2002年の文学は、2002年(平成14年)の文学についてまとめた記事である。

できごと編集

  • 1月16日 - 第126回芥川龍之介賞直木三十五賞(2001年下半期)の選考委員会開催。
  • 2月10日 - 「三島由紀夫文学館」で、三島が少年時代に書いた童話『仔熊の話』が発見され公開される[1]
  • 6月25日 - 社会思想社が事業停止[2]
  • 6月29日 - 「三島由紀夫文学館」で、三島が少年時代に書いた小説『白拍子』が発見され公開される[3]

編集

芥川賞・直木賞編集

第126回(2001年下半期)
第127回(2002年上半期)

その他の賞編集

2002年の本編集

小説編集

その他編集

死去編集

1月 - 3月編集

4月 - 6月編集

7月 - 9月編集

10月 - 12月編集

  • 10月14日 - 日野啓三、東京府出身の小説家。73歳没。
  • 10月21日 - 笹沢左保、東京府出身の小説家。71歳没。
  • 10月23日 - 山本夏彦、東京市出身の随筆家。87歳没。
  • 12月12日 - 笠原和夫、東京市出身の脚本家。75歳没。

脚注編集

  1. ^ 佐藤秀明井上隆史編「年譜 平成14年2月10日」(42巻年譜・書誌 & 2005-08, p. 371)
  2. ^ 社会思想社ホームページ - お別れのご挨拶
  3. ^ 佐藤秀明・井上隆史編「年譜 平成14年6月29日」(42巻年譜・書誌 & 2005-08, p. 372)
  4. ^ “ナンシー関さん死去 エッセイスト”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年6月12日). http://www.47news.jp/CN/200206/CN2002061201000236.html 2015年6月23日閲覧。 

参考文献編集

  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820 

関連項目編集