メインメニューを開く

2000年のワールドシリーズ

概要編集

第96回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ西地区の覇者シアトル・マリナーズを破り3連覇を狙うニューヨーク・ヤンキースナショナルリーグ中地区の覇者セントルイス・カージナルスを破り1986年以来14年ぶり出場のニューヨーク・メッツとの対戦となった。ニューヨーク市内の2チームが対決するいわゆるサブウェイ・シリーズであるが、ワールドシリーズとしては1956年のヤンキース対ブルックリン・ドジャース戦以来44年ぶりの実現となった。結果は4勝1敗でニューヨーク・ヤンキースが3年連続26回目の優勝。

MVPは打率.409、2本塁打、2打点の成績をあげたデレク・ジーターが初選出。

試合結果編集

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月21日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
メッツ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 10 0
ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 1 4 12 0
  1. : マイク・スタントン (1-0)  : ターク・ウェンデル (0-1)  
  2. 観客動員数: 55,913人 試合時間: 4時間51分

第2戦 10月22日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 7 3
ヤンキース 2 1 0 0 1 0 1 1 X 6 12 1
  1. : ロジャー・クレメンス (1-0)  : マイク・ハンプトン (0-1)  
  2. :  NYM – マイク・ピアッツァ (1) ジェイ・ペイトン (1)  NYY – スコット・ブロシアス (1)
  3. 観客動員数: 56,059人 試合時間: 3時間30分

第3戦 10月24日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 0
メッツ 0 1 0 0 0 1 0 2 X 4 9 0
  1. : ジョン・フランコ (1-0)  : オーランド・ヘルナンデス (0-1)  S: アーマンド・ベニテス (1)  
  2. :  NYM – ロビン・ベンチュラ (1)
  3. 観客動員数: 55,299人 試合時間: 3時間39分

第4戦 10月25日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 1 1 0 0 0 0 0 0 3 8 0
メッツ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 6 1
  1. : ジェフ・ネルソン (1-0)  : ボビー・ジョーンズ (0-1)  S: マリアノ・リベラ (1)  
  2. :  NYY – デレク・ジーター (1)  NYM – マイク・ピアッツァ (2)
  3. 観客動員数: 55,290人 試合時間: 3時間20分

第5戦 10月26日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 0 0 0 1 0 0 2 4 7 1
メッツ 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1
  1. : マイク・スタントン (2-0)  : アル・ライター (0-1)  S: マリアノ・リベラ (2)  
  2. :  NYY – デレク・ジーター (2) バーニー・ウィリアムス (1)
  3. 観客動員数: 55,292人 試合時間: 3時間32分

参考文献編集