メインメニューを開く

2001年J2最終節(2001ねん・J2・さいしゅうせつ)では、2001年11月18日に行われた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン2 (J2)最終節(第44節)のことを記す。本項では特に、2位以内となりJリーグ ディビジョン1 (J1)昇格の可能性を残したモンテディオ山形ベガルタ仙台大分トリニータの3チームの試合について記す。

なお、正式には「J2からJ1への昇格」はリーグ終了後のJリーグ理事会での協議で決定するが、2013年までに成績条件を満たしたクラブが理事会でJ1昇格が否決されたケースがないため、便宜上「J2で2位以内(成績条件)=J1昇格」として扱うものとする。

最終戦までの経緯編集

二部制導入3シーズン目となった2001年のJ2は、前シーズンのJ1年間成績下位2チームの京都パープルサンガ川崎フロンターレ前年の日本フットボールリーグ (JFL) 優勝により昇格した横浜FCを加えた12チームによる4回戦総当たり(各チーム44試合・全44節)により行われた。

J1への昇格争いは、降格した京都、川崎、前シーズン及び前々シーズンと2年続けてを勝ち点差1により昇格を逃した大分の3チームが中心となると見られていた。

大分は元ベルギー代表ロレンツォ・スターレンスを獲得するなど戦力補強を行い、3年越しのJ1昇格を目指したものの開幕から思うように勝てず、第11節でモンテディオ山形に敗れると石崎信弘監督が解任された。後任には小林伸二が昇格したが監督交代後も苦戦が続いた。 シーズン中盤までは元コンサドーレ札幌フォワードバルデスを補強した大宮アルディージャが一歩抜け出し、一時は2位の京都に勝点8差を付けた。しかし、バルデスはパナマ代表の試合で故障、さらにもう一人の得点源、ジョルジーニョも怪我で戦線離脱、共にシーズン絶望の大怪我。得点源を失った大宮は一気に失速した。

代わって京都が首位に立ち40節までその座を保ち続けたが第41節で横浜FCに勝利した仙台が6試合負けなし(5勝1分)で首位に立ち、初のJ1昇格に向けて大きく前進したが、第42節のヴァンフォーレ甲府、第43節のサガン鳥栖と下位2チームに連敗。その間に京都は白星を重ね、第43節の湘南ベルマーレ戦に勝利したことにより京都のJ2優勝およびJ1昇格が決まった。さらに連敗の仙台に代わって山形が仙台と同勝点ながら得失点差で2位となり、仙台は3位に後退。大分は終盤で3連勝したことで辛うじて昇格の可能性を残し、43節終了時点でJ1昇格の可能性があるチームは山形・仙台・大分の3チームに絞られた。

2001 Jリーグ ディビジョン2 上位順位表(第43節終了時点)[1]
順位 チーム 勝点 試合 勝利 (90分勝) (延長勝) 引分 敗戦 得点 失点 得失点差 備考
1 京都パープルサンガ 84 43 28 23 5 5 10 79 47 +32 J2優勝決定
2 モンテディオ山形 80 43 27 20 7 6 10 61 38 +23
3 ベガルタ仙台 80 43 26 23 3 5 12 77 56 +21
4 大分トリニータ 77 43 25 24 1 3 15 74 51 +23

当時の勝ち点は「90分勝ち:3、延長(Vゴール)勝ち:2、引き分け:1」であった。

最終節編集

概要編集

2001年のJ2最終節。昇格の可能性を持つ3チームは、同時刻に以下の試合を行うことになった。

山形はホームで、仙台と大分はアウェーでの試合となった。また、山形と仙台は前年降格チームとの対戦で、大分は九州ダービーにより昇格を争うこととなった。

各チームの昇格条件は、山形と仙台の勝敗に大きく委ねられることとなった。

山形
90分勝(83) V勝(82) 分(81) 負(80)

90分勝(83) [※ 1] 仙台 仙台 仙台
V勝(82) 山形 山形 仙台 仙台
分(81) 山形 山形 山形 仙台
負(80) 山形 山形 山形 [※ 2]
  1. ^ 仙台が山形より2点差以上上回って勝利すれば仙台が昇格、それ以外は山形昇格。
  2. ^ 大分が90分勝利すれば大分が昇格。大分が延長勝ち以下の場合、山形が仙台より1点差以上小さい点差での負けの場合は山形が昇格、それ以外は仙台が昇格。

