メインメニューを開く

シーズン概要編集

トヨタホンダCARTからIRLにエンジン供給を変更し、それに伴い、多くのチーム・ドライバーがIRLへ転向し、陣容が大きく様変わりした。また、下部シリーズとして「インフィニティ・プロ・シリーズ(現インディ・ライツ)」が開始されたのもこの年で、それに伴いこのトップカテゴリーがインディカー・シリーズと呼ばれるようになったのもこの年である。

この年はシーズンを通してトヨタエンジンが優勢で、ホンダとシボレーは共にエース格のトニー・カナーンサム・ホーニッシュJr.がチャンピオン争いに食い込んだ以外は、ほとんどがトヨタエンジンのドライバーで上位を占めた。

上記の通り、ホンダがIRLにエンジンを供給するようになったのに伴い、ツインリンクもてぎでの一戦もこの年からIRLのシリーズ戦として行われるようになり、IRL史上初のアメリカ以外でのシリーズ戦として開催されるようになった。また、鈴木亜久里がメキシコ人ドライバーエイドリアン・フェルナンデス(自身はこの年はCARTでの参戦を継続)と手を組み、ロジャー安川を擁してスーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングとして参戦を開始したのもこの年である。

一方、マイケル・アンドレッティは所属していたチーム・グリーンの経営に参画しアンドレッティ・グリーン・レーシングとなったこの年のインディ500(途中リタイヤ)をもってレギュラードライバーとしては引退、ヘルメットを脱いだ(その後2度インディ500にスポット参戦)。また、CART時代からチーム・ペンスキーの復活をエリオ・カストロネベスと共に支えたジル・ド・フェランもこの年のインディ500や最終戦テキサスの優勝を手土産にIRLを引退した。そのド・フェランにかわりペンスキーは翌年からホーニッシュJr.を起用することになる。

その他のトピックとしては、

  • もてぎでの一戦が加わり、さらにレース数が拡大、16戦でシーズンが行われた
  • 高木虎之介もこの年からIRLへ転向、インディ500では2008年のレースまでで日本人最上位記録となる5位フィニッシュを、また6月のテキサスでは3位フィニッシュを果たす(ただし、このテキサスでは危険走行によりポイントの一部を剥奪されている)
  • 服部茂章が序盤4戦に、中野信治がもてぎとインディ500にスポット参戦したが、共に上位進出はならず。服部のIRL参戦はこの年まで、中野のIRL参戦もこの年のみである。
  • この年のシーズン後、チップ・ガナッシ・レーシングはチャンピオンとなったスコット・ディクソンに比べて成績の劣ったトーマス・シェクターに代えて、ケリー・レーシングで2002年、2003年でスポット的な計7戦の参戦ながら光る走りを見せていたトニー・レナを抜擢し、翌シーズンに臨むはずだったが、レナは10月のインディアナポリスでのテスト中に大クラッシュ、事故死した。テスト中の出来事ではあるが、IRL史上2件目のドライバーの死亡事故となった。

