メインメニューを開く

2000年シドニーオリンピックの野球競技・キューバ代表

シドニーオリンピック野球キューバ代表は、2000年9月17日から27日までオーストラリアシドニー市内にあるシドニー・ベースボールスタジアムルーティヒル市内にあるブラックタウン・ベースボールスタジアムで開催されたシドニーオリンピックの野球競技に出場した野球キューバ代表である。

獲得メダル
男子 野球
 キューバ
オリンピック
2000 野球

過去のオリンピック2大会(1992年バルセロナ1996年アトランタ)とも金メダルを獲得している。初めてプロ選手の参加が認められ、金属バットが廃止された今大会では、予選リーグ4戦目の対オランダ戦でオリンピックでは初の敗北を喫した。準決勝ホセ・コントレラス完封して日本を下した。決勝戦の対アメリカ合衆国戦ではベン・シーツに完封を許して銀メダルに終わった。史上稀に見る投手に逸材が集まった時期であり、コントレラス、マエルス・ロドリゲスホセ・イバールノルヘ・ベラと4人揃って好成績を収めたが、この中でベラ以外は次の2004年アテネ大会に出場することが出来なかった。野手も大会後にオマール・リナレスオレステス・キンデランアントニオ・パチェコなど過去のオリンピックで活躍した選手が代表を退き、世代交代が進んだ。

試合結果編集

銀メダル(大会通算成績:7勝2敗)

予選リーグ編集

  • 9月17日 ゲーム1、試合開始時刻:11:30(試合時間:2時間15分、入場者数:3,082人)
  キューバ(1勝) 16 - 0(7回コールド)   南アフリカ共和国(1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
南アフリカ共和国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
キューバ 3 0 1 5 6 1 - 16 18 1
  1. 南ア : ●マイケルズR・ハレルB・ハレル - ケンプ
  2. キ : ○ベラコントレラスロドリゲス - ペスタノマンリケ
  3. : ベラ(1勝)  : マイケルズ(1敗)  
  • 9月18日 ゲーム5、試合開始時刻:11:30(試合時間:2時間45分、入場者数:2,424人)
  キューバ(2勝) 13 - 5   イタリア(2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
イタリア 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5 6 1
キューバ 2 1 2 2 6 0 0 0 - 13 17 2
  1. イ : ●トリアーコカバリスティムーラ - マドンナバルダッチ
  2. キ : アラゴン、○イバールバジェ - ペスタノ
  3. : イバール(1勝)  : トリアーコ(1敗)  
  • 9月19日 ゲーム12、試合開始時刻:19:30(試合時間:3時間32分、入場者数:13,565人)
  韓国(1勝2敗) 5 - 6   キューバ(3勝)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 0 0 0 0 0 5 0 1 0 6 9 1
韓国 2 0 1 1 0 0 1 0 0 5 10 1
  1. キ : コントレラス、アヘテ、○ラソ - ペスタノ、マンリケ
  2. 韓 : 金守経朴石鎮、●孫敏漢陳弼重 - 洪性炘
  3. : ラソ(1勝)  : 孫敏漢(1敗)  
  • 9月20日 ゲーム14、試合開始時刻:12:30(試合時間:2時間22分、入場者数:12,450人)
  オランダ(2勝2敗) 4 - 2   キューバ(3勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 7 1
オランダ 0 0 4 0 0 0 0 0 - 4 5 2
  1. キ : ●ベラ、ロドリゲス - ペスタノ、マンリケ
  2. オ : ○ブラックミラーファニート - バレンティナ
  3. : ブラックミラー(1勝)  : ベラ(1勝1敗)  S: ファニート(1S)  
  • 9月22日 ゲーム18、試合開始時刻:12:30(試合時間:2時間4分、入場者数:14,036人)
  キューバ(4勝1敗) 1 - 0   オーストラリア(2勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
キューバ 0 0 1 0 0 0 0 0 - 1 9 0
  1. オ : ●ベネットアンダーソン - ニルソン
  2. キ : ○コントレラス - マンリケ、ペスタノ
  3. : コントレラス(1勝)  : ベネット(1敗)  
  • 9月23日 ゲーム24、試合開始時刻:19:30(試合時間:2時間50分、入場者数:14,010人)
  キューバ(5勝1敗) 6 - 1   アメリカ合衆国(5勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 2
キューバ 4 0 0 1 0 0 0 1 - 6 10 0
  1. ア : ●クリブダラウシュジョージヘームス - ボーダーズ
  2. キ : ○イバール、ラソ - ペスタノ
  3. : イバール(2勝)  : クリブダ(1敗)  
  • 9月24日 ゲーム27、試合開始時刻:18:30(試合時間:3時間0分、入場者数:3,479人)
  日本(4勝3敗) 2 - 6   キューバ(6勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 0 1 1 0 3 1 0 0 0 6 13 1
日本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 0
  1. キ : アラゴン、○バジェ、ロドリゲス - マンリケ
  2. 日 : 山田、●渡辺杉浦河野 - 鈴木
  3. : バジェ(1勝)  : 渡辺(1勝1敗)  

