メインメニューを開く

2003年オーストラリアグランプリ(2003 Australian Grand Prix)は、2003年のF1世界選手権開幕戦として、2003年3月9日アルバート・パーク・サーキットで開催された。

オーストラリアの旗 2003年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Albert Lake Park Street Circuit in Melbourne, Australia.svg
日程 2003年シーズン第1戦
決勝開催日 2003年3月9日
開催地 アルバート・パーク・サーキット
オーストラリア メルボルン
コース長 5.303km
レース距離 58周(307.574km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'27.173
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'27.724(Lap 32)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

予選編集

2003年より導入された新予選方式によって、金曜日と土曜日の予選セッションで1台ずつのワンラップアタックが行われた。金曜日は2002年のドライバーズランキング順に走行し、土曜日は決勝スタート時の燃料を積んだ上で、金曜日のタイムが遅い順からの走行となる。

土曜セッションの結果、フェラーリの2台がフロントローを確保し、ザウバーハインツ=ハラルド・フレンツェンが4位に割り込んだ。マクラーレンの2台はアタックに失敗してデビッド・クルサードが11位、キミ・ライコネンが15位と出遅れた。

なお、フェラーリとマクラーレンは前年モデルの改良型(フェラーリ・F2002Bマクラーレン・MP4-17D)での出走となった。

結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'27.173
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1'27.418 +0.245
3 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 1'28.101 +0.928
4 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーペトロナス 1'28.274 +1.101
5 20   オリビエ・パニス トヨタ 1'28.288 +1.115
6 16   ジャック・ヴィルヌーヴ BARホンダ 1'28.420 +1.247
7 9   ニック・ハイドフェルド ザウバーペトロナス 1'28.464 +1.291
8 17   ジェンソン・バトン BARホンダ 1'28.682 +1.509
9 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 1'28.830 +1.657
10 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 1'28.928 +1.755
11 5   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'29.105 +1.932
12 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1'29.136 +1.963
13 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンフォード 1'29.344 +2.171
14 14   マーク・ウェバー ジャガーフォード 1'29.367 +2.194
15 6   キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 1'29.470 +2.297
16 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 1'29.538 +2.365
17 12   ラルフ・ファーマン ジョーダンフォード 1'31.242 +4.069
18 15   アントニオ・ピッツォニア ジャガーコスワース 1'31.723 +4.550
19 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディコスワース No Time
20 18   ジャスティン・ウィルソン ミナルディコスワース No Time  

決勝編集

レース前に激しい雨が降り、路面がハーフウェット状態でのスタートとなった。ライコネンはピットスタートを選択してドライタイヤに換装し、あわせて燃料給油も行った。チームメイトのクルサードも2周目に同じ作戦を採った。

レースはフェラーリのワンツー走行で始まったが、6周目に2位のバリチェロが単独クラッシュ。コース上のマシンを撤去するため、2度セーフティカーが出動した。コースが乾いてくるとミシュランタイヤユーザーが優位になり、早めに作戦変更したマクラーレン勢がポジションを挽回した。

上位はモントーヤ、ライコネン、シューマッハの争いとなる。ライコネンはシューマッハのアタックを封じ切ったが、ピットイン時の制限速度違反によりドライブスルーペナルティーを受けて後退した。シューマッハもライコネンとのバトル中にコースオフし、バージボードを損傷。補修のためピットインを命じられ、4位へ後退した。

モントーヤは優勝まで残り12周というところで、2コーナーで単独スピンを犯してしまい、2位へ後退。これでクルサードが初めてトップに立ち、開幕戦の優勝者となった。2位から4位までは一団となってチェッカーを受けた。

ミシュランタイヤの表彰台独占は1984年ポルトガルGP以来となる出来事。フェラーリが表彰台を逃したのは53戦ぶりとなった。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 5   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 58 1:34'42.124 11 10
2 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズBMW 58 +8.675 3 8
3 6   キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス 58 +9.192 15 6
4 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 58 +9.482 1 5
5 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 58 +38.801 12 4
6 10   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーペトロナス 58 +43.928 4 3
7 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 58 +45.074 10 2
8 4   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズBMW 58 +45.745 9 1
9 16   ジャック・ヴィルヌーヴ BARホンダ 58 +1'05.536 6  
10 17   ジェンソン・バトン BARホンダ 58 +1'05.974 8  
11 19   ヨス・フェルスタッペン ミナルディコスワース 57 +1 Lap 20  
Ret 11   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンフォード 52 ギアボックス 13  
Ret 15   アントニオ・ピッツォニア ジャガーコスワース 52 サスペンション 18  
Ret 20   オリビエ・パニス トヨタ 31 燃圧 5  
Ret 9   ニック・ハイドフェルド ザウバーペトロナス 20 サスペンション 7  
Ret 18   ジャスティン・ウィルソン ミナルディコスワース 16 ラジエーター 19  
Ret 14   マーク・ウェバー ジャガーコスワース 15 サスペンション 14  
Ret 21   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 7 スピン 16  
Ret 12   ラルフ・ファーマン ジョーダンフォード 6 クラッシュ 17  
Ret 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 5 クラッシュ 2  
FIA F1世界選手権
2003年シーズン
次戦
2003年マレーシアグランプリ
前回開催
2002年オーストラリアグランプリ
  オーストラリアグランプリ次回開催
2004年オーストラリアグランプリ