2003年の開催スケジュールと結果編集

もてぎがシーズン序盤戦に入り、(これ以降2008年までインディ500直前のレースとして多く開催)ナザレス・フォンタナが終盤戦に移動した。

ラウンド 開催日 レース サーキット 開催地 ポールポジション ファステストラップ 最多ラップリード 優勝者
1 3月2日   Toyota Indy 300 ホームステッド=マイアミ・スピードウェイ フロリダ州ホームステッド   トニー・カナーン   トニー・カナーン   ジル・ド・フェラン   スコット・ディクソン
2 3月23日   Purex Dial Indy 200 フェニックス・インターナショナル・レースウェイ アリゾナ州フェニックス   トニー・カナーン   スコット・ディクソン   トニー・カナーン   トニー・カナーン
3 4月13日   インディジャパン300 ツインリンクもてぎ 栃木県茂木町   スコット・ディクソン   トーマス・シェクター   トニー・カナーン   スコット・シャープ
4 5月25日   87th Indianapolis 500 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ インディアナ州スピードウェイ   エリオ・カストロネベス   トニー・カナーン   トーマス・シェクター   ジル・ド・フェラン
5 6月7日   Bombardier 500 テキサス・モーター・スピードウェイ テキサス州フォートワース   トーマス・シェクター   フェリペ・ジアフォーネ   トーマス・シェクター   アル・アンサーJr.
6 6月15日   Honda Indy 225 パイクス・ピーク・インターナショナル・レースウェイ コロラド州ファウンテン   トニー・カナーン   トニー・カナーン   スコット・ディクソン   スコット・ディクソン
7 6月28日   SunTrust Indy Challenge リッチモンド・インターナショナル・レースウェイ バージニア州リッチモンド   スコット・ディクソン   トーマス・シェクター   スコット・ディクソン   スコット・ディクソン
8 7月6日   Kansas Indy 300 カンザス・スピードウェイ カンザス州カンザスシティ   スコット・ディクソン   トニー・カナーン   ジル・ド・フェラン   ブライアン・ハータ
9 7月19日   Firestone Indy 200 ナッシュビル・スーパースピードウェイ テネシー州レバノン   スコット・ディクソン   サム・ホーニッシュJr.   トニー・カナーン   ジル・ド・フェラン
10 7月27日   Firestone Indy 400 ミシガン・インターナショナル・スピードウェイ ミシガン州ブルックリン   トーマス・シェクター   ブライアン・ハータ   サム・ホーニッシュJr.   アレックス・バロン
11 8月10日   Emerson Indy 250 ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイ イリノイ州マディソン   エリオ・カストロネベス   スコット・ディクソン   エリオ・カストロネベス   エリオ・カストロネベス
12 8月17日   Belterra Casino Indy 300 ケンタッキー・スピードウェイ ケンタッキー州スパータ   サム・ホーニッシュJr.   サラ・フィッシャー   サム・ホーニッシュJr.   サム・ホーニッシュJr.
13 8月24日   Firestone Indy 225 ナザレス・スピードウェイ ペンシルベニア州ナザレス   スコット・ディクソン   サム・ホーニッシュJr.   エリオ・カストロネベス   エリオ・カストロネベス
14 9月7日   Delphi Indy 300 シカゴランド・スピードウェイ イリノイ州ジョリエット   リッチー・ハーン   ブライアン・ハータ   トーマス・シェクター   サム・ホーニッシュJr.
15 9月21日   Toyota Indy 400 カリフォルニア・スピードウェイ カルフォルニア州フォンタナ   エリオ・カストロネベス   スコット・ディクソン   トーマス・シェクター   サム・ホーニッシュJr.
16 10月12日   Chevy 500 テキサス・モーター・スピードウェイ テキサス州フォートワース   ジル・ド・フェラン   トニー・カナーン   ジル・ド・フェラン   ジル・ド・フェラン

