2000年のワールドシリーズ

2000年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第96回ワールドシリーズ(96th World Series)は、10月21日から26日にかけて計5試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がニューヨーク・メッツナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、3年連続26回目の優勝を果たした。

2000年のワールドシリーズ
ニューヨーク州ニューヨーク市における両球団本拠地球場の位置と、地下鉄の路線網
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
ニューヨーク・メッツNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月21日–26日
観客動員 5試合合計:27万7853人
1試合平均:05万5571人
MVP デレク・ジーター(NYY)
ALCS NYY 4–2 SEA
NLCS NYM 4–1 STL
殿堂表彰者 ジョー・トーリ(NYY監督)
デレク・ジーター(NYY内野手)
マリアノ・リベラ(NYY投手)
マイク・ピアッツァ(NYM捕手)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 03年連続37回目
GM ブライアン・キャッシュマン
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 87勝74敗・勝率.540
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり29万4783.41ドル[1]
ニューヨーク・メッツ(NYM)
シリーズ出場 14年ぶり04回目
GM スティーブ・フィリップス
監督 ボビー・バレンタイン
シーズン成績 94勝68敗・勝率.580
NL東地区2位=ワイルドカード
分配金 選手1人あたり23万8653.80ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ティム・マッカーバー
ボブ・ブレンリー
平均視聴率 12.4%(前年比3.6ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1999 2001 > 

ニューヨーク州ニューヨーク市を本拠地とする球団どうしの対戦は、お互いの本拠地球場をニューヨーク市地下鉄(New York City Subway)で行き来できることから "サブウェイ・シリーズ"(Subway Series)と呼ばれている。ワールドシリーズにおいてサブウェイ・シリーズが実現するのは、ヤンキースとブルックリン・ドジャースが対戦した1956年以来44年ぶりであり[3]、ヤンキースとメッツの顔合わせでは初めてである。ヤンキースは初戦から2連勝のあと第3戦に敗れ、1996年第3戦から続けていた連勝記録を歴代最長の14試合で止められたものの、続く第4戦と第5戦を制して優勝した[4]。また、シリーズ3連覇は1936年1939年および1949年1953年のヤンキースと、1972年1974年オークランド・アスレチックスに次ぎ、史上4例目である[5]シリーズMVPには、連勝記録を止められた翌日の第4戦で初回表に初球先頭打者本塁打を放つなど、5試合で打率.409・2本塁打・2打点OPS 1.344という成績を残したヤンキースのデレク・ジーターが選出された。

両チームの過去の対戦編集

1997年から始まったレギュラーシーズン中のインターリーグでは、4年間で計18試合が組まれており、ヤンキースが11勝7敗で勝ち越している[6]。この年は6月9日からの2日間で2試合と、7月7日からの3日間で4試合の計6試合が行われ[注 1]、ヤンキースが4勝2敗で勝ち越した。

メッツのマイク・ピアッツァ1998年5月にフロリダ・マーリンズから、ヤンキースのロジャー・クレメンス1999年2月にトロント・ブルージェイズから、それぞれトレードで加入した。1999年以降のサブウェイ・シリーズにおいて、ピアッツァはクレメンスとの対戦を得意としており、1999年6月6日に2点本塁打→同年7月9日に3点本塁打→2000年6月9日に満塁本塁打、と3対戦試合連続で本塁打を放っていた[7]。すると2000年7月8日、4度目の対戦試合でクレメンスは、ピアッツァの第1打席に頭部死球をぶつけた。クレメンスは過去にも故意に死球を与えたことがあるため、今回の頭部死球も狙ってやった "ビーンボール" ではないか、という疑いが浮上した[8]。クレメンスは「必要に応じて内角を突くつもりではいたけど、頭にぶつかるのは望んでいなかった」と否定したが[9]、ピアッツァは「あいつに敬意があるなんてとてもじゃないが言えない」「あれは明らかにわざとだと思う。内角攻め、あるいは体にぶつけるくらいなら尊重もできるが」と怒りを露わにした[10]