準決勝編集

  • 9月26日 試合開始時刻:12:30(試合時間:2時間23分、入場者数:13,727人)
  キューバ(7勝1敗) 3 - 0   日本(4勝4敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
キューバ 0 0 0 1 0 2 0 0 - 3 9 1
  1. 日 : ●黒木石川 - 鈴木
  2. キ : ○コントレラス - ペスタノ
  3. : コントレラス(2勝)  : 黒木(1勝1敗)  

決勝編集

  • 9月27日 試合開始時刻:19:30(試合時間:2時間37分、入場者数:14,107人)
  キューバ(7勝2敗) 0 - 4   アメリカ合衆国(8勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 1 0 0 0 3 0 0 0 0 4 9 0
キューバ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. ア : ○シーツ - ボーダーズ
  2. キ : ●ラソ、イバール、ロドリゲス - ペスタノ、マンリケ
  3. : シーツ(1勝)  : ラソ(1勝1敗)  

出場選手編集

☆はアトランタオリンピックに出場。○はアテネオリンピックに出場。

野手スタメンまたは途中出場の試合数、投手先発またはリリーフ登板の試合数を記載。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考 起用法
監督 39 セルビオ・ボルヘス --- -- --
コーチ ルイス・エンリケ --- -- --
フアン・ゴメス --- -- --
ペドロ・ペレス --- -- --
投手 20 ノルヘ・ベラ アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバ 先×2
21 ラサロ・バジェ レオネス・デ・インダストリアレス リ×2
31 オマール・アヘテ ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ リ×1
36 ホセ・イバール バケーロス・デ・ラ・アバナ 先×1、リ×2
37 ヨバニ・アラゴン ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥス 先×2
44 マエルス・ロドリゲス ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥス リ×4
52 ホセ・コントレラス ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ 先×3、リ×1
99 ペドロ・ラソ ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ ☆○ 先×1、リ×2
捕手 13 アリエル・ペスタノ ナランハス・デ・ビジャ・クララ ス×7、途×1
40 ローランド・メリーニョ アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバ 途×1
45 フアン・マンリケ ココドゥリロス・デ・マタンサス ス×2、途×4
内野手 2 ダネル・カストロ レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス ス×1、途×2
6 アントニオ・パチェコ アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバ ス×7、途×1
10 オマール・リナレス ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ ス×9
11 ヘルマン・メサ レオネス・デ・インダストリアレス ス×8
24 ヨバル・ドゥエニャス ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ ス×4、途×1
25 アントニオ・エスクル レオネス・デ・インダストリアレス ス×2、途×1
33 ガブリエル・ピエレ アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバ 途×2
38 オスカル・マシアス バケーロス・デ・ラ・アバナ ス×8、途×1
46 オレステス・キンデラン アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバ ス×9
外野手 1 ルイス・ウラシア ガナデロス・デ・カマグエイ ス×9
5 ヤセール・ゴメス レオネス・デ・インダストリアレス ス×7、途×1
17 ハビエル・メンデス レオネス・デ・インダストリアレス 途×3
18 ミゲル・カルデス ガナデロス・デ・カマグエイ ス×9

外部リンク編集