メインメニューを開く

2001年の相撲(2001ねんのすもう)は、2001年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲編集

できごと編集

  • 1月、横綱引退、年寄曙承認。横審委員長に渡邊恒雄が就任。年寄小野川(元前頭6枚目蜂矢)死去、50歳。
  • 2月、第2新弟子検査が初めて行われ、167cm、67kgの志願者が運動能力テストを受けた。
  • 5月、翌年度の巡業より広告代理店の協力抜きで、協会の自主興行に決定。元前頭筆頭敷島引退、準年寄敷島承認。5月場所6日目、琴光喜-武双山戦は23年ぶりに水入り、2番後取り直し。千秋楽、優勝した貴乃花小泉純一郎首相が内閣総理大臣杯を手渡しした。2003年度から巡業を、各地の勧進元に興行権を売る「売り興業」に戻すことを決定。
  • 7月、7月場所の十両優勝決定戦は史上最多8人の優勝決定戦となり、9勝6敗で武雄山が勝ち抜いた。
  • 10月、元小結智乃花引退、準年寄智乃花承認。
  • 11月、11月場所後の番付編成会議で栃東の大関昇進決定。31代式守伊之助が30代木村庄之助に、木村庄三郎が32代式守伊之助に昇格。
  • 12月、元前頭2枚目朝乃翔引退、準年寄朝乃翔承認。

本場所編集

参考文献編集

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p109