックフォックス・フィルムズ出身のウィリアム・ゲッツ、そして喜劇俳優出身のレイモンド・グリフィスが設立した。設立資金は、シェンクの弟ニコラス・シェンク、ゲッツの義父でMGMスタジオ幹部のルイス・B・メイヤーがバックについた。同社の製作物は、ユナイテッド・アーティスツが配給し、撮影はさまざまな撮影所で行なわれた。

シェンクが社長、ザナックが製作担当副社長、ゲッツが副社長に就任した。まさに当初から成功し、1934年(昭和9年)製作の『ロスチャイルド』はアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされている。1935年(昭和10年)、ヴィクトル・ユーゴーの小説を原作とした古典映画『噫無情』を製作、同作もアカデミー最優秀作品賞にノミネートされた。

ユナイテッド・アーティスツが20世紀ピクチャーズへの報酬をUA株で支払うことを拒否したことにザナックが怒り、この新しいインディペンデント企業がメジャー・スタジオ・キャンプへ向かうために回り道をとったことは、伝説である。10年以上にわたってUAの株主であったシェンクは、UAからの20世紀ピクチャーズのハッタリ契約書の抗議文に改めてサインし、ザナックは、低迷する巨人ことフォックス・フィルムとの商談を導く他の配給会社とディスカッションを開始した。同年、同社はフォックスと電撃的に合併する。

フィルモグラフィ編集

配給はすべてユナイテッド・アーティスツ

関連事項編集

外部リンク編集