2003年の参戦チーム・ドライバー編集

チーム シャシー エンジン No. ドライバー スポンサー 備考
  チップ・ガナッシ・レーシング Gフォース トヨタ 9   スコット・ディクソン ターゲット
10   トーマス・シェクター ターゲット
  パンサー・レーシング ダラーラ シボレー 4   サム・ホーニッシュJr. ペンゾイル
44   ロビー・マギー Pedigo/シボレー インディ500のみ参戦
98   ビリー・ボート Pedigo/シボレー インディ500のみ参戦
  チーム・ペンスキー ダラーラ/Gフォース トヨタ 3   エリオ・カストロネベス マールボロ
6   ジル・ド・フェラン マールボロ フェニックスで負傷
6   アレックス・バロン マールボロ フェランに代わってもてぎに参戦
  アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ ホンダ 7   マイケル・アンドレッティ セブン-イレブン ホームステッドからインディ500まで参戦
11   トニー・カナーン セブン-イレブン
26   ダン・ウェルドン クラインツールズ/ジム・ビーム もてぎ以降に参戦
27   ブライアン・ハータ Archipelago/モトローラ ホームステッド、フェニックス、もてぎ、パイクス・ピークを欠場。フランキッティに代わってインディ500に出場する予定であったが怪我のため欠場
27   ダリオ・フランキッティ Alpine/Archipelago/モトローラ ホームステッド、フェニックス、パイクス・ピークのみ参戦。バイク事故のためシーズン大半を欠場
27   ロビー・ゴードン Archipelago/モトローラ ハータに代わってインディ500に参戦
  ケリー・レーシング ダラーラ トヨタ 8   スコット・シャープ デルファイ
32   トニー・レナ Cure Autism Now/HomeMed インディ500のみ参戦
  A.J.フォイト・エンタープライズ ダラーラ/Gフォース トヨタ 5   ジャック・ラジアー A.J.フォイト・レーシング テキサスからカンザスまで参戦
5   服部茂章 EPSON ホームステッドからインディ500まで参戦
14   A.J.フォイト4世 コンセコ
41   アイルトン・ダーレ A.J.フォイト・レーシング インディ500のみ参戦。テキサスでスタートせず
  ドレイヤー&レインボールド・レーシング ダラーラ シボレー 22   ロビー・ブール Purex/Aventis
23   サラ・フィッシャー Ally Financial/AOL/Raybestos ナザレスでスタートせず
  チーム・レイホール ダラーラ ホンダ/トヨタ 15   ケニー・ブラック パイオニア/Miller Lite
19   ジミー・バッサー Argent Mortgage インディ500のみ参戦
  モー・ナン・レーシング Gフォース トヨタ 12   高木虎之介 パイオニア
21   アレックス・バロン Hollywood cigarettes ジアフォーネに代わってナッシュビルからナザレスまで参戦
21   フェリペ・ジアフォーネ Hollywood cigarettes 怪我のためナッシュビルからナザレスまで欠場
  フェルナンデス・レーシング ダラーラ ホンダ 55   ロジャー安川 パナソニック/ARTA
  チーバー・レーシング ダラーラ シボレー 52   バディ・ライス レッドブル ホームステッドからナザレスまで参戦
52   アレックス・バロン レッドブル ライスに代わってジョリエット、フォンタナ、最終戦テキサスに参戦
  ベック・モータースポーツ ダラーラ シボレー 54   中野信治 ビアードパパ / オートプロジェクト・ホンダ もてぎとインディ500のみ参戦
  チーム・メナード ダラーラ シボレー 2   ヴィットール・メイラ メナーズ/ジョンズ・マンビル 10戦のみ参戦。インディ500ではカーナンバー22
2   ジャック・ラジアー メナーズ/ジョンズ・マンビル ホームステッドからインディ500まで参戦
2   リッチー・ハーン メナーズ/ジョンズ・マンビル ジョリエットのみ参戦
  PDMレーシング ダラーラ シボレー 18   エド・カーペンター Metabolife Ultra / PDMレーシング ジョリエット、フォンタナ、フォートワースのみ参戦
18   スコット・メイヤー Bank one / PDMレーシング ホームステッドからもてぎまで参戦。インディ500のルーキー・オリエンテーションを欠場
18   ジミー・カイト Denny Hecker's Auto Connection メイヤーに代わってインディ500に参戦
  アクセス・モータースポーツ Gフォース ホンダ 13   グレッグ・レイ TrimSpa ホームステッド、フェニックスを欠場。ジョリエットでスタートせず
  ヘメルガーン・レーシング ダラーラ シボレー 91   バディ・ラジアー Metabolife/ヘメルガーン・レーシング ホームステッドを欠場。フォンタナ、最終戦テキサスでスタートせず
91   リッチー・ハーン Delta Faucet/Life Fitness ラジアーに代わってフォンタナ、最終戦テキサスに参戦
  サム・シュミット・モータースポーツ Gフォース トヨタ 99   リッチー・ハーン Contour Hardening インディ500のみ参戦

ポイントランキング編集

優勝から10位までは順に50-40-35-32-30-28-26-24-22-20のポイントが与えられ、それ以下は1ポイントずつ減少し(29位以下はすべて1ポイント)、最多リードラップに2ポイントのボーナスポイントを総合しタイトルが争われた。

ディクソンが3勝・2位5回の安定した速さでチャンピオンを獲得。ド・フェランはもてぎのけがによる欠場が、カストロネベス・ホーニッシュJr.は前半の出遅れが、カナーンは1勝止まりに終わったことが響いた。

