メインメニューを開く
2003年の全日本GT選手権
前年: 2002 翌年: 2004
ザナヴィ ニスモ GT-R(チャンピオン車両)

2003年の全日本GT選手権JGTC)は、2003年3月29日・30日にTIサーキット英田で開幕し、2003年11月15日・16日に鈴鹿サーキットで閉幕した全8戦のシリーズである。

前年からの主な変更点編集

レギュレーション編集

車両規定編集

この年は大幅な車両規定の変更が行われた。

競技規定編集

  • ピット作業内で、給油中のタイヤ交換を禁止。
  • ドライブスルーペナルティー(=ピットロードを必ず通過するペナルティー)の導入。
  • GT300の決勝順位のウエイトハンデの軽減(5位以下)を、-10kg→-15kgに変更。

レーススケジュール編集

マシン編集

GT500編集

スープラ編集
  • トヨタ自動車陣営は、車種こそ引き続きスープラで変わらないものの、搭載エンジンを2L・ターボ3S-GTEから、NAエンジンの3UZ-FEに変更した。なお、この年のレギュレーションでは「大排気量のNAエンジンが有利」との判断から[1]、排気量を4.3Lから5.2Lまで拡大している。
NSX編集
  • ホンダ陣営は、引き続きNSXで変わらないものの、エンジン搭載を横置きから縦置きに変更した。今年から導入された前面投影面積による車重補正規制(スープラを基準とし、GT-Rはマイナス補正に対し、NSXはプラス補正)により前半は苦戦したが、エンジンや車体空力の改善[2]により復調し、第5戦と第6戦とで優勝した。
スカイラインGT-R編集
  • ニッサン陣営は、引き続きGT-Rで3年連続の3台のみの参戦(NISMOの2台とIMPUL)となった。搭載エンジンは、昨シーズン途中から換装したVQ30DETTと変わらないものの、トランスミッションはトランスアクスルレイアウト化を行った。また前面投影面積による車重補正規制で、マイナス補正された為、シーズン3勝(IMPUL 2勝、NISMO 1勝)を飾り、23号車がシーズン総合優勝を飾った。
  • 排ガス規制の強化に伴い前年8月にGT-Rの販売が休止された関係から、この年をもってGT-Rの参戦は休止となり、翌年からはフェアレディZ(Z33系)に変更した。

GT300編集

この年は3台のニューマシンが登場した年である。

また、ニューカマーマシンではないが、いくつかのチームが新車を投入した。

  • ジムゲイナーがF360を投入。このマシンは、童夢との共同開発で製作された。そのため、風洞実験も重ねられ随所に500クラスのNSXのノウハウがつぎ込まれている。
  • チームタイサンが第2戦から55号車バイパーが新型モデルに変更した。

エントリーリスト編集

GT500クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 エッソウルトラフロースープラ   脇阪寿一
  飯田章
ESSO TOYOTA Team LeMans B
8 ARTA NSX   土屋圭市
  金石年弘
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニックスカイライン   ブノワ・トレルイエ
  井出有治
TEAM IMPUL B
16 G'ZOX 無限 NSX(Rd.1-5)
→G'ZOX NSX(Rd.6-8)
  伊藤大輔
  トム・コロネル
無限(Rd.1-5)
童夢 レーシングチーム(Rd.6-8)
B
18 TAKATA 童夢 NSX   道上龍
  セバスチャン・フィリップ(Rd.1-6,8)
  パオロ・モンティン(Rd.7)
童夢 レーシングチーム B
22 モチュール ピットワーク GT-R   影山正美
  リチャード・ライアン
NISMO B
23 ザナヴィ ニスモ GT-R   本山哲
  ミハエル・クルム
NISMO B
25 ADVAN スープラ   荒聖治(Rd.1,3-8)
  野田英樹(Rd.2)
  ジェレミー・デュフォア
TEAM ADVAN・ツチヤ Y
35 プロジェクトμ エスペリア スープラ   服部尚貴
  脇阪薫一
KRAFT D
36 WOODONE トムス スープラ   土屋武士
  エリック・コマス
TOYOTA TEAM TOM'S B
37 ZENT トムス スープラ   黒澤琢弥
  マルコ・アピチェラ
TOYOTA TEAM TOM'S B
38 au セルモスープラ   竹内浩典
  立川祐路
TOYOTA TEAM CERUMO B
39 デンソー サードスープラ GT   ドミニク・シュワガー
  織戸学
TOYOTA TEAM SARD B
62 Vemac R&Dダンロップ350R(Rd.2-6)   柴原眞介
  密山祥吾
アールアンドデースポーツ D
64 Mobil 1 NSX   松田次生
  小暮卓史(Rd.1-3)
  アンドレ・ロッテラー(Rd.4-8)
Mobil 1 NAKAJIMA RACING B
76 イエローコーンマクラーレンGT-R   五十嵐勇大(Rd.1-3)
  黒澤治樹(Rd.4-8)
  田嶋栄一
HITOTSUYAMA RACING D
88 ノマド ディアブロ JGT-1   古谷直広(Rd.1-3)
  山西康司(Rd.4-8)
  WADA-Q
JLOC D
100 RAYBRIG NSX   加藤寛規
  光貞秀俊
チーム国光 with MOON CRAFT B