条件が最も厳しかったのが大分で、「90分で勝利し、かつ山形と仙台が共に敗戦」という条件以外に昇格の可能性はなかった。

前半編集

鳥栖スタジアムでは鳥栖が前半12分森田浩史のゴールで先制し、そのまま前半終了。山形と京都では得点の動きなし。

山形 0 – 0 川崎
京都 0 – 0 仙台
鳥栖 1 – 0 大分

後半編集

鳥栖スタジアムでは後半30分、船越優蔵のゴールが決まり、大分が同点に追い着く。

山形 0 – 0 川崎
京都 0 – 0 仙台
鳥栖 1 – 1 大分

この後は3会場とも得点の動きなく終盤へ。しかし西京極では後半終了直前、岩本輝雄が左サイドから上げたクロスを山田隆裕が頭で折り返し、これを財前宣之が右足ボレーシュート。これが京都ゴールに突き刺さり待望の先制点を挙げた。

山形 0 – 0 川崎
京都 0 – 1 仙台
鳥栖 1 – 1 大分

仙台はこの後のロスタイムを落ち着いて守り切り、1-0で試合終了。90分以内での勝利を収め、最終勝点を「83」とした。一方、山形-川崎戦は0-0のまま後半を終了し、鳥栖-大分戦も1-1のまま延長戦に突入。この結果、3チームのうち唯一90分で勝利した仙台の2位が確定し、悲願のJ1初昇格が決定。遠く仙台から駆けつけたサポーターと昇格の喜びを分かち合った。

山形 0 – 0 川崎
京都 0 – 1 仙台(試合終了)
鳥栖 1 – 1 大分

延長戦編集

山形は昇格が潰えたことで気落ちしたのか、延長前半開始直後に我那覇和樹にVゴールを決められ、敗戦。最終勝点は「80」のままで3位に終わった。一方、鳥栖‐大分戦は互いに譲らず、1-1のまま引き分けに終わり、最終節でいずれも延長勝利した新潟、大宮に勝ち点で並ばれ、得失点差の関係で6位まで順位を下げた。

山形 0 – 1v 川崎(試合終了)
京都 0 – 1 仙台(試合終了)
鳥栖 1 – 1 大分(試合終了)
2001 Jリーグ ディビジョン2 上位順位表(全日程終了)[2]
順位 チーム 勝点 試合 勝利 (90分勝) (延長勝) 引分 敗戦 得点 失点 得失点差 備考
1 京都パープルサンガ 84 44 28 23 5 5 11 79 48 +31 J1昇格
2 ベガルタ仙台 83 44 27 24 3 5 12 78 56 +22 J1昇格
3 モンテディオ山形 80 44 27 20 7 6 11 61 39 +22
4 アルビレックス新潟 78 44 26 22 4 4 14 79 47 +32
5 大宮アルディージャ 78 44 26 20 6 6 12 73 43 +30
6 大分トリニータ 78 44 25 24 1 4 15 75 52 +23

その後編集

今でも仙台のサポーターにとっては不利な状況から試合終了直前に昇格を決めたことから「西京極の奇跡」(にしきょうごくのきせき)と呼ばれ忘れ難い試合として記憶されている。[誰?]

また、山形サポーターにとっても、90分間で勝てば昇格が濃厚だったにもかかわらず0-0で延長戦に突入(この時点で仙台の昇格が決定)し、結局試合にも敗れるという幕切れだった事から特に古参のサポーターには今でも思い出深い一戦である。[誰?]