今シリーズでメッツとヤンキースの対戦が決まると、ヤンキースはクレメンスを第2戦の先発投手にすると決めた。第2戦はヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで開催されるため、指名打者制度が採用され、クレメンスが打席に立つことはない。これに対し、メッツのターク・ウェンデルは「なんであいつはシェイ・スタジアムで投げないんだ? 報復死球が怖いのか?」と挑発した[11]

試合結果編集

2000年のワールドシリーズは10月21日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 ニューヨーク・メッツ 3-4x ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月22日(日) 第2戦 ニューヨーク・メッツ 5-6 ニューヨーク・ヤンキース
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 ニューヨーク・ヤンキース 2-4 ニューヨーク・メッツ シェイ・スタジアム
10月25日(水) 第4戦 ニューヨーク・ヤンキース 3-2 ニューヨーク・メッツ
10月26日(木) 第5戦 ニューヨーク・ヤンキース 4-2 ニューヨーク・メッツ
優勝:ニューヨーク・ヤンキース(4勝1敗 / 3年連続26度目)

第1戦 10月21日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  ビリー・ジョエルによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分1秒)
  6回表二死一塁、トッド・ジールの二塁打で一塁走者ティモ・ペレスが生還を狙うも、ヤンキースの中継プレイが阻止し本塁タッチアウト(1分36秒)
  7回表、メッツが代打バッバ・トランメルの2点適時打で同点に追いつく(49秒)
  9回裏、ヤンキースのポール・オニールが10球目を選び四球で出塁(5分18秒)
  そのあと一死満塁からチャック・ノブロックが犠牲フライを放ち、ヤンキースが土壇場で同点に(53秒)
  ヤンキースの4番手投手マイク・スタントンが延長11回表・12回表の2イニングを無失点に封じる(1分17秒)
  12回裏二死満塁、ホセ・ビスカイーノが初球を左前へ運びヤンキースがサヨナラ勝利(48秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 10 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 1x 4 12 0
  1. : マイク・スタントン(1勝)  : ターク・ウェンデル(1敗)  
  2. 審判:球審…エド・モンタギュー、塁審…一塁: チャーリー・レリフォード、二塁: ジェフ・ケロッグ、三塁: ティム・ウェルキー、外審…左翼: ティム・マクレランド、右翼: ジェリー・クロフォード
  3. 試合時間: 4時間51分 観客: 5万5913人 気温: 68°F(20°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ペレス 1 DH C・ノブロック
2 E・アルフォンゾ 2 D・ジーター
3 DH M・ピアッツァ 3 D・ジャスティス
4 T・ジール 4 B・ウィリアムス
5 R・ベンチュラ 5 T・マルティネス
6 B・アグバヤニ 6 J・ポサダ
7 J・ペイトン 7 P・オニール
8 T・プラット 8 S・ブロシアス
9 M・ボーディック 9 J・ビスカイーノ
先発投手 投球 先発投手 投球
A・ライター A・ペティット

第2戦 10月22日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回表、マイク・ピアッツァのファウルで折れたバットを、ロジャー・クレメンスがピアッツァの足元に投げつける。両軍ベンチが総出となり、一触即発の雰囲気に(2分26秒)
  2回裏、先頭打者スコット・ブロシアスの本塁打でヤンキースが点差を3点に広げる(52秒)
  5回裏、ポール・オニールの適時打でヤンキースが4点目を挙げる(45秒)
  クレメンスは8イニングを9奪三振で無失点に抑える(3分22秒)
  9回表、ピアッツァが2点本塁打を放ちメッツが4点差に詰め寄る(1分4秒)
  2打者後、トッド・ジールの本塁打性の打球を左翼手クレイ・ベリンジャーがフェンス際で捕球(1分9秒)
  二死二・三塁となり、ジェイ・ペイトンがマリアノ・リベラに3点本塁打を浴びせてメッツが1点差に詰め寄る(1分13秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 7 3
ニューヨーク・ヤンキース 2 1 0 0 1 0 1 1 X 6 12 1
  1. : ロジャー・クレメンス(1勝)  : マイク・ハンプトン(1敗)  
  2. :  NYM – マイク・ピアッツァ1号2ラン、ジェイ・ペイトン1号3ラン  NYY – スコット・ブロシアス1号ソロ
  3. 審判:球審…チャーリー・レリフォード、塁審…一塁: ジェフ・ケロッグ、二塁: ティム・ウェルキー、三塁: ティム・マクレランド、外審…左翼: ジェリー・クロフォード、右翼: エド・モンタギュー
  4. 試合時間: 3時間30分 観客: 5万6059人 気温: 49°F(9.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ペレス 1 DH C・ノブロック
2 E・アルフォンゾ 2 D・ジーター
3 M・ピアッツァ 3 D・ジャスティス
4 R・ベンチュラ 4 B・ウィリアムス
5 T・ジール 5 T・マルティネス
6 B・アグバヤニ 6 J・ポサダ
7 DH L・ハリス 7 P・オニール
8 J・ペイトン 8 S・ブロシアス
9 M・ボーディック 9 J・ビスカイーノ
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ハンプトン R・クレメンス