GT300クラス編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
2 リニューカー・ベルノ東海 NSX(Rd.1-3)
→リニューカーインターリンクNSX(Rd.4-8)
  高橋一穂
  渡辺明
ベルノ東海ドリーム28 Y
3 ハセミモータースポーツ・エンドレス・Z   木下みつひろ
  柳田真孝
ハセミモータースポーツ Y
5 BANPRESTO B-1 マッハ号GT 320R   玉中哲二
  三船剛
TEAM B1 Y
7 雨宮マツモトキヨシアスパラドリンクRX-7   谷口信輝
  大井貴之
RE雨宮レーシング Y
9 MACHINE X MT(Rd.1)
→正義の味方 覆面レーサーX MT(Rd.2-8)
  菅一乗(Rd.1-5,7,8)
  石川朗(Rd.6)
  筒井克彦
A&S RACING Y
10 レイジュン・ダンロップ GT-1(Rd.1-4,6)
→レイジュン・ダンロップ GT3R(Rd.5)
  OSAMU
  倉嶋新一(Rd.1-3)
  水谷竜也(Rd.4)
  古谷直広(Rd.5,6)
TEAM LEYJUN D
11 JIM RodeoDrive アドバンF360   松田秀士
  田中哲也
TEAM GAINER Y
14 CASTLE IDEAL RX7(Rd.5)   Tengku Djan Ley
  山野哲也
AMPREX MOTORSPORTS BF
15 AMPREX BMW M3GT   橋本元次
  チャールズ・クワン(Rd.1-6)
  山野哲也(Rd.7,8)
AMPREX MOTORSPORTS BF
17 Kosei SPIRIT MR-S(Rd.1-6)
→Kosei SPIRIT CELICA(Rd.8)
  松永まさひろ
  長嶋正興
TOM’S SPIRIT Y
19 ウェッズスポーツ MR-S(Rd.1,2)
→ウェッズスポーツCELICA(Rd.3-8)
  青木孝行
  田中実
RACING PROJECT BANDOH Y
21 ダンロップ BMW M3GT(Rd.1-5)   一ツ山幹雄
  一ツ山康(Rd.2-5)
  滑川健(Rd.1,2,4)
  松本晴彦(Rd.3,5)
HITOTSUYAMA RACING D
24 Endless タイサン アドバン GT3R   余郷敦(Rd.1,3-8)
  アダム・ウィルコック英語版(Rd.2)
  浅井亮博
TEAM TAISAN Jr. Y
26 PLUS e タイサン アドバン GT3R   山路慎一
  西澤和之
TEAM TAISAN ADVAN Y
31 RECKLESS MR-S   佐々木孝太
  後藤聡
TEAM RECKLESS BF
34 DENTARE MR-S   西澤誠剛
  松田晃司
A'PEX with apr BF
43 ARTA Garaiya   新田守男
  高木真一
AUTOBACS RACING TEAM AGURI BF
51 C-WEST・AUTO-STAFF・ADVANシルビア   尾本直史(Rd.1-6,8)
  白井剛(Rd.7)
  アダム・ウィルコックス(Rd.1)
  加藤正将(Rd.2-8)
AUTO STAFF RACING Y
55 ECLIPSE タイサン ADVAN バイパー   山田英二
  木下隆之
TEAM TAISAN ADVAN Y
61 R&DスポーツダンロップGT3R(Rd.2,3,5,6)   勝間田敦
  岸剛之(Rd.2,3)
  井原慶子(Rd.5,6)
アールアンドデースポーツ D
63 レイジュン・ダンロップ 320R(Rd.8)   OSAMU
  中川隆正
TEAM LEYJUN D
69 FK/Massimo 外国屋 ADVAN GT3R   山岸大
  位高敬
TEAM GAIKOKUYA Y
70 外国の 外国屋 ダンロップ ポルシェ   石橋義三
  清水剛(Rd.1-4)
  和田博(Rd.5,8)
  伊橋勲(Rd.6,7)
TEAM GAIKOKUYA D
71 シグマMR-S(Rd.1-4)
→シグマDUNLOPセリカ(Rd.5-8)
  Guts城内(Rd.1-5)
  片岡龍也(Rd.6,7)
  黒澤治樹(Rd.8)
  澤圭太
シグマテックレーシングチーム D
77 クスコスバルADVANインプレッサ   小林且雄
  谷川達也
CUSCO RACING Y
81 ダイシンADVANシルビア   星野一樹
  植松忠雄
TEAM DAISHIN Y
111 ARKTECH ダンロップGT3
(Rd.2-6,8)
  飯島寛也
  芳賀重光
アークテックモータスポーツ D
910 910 BORO アドバンポルシェ   平川晃
  宮川やすお
910 RACING Y
911 高見沢バイタルポイントGT3R(Rd.2,4,5,6,8)   高見沢一吉
  砂子塾長
910 RACING Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップBFグッドリッチ

