メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2003年のJリーグカップ

2003年Jリーグカップ3月8日に開幕、11月3日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝戦が行われた。

2003 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2003年3月8日-11月3日
参加チーム数 16
優勝 浦和レッズ
準優勝 鹿島アントラーズ
試合総数 49
ゴール数 136 (1試合平均 2.78 点)
観客動員数 491,048 (1試合平均 10,021 人)
得点王 エメルソン(浦和・8得点)
最優秀選手 田中達也(浦和)
2002
2004
テンプレートを表示

優勝は浦和レッズ(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップとして開催された。

レギュレーション編集

2003年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJ1リーグの16クラブのみである。
  • この内、AFCチャンピオンズリーグ2002-2003に参加する鹿島アントラーズ清水エスパルス[1]は決勝トーナメントからの参加になる。
  • これ以外の14クラブを4クラブによるグループリーグ2つと、3クラブによるグループリーグ2つに組分けして、ホーム・アンド・アウェーの総当りリーグ戦を行う。
  • グループリーグの1位クラブ、および4クラブによるグループリーグの2位クラブは決勝トーナメント進出決定。
  • 決勝トーナメントは予選を勝ち抜いた6クラブに、鹿島、清水の2クラブを合わせて行う。
  • 準決勝まではホーム・アンド・アウェーで、決勝戦は国立霞ヶ丘陸上競技場での1試合のみで決着を付ける。
  • 準々決勝、準決勝では、2試合で勝敗が決しない場合、2試合目の終了後に15分ハーフの延長戦を行い、それでも決着がつかない場合はPK戦によって決定する。

グループリーグ編集

グループリーグは3月8日15日4月9日23日7月7日16日に行われた。

グループリーグの結果は以下の通りである。

グループA編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ジュビロ磐田 10 3 1 2 13 8 5
2 浦和レッズ 8 2 2 2 4 5 -1
3 東京ヴェルディ1969 8 2 2 2 7 10 -3
4 ヴィッセル神戸 7 2 1 3 9 10 -1

グループB編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 FC東京 11 3 2 1 12 5 7
2 横浜F・マリノス 11 3 2 1 10 5 5
3 ベガルタ仙台 7 2 1 3 9 11 -2
4 柏レイソル 3 0 3 3 3 13 -10

グループC編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ガンバ大阪 7 2 1 1 8 6 2
2 セレッソ大阪 5 1 2 1 4 4 0
3 ジェフユナイテッド市原 4 1 1 2 5 7 -2

グループD編集

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 名古屋グランパスエイト 8 2 2 0 3 1 2
2 京都パープルサンガ 5 1 2 1 5 5 0
3 大分トリニータ 2 0 2 2 5 7 -2

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月13日27日        
 鹿島アントラーズ 6
10月1日8日
 名古屋グランパスエイト 1  
 鹿島アントラーズ 2
8月13日27日
   ジュビロ磐田 1  
 横浜F・マリノス 0
11月3日
 ジュビロ磐田 4  
 鹿島アントラーズ 0
8月13日27日
   浦和レッズ 4
 清水エスパルス 4
10月1日8日
 ガンバ大阪 3  
 清水エスパルス 2
8月13日27日
   浦和レッズ 6  
 浦和レッズ 4
 FC東京 2  

準々決勝編集

第1戦編集

鹿島アントラーズ 5 - 1 名古屋グランパスエイト
エウレル   39分
小笠原満男   55分
中田浩二   61分71分
平瀬智行   80分
レポート 吉村圭司   87分

横浜F・マリノス 0 - 1 ジュビロ磐田
レポート 西野泰正   19分
横浜国際総合競技場
観客数: 12,016人
主審: 奥谷彰男

清水エスパルス 1 - 1 ガンバ大阪
安貞桓   51分 レポート マグロン   78分

浦和レッズ 2 - 2 FC東京
エメルソン   64分
千島徹   89分
レポート 戸田光洋   28分86分

第2戦編集

名古屋グランパスエイト 0 - 1 鹿島アントラーズ
レポート 相馬直樹   87分

鹿島の2勝(2戦合計6-1)により鹿島が準決勝進出。


ジュビロ磐田 3 - 0 横浜F・マリノス
グラウ   56分
前田遼一   69分
西野泰正   85分
レポート

磐田の2勝(2戦合計4-0)により磐田が準決勝進出。


ガンバ大阪 2 - 3 清水エスパルス
大黒将志   70分
宮本恒靖   82分
レポート エメルソン   31分
森岡隆三   76分
太田圭輔   89分
万博記念競技場
観客数: 6,053人
主審: 片山義継

