2003年イラク攻撃(2003ねんイラクこうげき)は、2003年アメリカ合衆国イギリスなどの有志連合軍がイラクの大統領であるサッダーム・フセインの排除を目的としてイラクを攻撃し、フセイン政権を崩壊させた事件である。

2003年イラク攻撃
Haditha Dam in Invasion of Iraq.jpg
閃光に染まるハディーサの町。アメリカ側は電撃的に作戦を遂行したが、イラク側の被害は大きかった。
戦争イラク戦争
年月日2003年3月20日5月1日
場所イラク本土とその周辺海域
結果有志連合軍の勝利、イラクのフセイン政権が崩壊。
交戦勢力
有志連合 イラクの旗 イラク
指導者・指揮官
アメリカ合衆国の旗 ジョージ・W・ブッシュ
アメリカ合衆国の旗 ディック・チェイニー
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ラムズフェルド
アメリカ合衆国の旗 コリン・パウエル
アメリカ合衆国の旗 コンドリーザ・ライス
アメリカ合衆国の旗 トミー・フランクス
イギリスの旗 トニー・ブレア
イギリスの旗 ジェフ・フーン
イギリスの旗 ブライアン・バリッジ
オーストラリアの旗 ジョン・ハワード
オーストラリアの旗 ピーター・コスグローブ
ポーランドの旗 アレクサンデル・クファシニェフスキ
イラクの旗 サッダーム・フセイン
イラクの旗 イッザト・イブラーヒーム
イラクの旗 アービド・ハーミド・マフムード
イラクの旗 アリー・ハサン・アル=マジード
イラクの旗 ターハー・ヤースィーン・ラマダーン
イラクの旗 バルザーン・イブラーヒーム・ハサン
イラクの旗 サラー・アル・ハマダニ
イラクの旗 ターリク・ミハイル・アズィーズ
イラクの旗 ウダイ・サッダーム・フセイン
イラクの旗 クサイ・サッダーム・フセイン
戦力
米21万4千人
英4万5千人
豪2千人
波2千400人

計約26万3千人
131万人
損害
200人以上戦死 4万5千人戦死

前史・概要編集

 
湾岸戦争

1991年、イラクは湾岸戦争に敗戦したが、フセイン政権は倒されなかった。しかし、その10年後の2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件が発生すると、アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュテロとの戦いを宣言し、アフガニスタン攻撃。瞬く間に同国のタリバン政権を崩壊させた[1]

2002年、ブッシュはイラク、イラン北朝鮮悪の枢軸と呼んで名指しで批判。アメリカは兼ねてから敵視していたイラクに様々な圧力をかけていき、イラクが大量破壊兵器を開発しているという疑惑も上がった[2]

その後イラクは国際連合の核査察を受け入れ、結果的に大量破壊兵器は発見されなかった。しかしアメリカはこの結果を受け入れる事ができないとし、イギリスなどと協力してイラク攻撃の準備を進めていった[3]。またオーストラリアポーランドも参戦すると発表した[4]

そして3月17日、アメリカはイラクに最後通牒を突きつけた。ブッシュはフセインらに48時間以内の国外退去を要求し、従わなければイラクを攻撃すると明言[5]。フセインは徹底抗戦を宣言した[6]

攻撃・戦闘編集

 
有志連合軍の侵攻ルート

2003年3月20日連合軍はついにイラク攻撃を開始特別共和国防衛隊を中心とするイラク軍がこれを迎え撃った。

ウンム・カスルの戦い編集

 
ウンム・カスルに侵攻する米軍のM1エイブラムス戦車
 
ウンム・カスルに上陸したポーランド軍

イラク南部に上陸した連合軍は、まずウンム・カスルなどを攻略した。しかしそれは本格的な上陸作戦というよりは特殊作戦による占領という性格の戦闘であった[7]

