メインメニューを開く

2002年日本グランプリXXVIII Fuji Television Japanese Grand Prix)は2002年F1世界選手権の第17戦として、2002年10月13日に鈴鹿サーキットで開催された。

日本の旗 2002年日本グランプリ
レース詳細
2002年F1世界選手権全17戦の第17戦
Circuit Suzuka.png
日程 2002年シーズン
決勝開催日 10月13日
正式名称 XXVIII Fuji Television Japanese Grand Prix
開催地 鈴鹿サーキット
三重県鈴鹿市
コース Permanent racing facility
コース長 5.807
レース距離 307.771
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:31.317
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
タイム 1:36.125 (15周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 マクラーレン-メルセデス

目次

予選編集

予選開始35分過ぎ、アラン・マクニッシュトヨタ)が130R出口でスピンしてタイヤバリアに激突し、さらに外側のガードレールも突き破るという大クラッシュが発生した。ドライバーに怪我はなかったものの予選は赤旗中断となり、ガードレールを交換・修復するため再開まで1時間15分を要した。

最終的にミハエル・シューマッハフェラーリ)が通算50回目のポールポジション獲得。日本GPでは1998年から5年連続となる。上位グリッドはフェラーリ、マクラーレンウィリアムズジョーダンの順に2台ずつマシンが並んだ。

鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-F) 出身者である佐藤琢磨(ジョーダン)は今季自己ベストの7番グリッドを獲得。ホンダエンジンユーザー勢では最上位のポジションからスタートする。

なお、予選107%ルールはこのレースを最後に廃止されたが、2011年シーズンに復活することとなる。

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:31.317
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:31.749 +0.432
3 3   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:32.088 +0.771
4 4   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:32.197 +0.880
5 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 1:32.444 +1.127
6 6  ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 1:32.507 +1.190
7 10   佐藤琢磨 ジョーダン-ホンダ 1:33.090 +1.773
8 9   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-ホンダ 1:33.276 +1.959
9 11   ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 1:33.349 +2.032
10 15   ジェンソン・バトン ルノー 1:33.429 +2.112
11 14   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1:33.547 +2.230
12 7   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 1:33.553 +2.236
13 24   ミカ・サロ トヨタ 1:33.742 +2.425
14 16   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 1:33.915 +2.598
15 8   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 1:33.979 +2.662
16 12   オリビエ・パニス BAR-ホンダ 1:34.192 +2.875
17 17   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 1:34.227 +2.910
18 25   アラン・マクニッシュ トヨタ 1:35.191 +3.874
19 23   マーク・ウェバー ミナルディ-アジアテック 1:35.958 +4.641
20 22   アレックス・ユーン ミナルディ-アジアテック 1:36.267 +4.950

決勝編集

前日の予選で大クラッシュを喫したマクニッシュは朝のフリー走行に出走したものの、医師からドクターストップがかかり決勝レースを断念した。トヨタとの契約終了が決まっているマクニッシュは、結果的に自身最後となるグランプリをふいにした。

スタートでは上位が順当なスタートを切り、フロントローのフェラーリ2台が後続を置き去りにして独走態勢に入る。レース序盤、3位クルサードがスローダウンしピットに戻ってリタイア。パニス(BAR)も燃料系トラブルでピットインを繰り返したのちリタイアした。佐藤はルノーの2台に追い上げられながらも6位をキープ。後方ではフィジケラ(ジョーダン)、サロ(トヨタ)、ヴィルヌーヴ (BAR) が10位を争う。佐藤は最初のピットストップでルノー勢に逆転され8位に後退した。

その後もマシントラブルによるリタイアが続く。27周目、ヴィルヌーヴが最終コーナーでエンジンブローしBARチームは全滅となった。32周目には6位のトゥルーリ(ルノー)、38周目にはフィジケラがエンジンブローでリタイア。フィジケラはスタート前にもブローして佐藤のTカーに乗り換えており、この日ホンダエンジンは相次ぐトラブルに見舞われた。レース残り5周、3位ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)のBMWエンジンもブローし、ライコネン(マクラーレン)が表彰台圏内に浮上した。

他チームの混乱をよそにフェラーリは終始危なげないレース運びをみせ、圧勝のシーズンを5戦連続ワンツーフィニッシュ(今季9回目)で締め括った。年間15勝は1988年シーズンのマクラーレン・ホンダに並ぶ(当時は16戦)。ミハエル・シューマッハはシーズン全戦表彰台に立ち、年間最多勝利記録を11に伸ばした。フェラーリが履くブリヂストンタイヤはF1参戦100戦目で70勝に達した。

佐藤は2回目のピットインでバトン(ルノー)との順位を再逆転し、地元観客の大歓声の中で自身F1初入賞となる5位フィニッシュを果たした。日本人選手の入賞は中野信治(1997年ハンガリーGP)以来5年ぶり。佐藤が稼いだ2ポイントにより、ジョーダンはジャガーとBARを抜いてコンストラクターズランキング6位に浮上した(ジョーダン9点.ジャガー8点、BAR7点)。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 53 1:26:59.698 1 10
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 53 +0.506 2 6
3 4   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 53 +23.292 4 4
4 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 53 +36.275 6 3
5 10   佐藤琢磨 ジョーダン-ホンダ 53 +1:22.694 7 2
6 15   ジェンソン・バトン ルノー 52 +1 Lap 10 1
7 7   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 52 +1 Lap 12  
8 24   ミカ・サロ トヨタ 52 +1 Lap 13  
9 16   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 52 +1 Lap 14  
10 23   マーク・ウェバー ミナルディ-アジアテック 51 +2 Laps 19  
11 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 48 エンジン 5  
リタイア 17   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 39 トランスミッション 17  
リタイア 9   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-ホンダ 37 エンジン 8  
リタイア 14   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 32 機械系 11  
リタイア 11   ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 27 エンジン 9  
リタイア 22   アレックス・ユーン ミナルディ-アジアテック 14 スピン 20  
リタイア 12   オリビエ・パニス BAR-ホンダ 8 機械系 16  
リタイア 3   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 7 スロットル 3  
リタイア 8   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 3 アクシデント 15  
DNS 25   アラン・マクニッシュ トヨタ - 負傷 18  

第17戦終了時点でのランキング編集

  • 太字はワールドチャンピオン
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集