順位 ドライバー HMS
 
PHX
 
MOT
 
INDY
 
TXS
 
PIK
 
RIR
 
KAN
 
NSH
 
MIS
 
GAT
 
KTY
 
NAZ
 
CHI
 
FON
 
TXS
 
ポイント
1   スコット・ディクソン 1 20 15 17 6 1* 1* 6 2 5 15 2 16 2 2 2 507
2   ジル・ド・フェラン 2* 14 1 8 3 3 3* 1 7 3 9 4 12 15 1* 489
3   エリオ・カストロネベス 3 2 22 2 7 12 2 2 3 17 1* 5 1* 20 6 13 484
4   トニー・カナーン 4 1* 14* 3 2 2 5 4 9* 16 2 6 18 6 3 14 476
5   サム・ホーニッシュJr. 10 21 6 15 10 5 4 17 11 2* 6 1* 2 1 1 17 461
6   アル・アンサーJr. 13 4 5 9 1 14 10 14 8 9 20 4 6 19 9 9 374
7   トーマス・シェクター 8 15 16 4* 18* 8 18 9 10 3 4 10 19 5* 5* 15 356
8   スコット・シャープ 5 7 1 20 16 11 17 16 13 4 10 13 12 11 8 6 351
9   ケニー・ブラック 11 5 2 16 4 7 7 5 6 18 19 19 5 21 20 16 342
10   高木虎之介 12 22 8 5 31 6 13 18 7 6 7 18 14 9 18 7 317
11   ダン・ウェルドン 7 19 20 19 8 21 4 20 5 8 7 4 4 3 312
12   ロジャー安川 14 17 21 10 9 17 11 7 15 8 18 12 8 8 7 10 301
13   ブライアン・ハータ DNQ 5 14 1 12 19 21 3 3 3 22 5 277
14   ロビー・ブール 19 12 10 23 22 15 15 12 21 13 12 7 9 10 12 11 261
15   グレッグ・レイ 9 8 11 18 12 8 16 10 8 15 17 DNS 14 8 253
16   バディ・ライス 16 9 13 11 14 9 9 19 18 11 14 11 10 229
17   アレックス・バロン 17 6 5 1 16 20 15 7 10 20 216
18   サラ・フィッシャー 15 8 23 31 15 20 19 11 20 15 13 14 DNS 18 19 12 211
19   バディ・ラジアー 11 19 21 13 10 20 13 14 12 11 16 13 16 201
20   フェリペ・ジアフォーネ 9 3 3 33 17 13 6 22 15 16 19 199
21   A.J.フォイト4世 17 18 18 18 21 22 21 15 17 14 17 17 11 17 17 22 198
22   ヴィットール・メイラ 12 12 16 22 20 19 21 9 DNS 11 4 170
23   ジャック・ラジアー 20 6 12 29 19 21 16 10 DNS 120
24   マイケル・アンドレッティ 6 13 4 27 80
25   ダリオ・フランキッティ 7 16 4 72
26   服部茂章 18 10 20 30 43
27   エド・カーペンター 13 13 21 43
28   リッチー・ハーン 28 14 21 18 39
29   中野信治 11 14 35
30   トニー・レナ 7 26
31   スコット・メイヤー 21 19 24 DNQ 26
32   ジミー・カイト 13 17
33   ロビー・ゴードン 22 8
34   アイルトン・ダーレ 24 DNQ 6
35   ロビー・マギー 25 5
36   ジミー・バッサー 26 4
37   ビリー・ボート 32 1
順位 ドライバー HMS
 
PHX
 
MOT
 
INDY
 
TXS
 
PIK
 
RIR
 
KAN
 
NSH
 
MIS
 
GAT
 
KTY
 
NAZ
 
CHI
 
FON
 
TXS
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
4位・5位
水色 6位-10位
青灰色 完走
(11位以下)
リタイヤ
(Ret)
予選落ち
(DNQ)
茶色 撤退
(Wth)
失格
(DSQ)
スタートせず
(DNS)
空欄 欠場
(DNP)
エントリーせず
注釈など
太字 ポールポジション
斜字 ファステストラップ
* 最多リードラップ
(3ポイント)
ルーキーオブザイヤー
ルーキー
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
ポイント 50 40 35 32 30 28 26 24 22 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 1 1 1 1
  • 同ポイントの場合は勝利数が多い方が上位となる。

編集

1 高木虎之介は第5戦テキサスでの危険走行により23ポイントが剥奪された。

関連項目編集

外部リンク編集