スケジュール及び勝者編集

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 3月29日・30日 TIサーキット英田 約300km 脇阪寿一
飯田章
トヨタ・スープラ
余郷敦
浅井亮博
ポルシェ・911GT3R)
第2戦 5月3日・4日 富士スピードウェイ 約500km 影山正美
リチャード・ライアン
日産・スカイラインGT-R
山路慎一
西澤和之
(ポルシェ・911GT3R)
第3戦 5月24日・25日 スポーツランドSUGO 約300km 脇阪寿一
飯田章
(トヨタ・スープラ)
佐々木孝太
後藤聡
トヨタ・MR-S
第4戦 7月13日・14日 富士スピードウェイ 88km/132km
(2レース制)
ブノワ・トレルイエ
井出有治
(日産・スカイラインGT-R)
山田英二
木下隆之
ダッジ・バイパー
第5戦 8月2日・3日 富士スピードウェイ 約300km 道上龍
セバスチャン・フィリップ
ホンダ・NSX
青木孝行
田中実
トヨタ・セリカ
第6戦 9月13日・14日 ツインリンクもてぎ 約300km 伊藤大輔
トム・コロネル
(ホンダ・NSX)
片岡龍也
澤圭太
(トヨタ・セリカ)
第7戦 10月25日・26日 オートポリス 約300km ドミニク・シュワガー
織戸学
(トヨタ・スープラ)
片岡龍也
澤圭太
(トヨタ・セリカ)
第8戦 11月15日・16日 鈴鹿サーキット 約300km ブノワ・トレルイエ
井出有治
(日産・スカイラインGT-R)
青木孝行
田中実
(トヨタ・セリカ)

ポイントランキング編集

ドライバー編集

決勝順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1
予選順位 1位 2位 3位
ポイント 1 1 1
決勝ベストラップ順位 1位 2位 3位
ポイント 1 1 1