第3戦 10月24日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  イン・シンクによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』合唱(2分15秒)
  8回裏、ベニー・アグバヤニの適時二塁打でメッツが1点を勝ち越し(56秒)
  9回表、アーマンド・ベニテスがデビッド・ジャスティスを二飛に打ち取り試合終了、メッツが今シリーズ初勝利(1分21秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 0
ニューヨーク・メッツ 0 1 0 0 0 1 0 2 X 4 9 0
  1. : ジョン・フランコ(1勝)  : オーランド・ヘルナンデス(1敗)  S: アーマンド・ベニテス(1S)  
  2. :  NYM – ロビン・ベンチュラ1号ソロ
  3. 審判:球審…ジェフ・ケロッグ、塁審…一塁: ティム・ウェルキー、二塁: ティム・マクレランド、三塁: ジェリー・クロフォード、外審…左翼: エド・モンタギュー、右翼: チャーリー・レリフォード
  4. 試合時間: 3時間39分 観客: 5万5299人 気温: 62°F(16.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ビスカイーノ 1 T・ペレス
2 D・ジーター 2 E・アルフォンゾ
3 D・ジャスティス 3 M・ピアッツァ
4 B・ウィリアムス 4 R・ベンチュラ
5 T・マルティネス 5 T・ジール
6 J・ポサダ 6 B・アグバヤニ
7 P・オニール 7 J・ペイトン
8 S・ブロシアス 8 M・ボーディック
9 O・ヘルナンデス 9 R・リード
先発投手 投球 先発投手 投球
O・ヘルナンデス R・リード

第4戦 10月25日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回表、デレク・ジーターの先頭打者本塁打でヤンキースが先制(1分31秒)
  3回裏、マイク・ピアッツァの2点本塁打でメッツが1点差に迫る(1分2秒)
  5回裏二死無走者でデビッド・コーンが救援登板、ピアッツァを二飛に打ち取る(2分26秒)
  マリアノ・リベラが8回裏・9回裏の2イニングを無失点に抑えて試合を締め、ヤンキースが優勝に王手をかける(1分33秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 1 1 1 0 0 0 0 0 0 3 8 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 6 1
  1. : ジェフ・ネルソン(1勝)  : ボビー・ジョーンズ(1敗)  S: マリアノ・リベラ(1S)  
  2. :  NYY – デレク・ジーター1号ソロ  NYM – マイク・ピアッツァ2号2ラン
  3. 審判:球審…ティム・ウェルキー、塁審…一塁: ティム・マクレランド、二塁: ジェリー・クロフォード、三塁: エド・モンタギュー、外審…左翼: チャーリー・レリフォード、右翼: ジェフ・ケロッグ
  4. 試合時間: 3時間20分 観客: 5万5290人 気温: 61°F(16.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ジーター 1 T・ペレス
2 L・ソーホー 2 E・アルフォンゾ
3 D・ジャスティス 3 M・ピアッツァ
4 B・ウィリアムス 4 T・ジール
5 T・マルティネス 5 R・ベンチュラ
6 P・オニール 6 B・アグバヤニ
7 J・ポサダ 7 J・ペイトン
8 S・ブロシアス 8 M・ボーディック
9 D・ネーグル 9 B・ジョーンズ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ネーグル B・ジョーンズ