ちなみに、J2ではこの年を以って延長戦を廃止。翌2002年からは90分で決着しない場合は引き分けとなり、両チームに勝点1ずつを与える方式に変わった(J1もその翌年から延長戦が廃止された)。

試合データ編集

2001年11月18日
13:01
モンテディオ山形 0 - 1v
(延長)
川崎フロンターレ
公式データ 我那覇和樹   91分
モンテディオ山形
GK 01 鈴木克美
DF 26 鈴木健太郎
DF 22 鷲田雅一
DF 05 渡辺卓   90分   44分
DF 03 太田雅之   68分
MF 13 佐藤悠介   89分
MF 24 浮氣哲郎
MF 08 永井篤志   57分
MF 06 高橋健二   90分
FW 09 大島秀夫
FW 20 根本亮助
サブメンバー
GK 21 斉藤武志
DF 04 大野貴史   90分
MF 27 佐賀一平   89分
MF 10 西山哲平   57分
FW 19 松田英樹   90分
監督
柱谷幸一
川崎フロンターレ
GK 01 浦上壮史
DF 29 小島徹
DF 31 飯島寿久
DF 15 土居義典
MF 07 鬼木達
MF 23 久野智昭   83分
MF 24 塩川岳人
MF 02 高田栄二   77分   27分
MF 18 今野章
FW 16 阿部良則
FW 19 伊藤彰   65分
サブメンバー
GK 34 吉原慎也
DF 04 浅野哲也
MF 33 林晃平   65分   87分
FW 09 盛田剛平   83分
FW 17 我那覇和樹   77分
監督
石崎信弘

2001 Jリーグ ディビジョン2 第44節第1日
2001年11月18日
13:04
京都パープルサンガ 0 - 1 ベガルタ仙台
公式データ 財前宣之   89分
京都パープルサンガ
GK 12 中河昌彦
DF 16 辻本茂輝
DF 05 手島和希
DF 06 佐藤尽
DF 08 熱田眞
MF 11 石丸清隆
MF 15 松川友明   52分
MF 02 野口裕司
MF 20 安孝錬   67分
FW 18 上野優作
FW 09 黒部光昭   31分
サブメンバー
GK 21 上野秀章
DF 25 鈴木和裕
MF 03 中村忠
MF 10 松井大輔   67分
FW 17 冨田晋矢   31分
監督
ゲルト・エンゲルス
ベガルタ仙台
GK 01 高橋範夫
DF 05 ヴィエイラ
DF 06 リカルド
DF 02 渡邉晋
DF 30 村田達哉
MF 07 千葉直樹
MF 32 山田隆裕   44分
MF 14 岩本輝雄   54分
MF 10 財前宣之   89分
FW 29 大友慧   72分
FW 09 マルコス   56分
サブメンバー
GK 22 前川大樹
DF 18 森勇介
MF 26 村上和弘
MF 23 中村伸
FW 19 光岡眞矢   72分
監督
清水秀彦

2001 Jリーグ ディビジョン2 第44節第1日
2001年11月18日
13:04
サガン鳥栖 1 - 1
(延長)
大分トリニータ
森田浩史   12分 公式データ 船越優蔵   75分
鳥栖スタジアム
観客数: 12,810人
主審: 辺見康裕
サガン鳥栖
GK 16 山口哲治
DF 04 川前力也   19分
DF 11 富永英明
DF 13 関本恒一
MF 02 有村光史
MF 08 北内耕成   72分
MF 10 鈴木勝大   94分
MF 26 矢部次郎
MF 27 佐藤陽彦
FW 07 佐藤大実   63分
FW 22 森田浩史   69分
サブメンバー
GK 33 藤川康司
DF 03 山道高平   72分
FW 18 福留亮   94分
FW 20 竹元義幸   69分
FW 23 小石龍臣   63分
監督
高祖和弘
大分トリニータ
GK 01 前川和也
DF 03 池端陽介   102分
DF 07 中村祥朗   104分   39分
DF 22 加地亮
DF 26 吉村寿洋   22分
MF 14 原田武男   89分
MF 15 梅田高志
MF 18 和田雄三   79分
MF 30 竹村栄哉   60分
FW 11 吉田孝行
FW 12 船越優蔵   86分
サブメンバー
GK 17 川本良二
DF 02 三木隆司   79分   100分
MF 16 金本圭太   60分   87分
FW 20 松橋章太   104分
FW 28 ルシアノ英語版   89分
監督
小林伸二

出典編集

  1. ^ 2001 Jリーグ ディビジョン2 順位表 【第43節】”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ 2001 Jリーグ ディビジョン2 順位表 【第44節】”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年3月5日閲覧。

関連項目編集