バスラの戦い編集

 
バスラ市内

ウンム・カスルやルメイラ油田など、イラク南部を攻略した連合軍は北上して要衝バスラを攻略した。この時イギリス軍は大規模な攻撃を行ったが、イラク軍の組織的抵抗は無かったという[8]

バグダッドの戦い編集

 
バグダッドの大統領府に突入する米軍
 
倒されるフセイン像

3月20日からイラクを攻撃していた連合軍は4月3日、ついに首都バグダッドを包囲、攻撃を開始した。連合軍はイラクの大統領府や情報機関を占拠し[9]、開戦から21日後の4月9日バグダッドは陥落した[10]

大規模戦闘終結宣言編集

 
演説のため空母に乗艦するブッシュ

バグダッド陥落後、フセインらは既に逃亡し行方不明になっていたが、5月1日、ブッシュは空母エイブラハム・リンカーン上で大規模戦闘終結宣言を出した[11]

フセイン拘束・殺害編集

 
拘束されるフセイン
 
裁判を受けるフセイン

フセインはバグダッド陥落以降行方不明になっていたが、2003年12月14日、米軍に拘束された。フセインはティクリートの南東約15kmにあるダウル民家に潜伏していたという[12]

その後フセインはイラク高等法廷裁判を受け、2006年12月30日殺害された[13]

批判編集

2003年のイラク攻撃は、その戦争の性質上非常に批判が多い。例えばイラクのフセイン政権は確かに独裁的ではあったが、逆にそれによりイラク国内での民族・宗教間の対立やそれに伴う内戦の勃発が防がれていた。それにもかかわらず、アメリカなどが無理やりイラクを崩壊させたことによりイラクが無秩序化し、かえって中東情勢に緊迫化と戦争を招いたとする意見も多い。また、最初からアメリカを攻撃してもいないイラクを一方的に攻撃して崩壊させ、さらには占領して石油を奪い取った行為は完全なる侵略戦争であり、許されることではないという意見もある[14]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 9・11から20年 テロ根絶へ気を緩めるな 米国は対中シフトを強めよ”. 産経新聞 (2021年9月11日). 2022年2月7日閲覧。
  2. ^ 日本人が目を背けるイラク戦争の総括”. 小林よしのり (2013年3月26日). 2022年2月7日閲覧。
  3. ^ イラク戦争”. 世界史の窓. 2022年2月7日閲覧。
  4. ^ イラク派兵は世界の少数派”. しんぶん赤旗 (2003年10月9日). 2022年2月7日閲覧。
  5. ^ 米大統領、48時間以内の亡命要求 イラクに最後通告”. 朝日新聞 (2003年3月18日). 2022年2月7日閲覧。
  6. ^ フセイン大統領「偉大なる抗戦」を言明”. 朝日新聞 (2003年3月17日). 2022年2月7日閲覧。
  7. ^ 水陸両用作戦はもう古い? 新たな存在理由を模索する米海兵隊”. 朝日新聞グローブ (2019年10月17日). 2022年2月7日閲覧。
  8. ^ 米軍が首都完全包囲と報道/バスラ陥落も間近か”. 四国新聞 (2003年4月6日). 2022年2月7日閲覧。
  9. ^ バグダッド陥落近づく米軍 大統領主要宮殿を占拠”. 韓国放送公社 (2003年4月7日). 2022年2月7日閲覧。
  10. ^ バグダッド 陥落”. 韓国放送公社 (2003年4月9日). 2022年2月7日閲覧。
  11. ^ 最近の内外情勢 2003年3月”. 公安調査庁. 2022年2月7日閲覧。
  12. ^ フセイン元大統領拘束 米、大量破壊兵器を追及”. 朝日新聞 (2003年12月15日). 2022年2月7日閲覧。
  13. ^ フセイン処刑の意味”. 朝日新聞 (2007年1月9日). 2022年2月7日閲覧。
  14. ^ イラク戦争の検証なんかあっかんべー”. 小林よしのり (2016年7月8日). 2022年8月2日閲覧。