第5戦 10月26日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回表、先頭打者バーニー・ウィリアムスの本塁打でヤンキースが先制(54秒)
  6回表、デレク・ジーターのソロ本塁打でヤンキースが同点に追いつく(38秒)
  同点の8回裏、ヤンキースの2番手投手マイク・スタントンがメッツ打線を三者凡退に抑える(35秒)
  9回表、ルイス・ソーホーの適時中前打に悪送球も絡み、ヤンキースが2点を勝ち越し(2分)
  その裏、マリアノ・リベラがマイク・ピアッツァを中飛に打ち取り試合終了、ヤンキースの3連覇が決定(1分45秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 1 0 0 0 1 0 0 2 4 7 1
ニューヨーク・メッツ 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1
  1. : マイク・スタントン(2勝)  : アル・ライター(1敗)  S: マリアノ・リベラ(2S)  
  2. :  NYY – バーニー・ウィリアムス1号ソロ、デレク・ジーター2号ソロ
  3. 審判:球審…ティム・マクレランド、塁審…一塁: ジェリー・クロフォード、二塁: エド・モンタギュー、三塁: チャーリー・レリフォード、外審…左翼: ジェフ・ケロッグ、右翼: ティム・ウェルキー
  4. 試合時間: 3時間32分 観客: 5万5292人 気温: 61°F(16.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ビスカイーノ 1 B・アグバヤニ
2 D・ジーター 2 E・アルフォンゾ
3 D・ジャスティス 3 M・ピアッツァ
4 B・ウィリアムス 4 T・ジール
5 T・マルティネス 5 R・ベンチュラ
6 P・オニール 6 B・トランメル
7 J・ポサダ 7 J・ペイトン
8 S・ブロシアス 8 K・アボット
9 A・ペティット 9 A・ライター
先発投手 投球 先発投手 投球
A・ペティット A・ライター

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 元々は6月9日から11日にかけて、ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで3連戦が予定されていた。しかし11日の試合が雨天順延となった。そのため、メッツの本拠地シェイ・スタジアムで7月7日から行われる3連戦のなかに、6月11日の順延分がダブルヘッダーで組み込まれることになった。7月8日は第1戦がシェイ・スタジアムで、第2戦がヤンキー・スタジアムで開催された。

出典編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2020年2月9日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ "After 44 Years, Another Subway Series," The New York Times, October 18, 2000. 2020年2月9日閲覧。
  4. ^ Barry M. Bloom, "Red Sox rolling with nine straight World Series wins / Streak started with 2004 sweep of Cards, continued with '07 win vs. Rockies," MLB.com, October 24, 2013. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ Sam McPherson, "Great Moments In Baseball History: The 1974 A’s Beat Dodgers To Win Third Straight World Series Title," CBS Sacramento, May 21, 2015. 2020年2月9日閲覧。
  6. ^ "NYM vs. NYY from 1997 to 2000 Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2020年2月9日閲覧。
  7. ^ The Hartford Courant, "CLEMENS-PIAZZA WITH A TWIST," Hartford Courant, July 13, 2004. 2020年2月9日閲覧。
  8. ^ Dave Anderson, "Sports of The Times; Beanballs, Clemens, Piazza and Medwick," The New York Times, July 11, 2000. 2020年2月9日閲覧。
  9. ^ Dan Martin, "CLEMENS: I WASN’T HEAD-HUNTING PIAZZA," New York Post, July 9, 2000. 2020年2月9日閲覧。
  10. ^ Andrew Marchand, "PIAZZA RIPS ‘COWARD’ ROGER ; SAYS BEANING WAS INTENTIONAL," New York Post, July 10, 2000. 2020年2月9日閲覧。
  11. ^ Tyler Kepner, "BASEBALL: SUBWAY SERIES; Piazza Ready To Move Past Head Games," The New York Times, October 19, 2000. 2020年2月9日閲覧。

外部リンク編集