メインメニューを開く

2002 FIFAワールドカップ・アジア予選

方式編集

1次予選
参加40チームを4チームずつ10組に分け、各グループで2順の総当たり戦を実施。各グループ1位のチームが最終予選に進出する。
最終予選
1次予選を勝ち抜いた10チームを5チームずつ2組に分け、各グループでホーム・アンド・アウェーの2順の総当たり戦を実施。各グループ1位のチームが本大会出場権を得る。また各グループ2位のチームはアジア地区予選プレーオフに進出する。
アジア地区予選プレーオフ
最終予選の各グループ2位のチームがホーム・アンド・アウェー方式で対戦する。勝者が大陸間プレーオフに進出する。
大陸間プレーオフ
アジア地区予選プレーオフの勝者は、欧州予選からの大陸間プレーオフ進出チームと対戦し、これに勝利したチームが本大会出場権を得る。

1次予選編集

グループ1編集

ホーム・アンド・アウェー方式で実施。ただし「対戦チームの一方がオマーンかシリア、もう一方がラオスかフィリピン」である試合については、2試合ともオマーンないしシリアで実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  オマーン 16 6 5 1 0 33 3 30
  シリア 13 6 4 1 1 40 6 34
  ラオス 4 6 1 1 4 3 40 -37
  フィリピン 1 6 0 1 5 2 29 -27

グループ2編集

イランタブリーズでのセントラル方式により実施(このグループのみ1回戦総当たり)。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  イラン 6 2 2 0 0 21 0 21
  タジキスタン 3 2 1 0 1 16 2 14
  グアム 0 2 0 0 2 0 35 -35




グループ3編集

香港およびカタールドーハでのダブルセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  カタール 16 6 5 1 0 14 3 11
  パレスチナ 7 6 2 1 3 8 9 -1
  マレーシア 7 6 2 1 3 8 11 -3
  香港 4 6 1 1 4 3 10 -7

グループ4編集

シンガポールおよびクウェート国クウェートシティでのダブルセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  バーレーン 15 6 5 0 1 9 4 5
  クウェート 13 6 4 1 1 9 3 6
  キルギス 4 6 1 1 4 3 9 -6
  シンガポール 2 6 0 2 4 3 8 -5

グループ5編集

レバノンベイルートおよびタイバンコクでのダブルセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  タイ 16 6 5 1 0 20 5 15
  レバノン 13 6 4 1 1 26 5 21
  スリランカ 4 6 1 1 4 8 20 -12
  パキスタン 1 6 0 1 5 5 29 -24

グループ6編集

イラクバグダードおよびカザフスタンアルマトイでのダブルセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  イラク 14 6 4 2 0 28 5 23
  カザフスタン 14 6 4 2 0 20 2 18
  ネパール 6 6 2 0 4 13 25 -12
  マカオ 0 6 0 0 6 2 31 -29
  • 当初はネパールカトマンズで6試合(1順の総当たり戦)のみ実施する予定であったものの、ネパールが開催を辞退。AFCは「アルマトイで6試合」という案を提示したもののイラクが反対したため、バグダードとアルマトイで6試合ずつ(2順の総当たり戦)のダブルセントラル方式で実施されることとなった。

グループ7編集

ウズベキスタンタシュケントおよびヨルダンアンマンでのダブルセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  ウズベキスタン 14 6 4 2 0 20 5 15
  トルクメニスタン 12 6 4 0 2 12 7 5
  ヨルダン 8 6 2 2 2 12 7 5
  チャイニーズタイペイ 0 6 0 0 6 0 25 -25

グループ8編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  アラブ首長国連邦 12 6 4 0 2 21 5 16
  イエメン 11 6 3 2 1 14 8 6
  インド 11 6 3 2 1 11 5 6
  ブルネイ 0 6 0 0 6 0 28 -28

グループ9編集

ホーム・アンド・アウェー方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  中国 18 6 6 0 0 25 3 22
  インドネシア 12 6 4 0 2 16 7 12
  モルディブ 4 6 1 1 4 8 19 -11
  カンボジア 1 6 0 1 5 2 22 -20

グループ10編集

サウジアラビアダンマームでのセントラル方式により実施。

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 18 6 6 0 0 30 0 30
  ベトナム 10 6 3 1 2 9 9 0
  バングラデシュ 5 6 1 2 3 5 15 -10
  モンゴル 1 6 0 1 5 2 22 -20

最終予選編集

※最終予選はホーム・アンド・アウェー方式。

グループA編集

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 17 8 5 2 1 17 8 9
  イラン 15 8 4 3 1 10 7 3
  バーレーン 10 8 2 4 2 8 9 -1
  イラク 7 8 2 1 5 9 10 -1
  タイ 4 8 0 4 4 5 15 -10

サウジアラビアが本大会出場権を獲得。イランはAFCプレーオフ進出。

グループB編集

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  中国 19 8 6 1 1 13 2 11
  アラブ首長国連邦 11 8 3 2 3 10 11 -1
  ウズベキスタン 10 8 3 1 4 13 14 -1
  カタール 9 8 2 3 3 10 10 0
  オマーン 6 8 1 3 4 7 16 -9

中国が本大会出場権を獲得。アラブ首長国連邦はAFCプレーオフ進出。

AFCプレーオフ編集

前回のAFCプレーオフは日程の都合上中立地方式で開催されたが、開催地決定に関する騒動や開催地確保の困難から、今回よりAFCプレーオフもホーム・アンド・アウェーでの開催に変更された。




イランが大陸間プレーオフ進出。

UEFA-AFC大陸間プレーオフ編集

出典編集

  1. ^ Guam going home”. BBCスポーツ (2000年11月26日). 2011年8月25日閲覧。 “The defeat came on the back of 19-0 thrashing on Friday at the hands of Iran, a record for both goals and victory margin in a World Cup qualifier.”