清水の1勝1分け(2戦合計4-3)により清水が準決勝進出。


FC東京 0 - 2 浦和レッズ
レポート エメルソン   60分89分
味の素スタジアム
観客数: 17,343人
主審: 奥谷彰男

浦和の1勝1分け(2戦合計4-2)により浦和が準決勝進出。

準決勝編集

第1戦編集

鹿島アントラーズ 0 - 1 ジュビロ磐田
レポート ジヴコヴィッチ   87分

清水エスパルス 1 - 0 浦和レッズ
安貞桓   23分 レポート
日本平スタジアム
観客数: 8,048人
主審: 太田潔

第2戦編集

ジュビロ磐田 0 - 2 鹿島アントラーズ
レポート フェルナンド   47分
本山雅志   61分

1勝1敗、2戦合計2-1で鹿島が決勝進出。


浦和レッズ 6 - 1 清水エスパルス
田中達也   26分44分
エメルソン   54分57分62分
山瀬功治   70分
レポート トゥット   77分

1勝1敗、2戦合計6-2で浦和が決勝進出。

決勝編集

決勝は2年連続で鹿島と浦和の対戦となった。鹿島は大会連覇と通算10冠、浦和は2年続けての初タイトルへの挑戦となり、決勝戦のポスターには「連覇か、雪辱か」というフレーズが使われた。この日は雨が降り続いていたにも関わらず、両チームのサポーターにより51,758名の大観衆が詰めかけた。

試合は浦和が前半13分に山瀬功治のゴールで先制するも、前半36分にエメルソン坪井慶介がCKのディフェンスの際に激突して負傷。治療している間に鹿島が猛攻を仕掛けたが、浦和が必死の守備で防ぎこのまま前半終了。後半開始時に坪井が復帰すると、浦和はエメルソンと田中達也がゴールを決めて一気に突き放す。さらに後半41分にはエメルソンがこの日2点目となるゴールを決め、そのまま試合終了。浦和が4-0で勝利し、前年の雪辱を果たすと共に悲願の初タイトルを獲得した。

鹿島アントラーズ 0 - 4 浦和レッズ
レポート 山瀬功治   13分
エメルソン   48分86分
田中達也   56分
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 51,758人
主審: 上川徹
鹿島アントラーズ
GK 21   曽ヶ端準
DF 02   名良橋晃
DF 20   池内友彦   15分   59分
DF 03   秋田豊 
DF 04   大岩剛   9分
DF 22   石川竜也   59分
MF 06   本田泰人
MF 24   青木剛
MF 08   小笠原満男   29分   60分
FW 09   エウレル   26分
FW 26   深井正樹
控え:
GK 32   西部洋平
DF 15   金古聖司
DF 07   相馬直樹   59分
MF 25   野沢拓也   59分
FW 27   中島裕希   26分
   
監督
  トニーニョ・セレーゾ
浦和レッズ
GK 23   都築龍太
DF 02   坪井慶介
DF 03   ゼリッチ   77分
DF 29   ニキフォロフ   33分
MF 06   山田暢久
MF 13   鈴木啓太   53分
MF 19   内舘秀樹 
MF 14   平川忠亮
MF 08   山瀬功治   84分
FW 11   田中達也   82分
FW 10   エメルソン
控え:
GK 01   山岸範宏
DF 12   三上卓哉
MF 20   堀之内聖
MF 17   長谷部誠   84分
FW 09   永井雄一郎   82分
   
監督
  ハンス・オフト
2003 Jリーグカップ 優勝
浦和レッズ
初優勝
テレビ中継

表彰編集

  • ニューヒーロー賞 田中達也(浦和レッズ)
  • 大会MVP 田中達也(浦和レッズ)

脚注編集

  1. ^ この当時は2001年度に行われたJ1天皇杯の優勝クラブのみがACLに出場した

関連項目編集

外部リンク編集