2002年ヨーロッパ水害

2002年ヨーロッパ水害 (2002 European floods) は、2002年夏のヨーロッパにおいて、ドイツチェコオーストリアフランスなど、広範囲にわたって発生した大規模な洪水である[2][3][4][5][6][7]。およそ200年から1000年に1度という記録的な大洪水であり[7]国土交通省は「異常降雨がもたらした歴史的大洪水」と称した[5]

2002年ヨーロッパ水害
Schillergarten Dresden August 2002.jpg
エルベ川の氾濫によるドレスデンにおける洪水の様子
日付2002年8月 (2002-08)
場所
死者110人 [1]

各地の洪水概要編集

2002年 ヨーロッパ各地における洪水概要[8]
概要
  チェコ ブルタバ川モルダウ川)が増水し、首相が非常事態宣言を発令。プラハの市街地が浸水。プラハで約7万人、全国で20万人が避難。死者17人。
  ドイツ エルベ川(チェコのブルタバ川の下流にあたる)の増水によりドレスデンの歴史地区の一部と宮殿が浸水。1845年に記録した過去最高水位を超える9.40mを記録。(標準水位2m)10万人以上が避難、死者20人。ドレスデンでは8月1日〜13日の間に平年比7.6倍の降雨量。
  オーストリア ウィーン西部のドナウ川流域で8人が死亡。
  ロシア 黒海沿岸のクラスノダール州において洪水が発生。400棟近くが全壊し、12,000棟が浸水。死者62人。
  フランス 南部で集中豪雨。ガール県ニームでは24時間で762mmと、ほぼ1年間の降水量に匹敵する雨量を記録。死者21人以上、行方不明者11人。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Event report”. forms2.rms.com (2002年). 2020年9月20日閲覧。
  2. ^ 2002 年夏のヨーロッパでの水害 ー エルベ川流域を中心として ー戸田圭一
  3. ^ 2002 年ヨーロッパ水害調査 ―概要報告書― (2002 年ヨーロッパ水害調査団)
  4. ^ Newsletter No.27”. www.dpri.kyoto-u.ac.jp. 2020年9月20日閲覧。
  5. ^ a b 「2002年ヨーロッパ水害調査・報告書」より 異常降雨がもたらした歴史的大洪水 - 国土交通省
  6. ^ 2002年8月 ヨーロッパ洪水調査国土技術研究センター
  7. ^ a b 2002年 世界の洪水”. www.mlit.go.jp. 国土交通省. 2020年9月20日閲覧。
  8. ^ 2002年世界の洪水・渇水被害について - 国土交通省

外部リンク編集