GT500編集

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 23 本山哲
ミハエル・クルム
2 4 3 5 2 11 5 3 86
2 1 脇坂寿一
飯田章
1 12 1 6 4 4 4 7 83
3 22 影山正美
リチャード・ライアン
8 1 5 2 11 13 6 4 65
4 12 ブノワ・トレルイエ
井出有治
12 2 17Ret 1 16 6 11 1 64
5 36 土屋武士
エリック・コマス
6 10 2 7 5 2 8 8 61
6 39 ドミニク・シュワガー
織戸学
14 3 14 3 7 7 1 9 57
7 18 道上龍 3 14Ret 7 8 1 14 14Ret 2 55
8 18 セバスチャン・フィリップ 3 14Ret 7 8 1 14 17- 2 55
9 38 竹内浩典
立川祐路
17DNS 18DSQ 10 4 3 9 3 13 46
10 16 伊藤大輔
トム・コロネル
4 15Ret 9 12 8 1 10 11 38
11 64 松田次生 5 6 8 13 9 16Ret 2 12 36
12 100 加藤寛規
光貞秀俊
7 7 16 17 13 5 9 5 27
13 25 ジェレミー・デュフォア 10 13Ret 4 14 17 3 12 17Ret 35
14 25 荒聖治 10 19- 4 14 17 3 12 17Ret 35
15 35 服部尚貴
脇阪薫一
9 5 6 10 10 12 7 10 24
16 64 アンドレ・ロッテラー 18- 20- 19- 13 9 16Ret 2 12 19
17 64 小暮卓史 5 6 8 19- 19- 19- 18- 19- 17
18 37 黒澤琢弥
マルコ・アピチェラ
16Ret 8 13 15 6 10 13 14 15
19 8 土屋圭市
金石年弘
11 16Ret 11 11 12 8 15Ret 6 9
20 76 田嶋栄一 13 9 12 18 14 18Ret 19- 15 2
20 76 五十嵐勇大 13 9 12 20- 20- 20- 20- 20- 2
20 62 柴原眞介
密山祥吾
19- 11 15 9 18Ret 17Ret 21- 16 2
21 76 黒澤治樹 20- 21- 20- 18 14 21- 22- 21- 0
22 88 和田久 15 17Ret 18Ret 16 15 15 16Ret 18Ret 0
23 88 山西康司 21- 22- 21- 16 15 15 16Ret 18Ret 0
24 88 古谷直広 15 17Ret 18Ret 21- 21- 22- 23- 22- 0
25 76 清水剛 22- 23- 22- 22- 22- 18Ret 24- 15 0
26 25 野田英樹 23- 13Ret 23- 23- 23- 23- 25- 23- 0
27 18 パオロ・モンティン 24- 24- 24- 24- 24- 24- 14Ret 24- 0

チーム編集

GT500編集

順位 No チーム Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 22 NISMO 8 1 5 2 11 13 6 4 106
23 2 4 3 5 2 11 5 3
2 1 ESSO TOYOTA Team LeMans 1 12 1 6 4 4 4 7 83
3 16 童夢 レーシングチーム 19- 19- 19- 19- 8 1 10 11 77
18 3 14Ret 7 8 1 14 14Ret 2
4 36 TOYOTA TEAM TOM'S 6 10 2 7 5 2 8 8 66
37 16Ret 8 13 15 6 10 13 14
5 12 TEAM IMPUL 12 2 17Ret 1 16 6 11 1 64
6 39 TOYOTA TEAM SARD 14 3 14 3 7 7 1 9 57
7 38 TOYOTA TEAM CERUMO 17DNS 18DSQ 10 4 3 9 3 13 46
8 64 Mobil 1 NAKAJIMA RACING 5 6 8 13 9 16Ret 2 12 36
9 100 チーム国光 with MOON CRAFT 7 7 16 17 13 5 9 5 27
10 25 TEAM ADVAN・ツチヤ 10 13Ret 4 14 17 3 12 17Ret 35
11 35 KRAFT 9 5 6 10 10 12 7 10 24
12 16 無限 4 15Ret 9 12 19- 19- 17- 19- 13
13 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 11 16Ret 11 11 12 8 15Ret 6 9
14 76 HITOTSUYAMA RACING 13 9 12 18 14 18Ret 18- 15 2
14 62 アールアンドデースポーツ 20- 11 15 9 18Ret 17Ret 19- 16 2
14 88 JLOC 15 17Ret 18Ret 16 15 15 16Ret 18Ret 0

脚注編集

  1. ^ レギュレーションで装着が義務づけられているリストリクター径が、エンジン排気量が3.5L以上では全て同一サイズであった。
  2. ^ 車体側面のエアインレット廃止や、フロントバンパー下をえぐった形に変更した。

関連項目編集