2003年の相撲(2003ねんのすもう)は、2003年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲編集

できごと編集

  • 1月、協会が初めて手掛ける携帯電話サイト「大相撲」の解説を発表。横綱貴乃花引退、一代年寄貴乃花承認。横審委員長に石橋義夫が就任。1月場所後、朝青龍が横綱に昇進。
  • 3月、32代式守伊之助が31代木村庄之助に、木村咸喬が33代式守伊之助に昇格。元小結大善引退、年寄富士ヶ根襲名。
  • 4月、6月に予定されていた韓国公演が新型肺炎(SARS)の影響により延期。年寄山分(元前頭3枚目栃富士)死去、56歳。
  • 5月、5月場所初日から国技館内で親方衆をゲストに迎えて放送する「どすこいFM」が開始。元関脇安芸乃島引退、年寄藤島襲名。歴代1位の金星16個、三賞19回の記録を残した。
  • 7月、携帯電話サイト「大相撲」の「着ボイス」に現役力士の声を収録。
  • 9月、9月場所、江戸開府400年記念イベントを実施。来場者プレゼントとして4日間、クリアファイルを配布。相撲教習所を開放し、「ちゃんこ屋台」を開設。ペアチケットが当たるアンケートなどを行った。テレビ朝日系列で昭和34年から放送されていた「大相撲ダイジェスト」の放送が千秋楽を持って終了した。
  • 11月、元横綱武蔵丸引退、年寄武蔵丸承認。元前頭筆頭蒼樹山引退、年寄枝川襲名。
  • 12月、12日に国技館サービス株式会社主催の「お客様感謝の集い」が国技館で行われた。

本場所編集

参考文献編集

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p111